プレスリリース

2006年6月26日

日米でBD-ROMオーサリングサービスを開始




松下電器産業株式会社は、ブルーレイ規格に準拠した再生専用ディスク(BD-ROMディスク)の映画タイトルを制作するオーサリングサービスを米国で7月1日、日本で8月1日から開始します。

2006年は、当社を含む複数のメーカーからブルーレイ規格に対応した機器の商品化が計画されており、その機器で再生するBD-ROMディスクの映画タイトルが、多くの映画会社から商品化されることが期待されています。

当社は、1996年からDVD用の映画タイトル・オーサリングサービス事業をしており、デジタルコンテンツのオーサリングについて業界でも有数のノウハウを蓄積しています。米国カリフォルニア州ユニバーサルシティ・ハリウッド地区のPHL(パナソニックハリウッド研究所)内に、このたびBD-ROMオーサリングの最新設備を導入し、米国の映画会社からのBD-ROM映画タイトル制作の注文に応える「BD-ROMオーサリングサービス」を開始します。日本でも、東京・六本木のパナソニックDVDオーサリングセンターに同様の設備を導入し、国内のコンテンツプロバイダのご要望に対応していきます。

この設備には、当社で技術開発した次の2つのシステムが含まれます。
1.BD専用の「MPEG4AVCエンコーダ」:HD品質の映画タイトルをデジタル放送などで利用している従来の「MPEG2」によるものと比べ、さらに美しい画質で、デジタル圧縮することが可能です。
2.Java対応オーサリングシステム:Javaのプログラム機能を活かした「ポップアップメニュー」などの多彩なインタラクティブ機能を、映画タイトルが動作している環境上で実現することにより、映画のメニュー操作などを容易にします。

当社は、このJava機能を使ったBD-ROMディスクを、より効果的かつ高度化するために、当社の技術者と各映画スタジオが密接な連携をとることにより、映画スタジオからの様々な提案を採用しています。今後も、コンテンツ業界の意見を取り入れ、より使いやすいBD-ROMディスクに進化させます。

今後、当社は、主要映画スタジオや各業界のコンテンツプロバイダ向けに、このオーサリングサービスを提供する計画で、高画質、多機能のBD-ROMタイトルの商品化を加速します。これにより、ブルーレイ規格の商品発売とあわせて、いよいよHD画質の映画をご家庭のプラズマテレビでお楽しみいただける環境が整います。

【お問い合わせ先】

松下電器産業株式会社 パナソニックAVCネットワークス社
コーポレートコミュニケーショングループ 06-6905-4006