プレスリリース

2006年4月27日

松下電器産業株式会社

デジタルカメラ、フォトプリンター、液晶プロジェクターの3部門で
TIPAフォト&イメージング・アワード2006を受賞




 パナソニックのデジタルカメラ、フォトプリンター、液晶プロジェクターが、欧州Technical Image Press Association(TIPA)の各部門賞をこのほど受賞しました。
  デジタルカメラ、プリンター、プロジェクターの主要3部門での受賞は、パナソニックが様々な家電製品において、これまで培ってきた技術を生かしながら、デジタルイメージ機器のネットワーク・ソリューションをトータルに提案できることによる成果といえます。
  TIPAは、欧州12カ国を代表する写真・映像専門誌の編集者で構成される独立した団体で、過去1年間に欧州で発売された商品の中から、品質、性能、価値の評価で最も優れたものを選び、部門ごとに、この権威あるTIPA賞が贈られます。
  今回受賞した当社の商品と受賞理由は以下の通りです。

1. ベスト・スーパーズーム・デジタルカメラ賞:デジタルカメラ LUMIX「DMC-TZ1」


・商品概要
DMC-TZ1は、MEGA O.I.S.(光学式手ブレ補正)とフル解像度で最高ISO800の高感度機能による2重の補正機能や、光学10倍ズームを非常にコンパクトなボディに搭載。このような小型サイズでは実現し得なかった、かつてないスーパーズーム・デジタルカメラとなっている。
・受賞理由
パナソニックのルミックス DMC-TZ1は、光学10倍ズームを搭載したデジタルスチルカメラとしては世界最小で、世界初の屈曲光学技術による格納式レンズ構造により、これを実現した。TZ1は、内蔵メモリーの13.4MBあるいは、SDメモリーカードの容量まで連続撮影が可能だ。また、TZ1には世界中で認められた光学式手ブレ補正機能も組み込んでいる。このO.I.S機能を使うと、ブレ写真の原因のほとんどである手ブレを最小限に抑えることができる。TZ1搭載の新ヴィーナスエンジンIIIによって、高画質を実現するとともに、ISO感度を高くした撮影においても大幅にノイズを減らすことに成功した。

2. ベスト・スモールフォーマット・フォトプリンター賞:フォトプリンター「KX-PX1/PX10」


・商品概要
KX-PX1/PX10は、非常に使いやすいホームプリンターである。両製品ともルミックスには最適で、ルミックスからの付加情報を使うことで、さらに美しい写真プリントが実現できる。KX-PX1/PX10は、世界最小・最軽量*1というコンパクトさにもかかわらず「16:9」のワイドプリント*2にも対応可能だ。
*1:2006年2月14日時点
*2:ワイドプリントには、別売りの(KX-PVPW1X)カセットおよびワイドサイズ用紙(KX-PVMS20WX)が必要。

・受賞理由
スモールフォーマットプリンターは、デジタルカメラの理想的な姉妹品として急速に認知され始めた。持ち運びやすく、ユーザーは、いつでもどこでも写真をプリントできる。パナソニックは、デジタル画像とHDTVを融合させた最初の「16:9フォーマット」の小型フォトプリンターを発売した。パナソニックのKX-PX1/PX10シリーズは、最高級の銀塩フィルムで撮影したプリントに匹敵するほどの高品質を実現しており、そのデザインはスタイリッシュでコンパクトなものになっている。さらに、このプリンターによるオーバーコーティング処理により、その画質を100年間維持することができるようになった。

3. ベスト・デジタル・フォト・プロジェクター賞:SD液晶プロジェクター「PT-P1SD」


・商品概要
PT-P1SDは、世界最小・最軽量* の液晶プロジェクターで、SDメモリーカードスロットを使って、直接画像を投影する機能を搭載。操作性や他のデジタル機器との互換性に優れ、すばやく手軽に映写することができる。 * 2006年2月14日時点
・受賞理由
パナソニックのPT-P1SDプロジェクターは、20世紀に流行ったスライドショーの夕べを復活させる可能性がある。同製品には、3段階の再生間隔とフェード、ワイプ、スプリットなど7種類の本格的な映像効果を楽しめる機能が搭載されている。SDカードに保存された画像は、撮影してすぐに見ることができるだけでなく、縦方向に自動回転する機能もある。コンパクトなサイズ、たった1.3kgという軽量さで、PT-P1SDは書類かばんに入れて簡単に持ち運ぶことが可能。必要に応じて、パナソニック製のイメージクリエータを使ってパワーポイントのスライドショーをJPEGに変換し、SDカードに書き込める。SDカードの暗号化やパスワードの入力など盗難防止対策もしっかりとされている。

以上