プレスリリース

2006年4月11日

主要3キャリアに対応し制作ツールを大幅に集約

MediaArtist®シリーズ 携帯電話向けコンテンツ制作用
「モバイルコンテンツオーサリングツール2」をライセンス開始

サビ抽出により試聴コンテンツ制作を支援


品名 モバイルコンテンツオーサリングツール2
愛称 MediaArtist®(メディアアーティスト)
品番 PS-MP4CAW
ライセンス開始日 2006年5月31日 (*1)
価格(税別) 標準パッケージ(GUI ソフト3本+コマンドラインソフト1本) 300万円 (*2)

 松下電器産業(株)は、主要3キャリアに対応した、AVソフトコーデック商品MediaArtist®シリーズの携帯電話向けコンテンツ制作ツール最新版「モバイルコンテンツオーサリングツール2」を2006年5月31日よりライセンス開始します。

 「モバイルコンテンツオーサリングツール2」は、好評をいただいている簡単操作によるコンテンツ一括変換処理と、従来の2キャリア(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ、ボーダフォン株式会社)向けコンテンツに加え、KDDI株式会社のEZコンテンツ(着うたフル®を除く)の制作に対応し、現状複数のツールを使い分けている煩雑な作業環境、制作手順をツール集約化により大幅に簡素化できます。また、独自の音響検索技術により、楽曲の特徴部分(サビ)を自動抽出(*3)することができますので、試聴向けコンテンツ制作を支援することができます。さらに、音質調整用のパラメータ設定により、音質をコントロールできコンテンツの本来の持ち味を引き出し、コンテンツを差別化する可能性を高めています。

 当社は本製品を、楽曲、動画といったリッチコンテンツ制作用のオーサリングツールとして、コンテンツプロバイダや制作プロダクション、音楽レーベル、携帯電話キャリア向けに幅広くライセンス展開をしていくとともに、今後も積極的に機能強化を図っていきます。

【特長】

  1. 3キャリア対応に最大4種類必要とした制作ツールの一本化を実現(*3)
  2. 当社独自のミュージック・ザッピング機能により楽曲のサビを自動抽出(*4)
  3. パラメータ設定によりコンテンツの持ち味を引出す音質チューニングが可能

(*1)一部機能は2006年6月対応予定。 (*2)基本パックに各ソフトを追加することも可能です。詳細は別途お問い合わせください。
(*3)EZ「着うたフル®」コンテンツ制作には未対応です。 (*4)楽曲のジャンルによっては適切な抽出がされないこともあります。

【お問合せ先】

松下電器産業株式会社 パナソニックソフトモジュールカンパニー 渡辺、新田
電話 06-6900-9701 FAX 06-6900-9654 e-mail psc@ml.jp.panasonic.com
URL http://panasonic.co.jp/psc

【開発の背景】

 携帯電話用コンテンツ配信サービスは、着うた®、着うたフル®などの楽曲コンテンツに代表されるリッチコンテンツにより大きく市場規模が拡大している中、ワンセグや今後予定されているMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)など取り巻く環境は大きく変わりつつあります。このように多様化するサービスに対応するため、特に楽曲コンテンツサービスでは、増大するコンテンツ制作費用を圧縮する必要があります。また、激しさを増す競争を勝ち抜くため、より一層魅力あるコンテンツの提供が求められています。
 そこで当社は、コンテンツの制作効率の更なる向上とコンテンツの差別化を実現するため、従来の「モバイルコンテンツオーサリングツール」を改良し、主要3キャリア対応による制作効率の向上と、試聴コンテンツ制作の支援と、本来の持ち味を引き出す音質チューニングを可能とした「モバイルコンテンツオーサリングツール2」を開発しました。

【特長】

  1. 3キャリア対応に最大4種類必要とした制作ツールの一本化を実現(*3)

     各キャリアからの様々なコンテンツ配信サービスの登場によって、これまではコンテンツ制作のための対応ツールをキャリア毎、サービス毎に使い分けるという煩雑な作業を避けることができませんでした。今回の「モバイルコンテンツオーサリングツール2」では、出力ファイルフォーマット形式として、従来の3GPP/3GPP2規格、NTT DoCoMo MobileMP4、及びVodafone File Format準拠に加え、EZムービーファイル(.3g2、.amcファイル)にも準拠し、また、オーディオフォーマットとして、従来のMPEG-4 AAC、MPEG-4 High-Efficiency AAC準拠に加え、QCELP、MP3(*5)にも準拠しましたので、主要3キャリアの各々のコンテンツサービスに対応した制作ツールとなっています。これにより、作業性を改善し、制作手順を統一化できますので、制作効率の向上と制作コスト削減に寄与することができます。

  2. 当社独自のミュージック・ザッピング機能により楽曲のサビを自動抽出(*4)

     楽曲の特徴部分(サビ)を抽出するには、従来、楽曲に熟知した人が手間をかけて行う作業が必要でした。当社では、独自に楽曲のサビを自動抽出する技術を既に開発し、現在、音楽録音・再生ソフト「SD-Jukebox」(*6) にもミュージック・ザッピング機能として搭載され好評をいただいています。今回、本技術を「モバイルオーサリングツール2」に採用しましたので、エンコードと同時に、曲のサビ部分を自動抽出(*3)することができます。抽出したサビ部分を切り出してエンコードすることもできますので、試聴コンテンツ制作を支援することができます。

  3. パラメータ設定によりコンテンツの持ち味を引出す音質チューニングが可能

     携帯向けコンテンツ制作においては、制作したコンテンツの音質をCD等のオリジナルコンテンツに少しでも近づけたいという要望があります。「モバイルコンテンツオーサリングツール2」では、音質調整用パラメータを設けました。これにより、コンテンツの持ち味を引き出す調整ができるようになりますので、コンテンツを差別化する可能性を高めました。

  4. SD-Audio用エンコードにも対応し幅広いコンテンツ制作が可能

     出力フォーマット形式として「SD-Audio」規格に対応するため、MPEG-2 AACのエンコード機能を追加しました。これにより、PC配信などで使用されている「SD-Audio」規格コンテンツ制作も、携帯向けコンテンツ制作と同様、バッチ一括変換処理ができるようになりますので、幅広いコンテンツの効率的な制作が可能です。

(*5)Vodafone File Format時のみ適用。予めボーダフォン株式会社提供ソフトウェアのインストールが必要です。
(*6)音楽CDの曲をパソコンに録音して管理したり、録音した曲をSDメモリーカードに書き込んで、SD-Audio対応のプレーヤーや携帯電話などで楽しむことのできるソフトウェアです

【主な仕様一覧】

■動作条件
対応ハードウェア PC/AT互換機
CPU・・・Intel® Pentium® 4
メモリ・・・256MB以上
対応OS Microsoft® Windows® 2000 Professional 日本語版
Microsoft® Windows® XP Professional 日本語版
必要ポート 1つの空きUSBポートが必要です (プロテクトキー使用のため)
その他環境 Microsoft® DirectX9がインストールされていることが必要です
■モバイルオーサリングツール仕様
◆入力
(1)AVIファイル
項目 設定値
ビデオ 形式 24ビットRGB
サイズ Sub-QCIF(128×96)、QCIF(176×144)、QVGA(320×240)、720×480
※720×480の場合は、DVコーデックのAVIファイルをご使用下さい
フレームレート 15、29.97、30 fps
オーディオ 形式 非圧縮16ビットPCM
サンプリング周波数 8、11.025、12、16、22.05、24、32、44.1、48KHz
チャンネル数 1(モノラル)、2(ステレオ)
(2)WAV、AIF、AIFFファイル
項目 設定値
オーディオ 形式 非圧縮16ビットPCM
サンプリング周波数 8、11.025、12、16、22.05、24、32、44.1、48KHz
チャンネル数 1(モノラル)、2(ステレオ)
◆出力
項目 設定値
出力フォーマット形式 3GPP【1】/3GPP2【2】規格準拠、NTT DoCoMo Mobile MP4【3】準拠、3GPP2/EZムービー準拠(.3g2/amcファイル)、Vodafone File Format準拠、SD Audio用ADTS付MPEG-2 AAC
※テキストトラックは含みません
ビデオ フォーマット ISO MPEG-4 Visual Simple Profile Level 0〜L3
ITU-T H.263【4】 Profile0 Level10
サイズ Sub-QCIF(128×96)、QCIF(176×144)、QVGA(320×240)、240×180※1、96×80※2
※1:3g2ファイルのみ
※2:3g2、amcファイルのみ
ビットレート 16Kbps〜384Kbps
フレームレート 最大15 fps
オーディオ フォーマット ISO MPEG-4 AAC【5】 Low Complexity
ISO MPEG-4 High-Efficiency AAC (aac Plus v1) 【6】
ISO MPEG-2 AAC Low Complexity
MPEG-1 Audio Layer-3
amcファイル用:Qualcomm QCELP
※Vodafone File Format時のみ適用。予めボーダフォン株式会社提供ソフトウェアのインストールが必要です
ビットレート AAC:8(モノラル)、16、20、24、28、32、40、48、56、64、80、96、112、128Kbps
HE-AAC:12(モノラル)、16、24、32、48、64、96(ステレオ)、128(ステレオ)Kbps
MPEG-2 AAC:64、96、128Kbps
QCELP:6.8〜14Kbps
MP3:16(モノラル)、32、40、48、56、64、80、96、112(ステレオ)、128(ステレオ)Kbps
※Vodafone File Format時のみ適用。予めボーダフォン株式会社提供ソフトウェアのインストールが必要です
サンプリング
周波数
AAC:8(モノラル)、11.025、12、16、22.05、24、32、44.1、48KHz
HE-AAC:32、44.1、48KHz
MPEG-2 AAC:44.1、48KHz
QCELP:8KHz固定
MP3:32、44.1、48KHz
※Vodafone File Format時のみ適用。予めボーダフォン株式会社提供ソフトウェアのインストールが必要です
チャンネル数 1(モノラル)、2(ステレオ)
◆パラメータ設定可能項目
項目 設定値
出力フォーマット形式 フォーマット (3GPP/3GPP2規格準拠、NTT DoCoMo Mobile MP4準拠、3GPP2/EZムービー準拠、及びVodafone File Format準拠、ADTS付MPEG-2 AAC準拠)
トラックタイプ (オーディオのみ または ビデオ+オーディオ)
ビデオ フォーマット
ビットレート
フレームレート
キーフレーム
フレーム制御
デインターレース処理
オーディオ フォーマット
ビットレート
サンプリング周波数
チャンネル数
その他 コンテンツの情報 (タイトル文字、著作権文字、作成者文字、説明文字、 再配布設定等)、音量、フェードイン/フェードアウト設定、素材切り出し設定、上限ファイルサイズ、サビ抽出、音質調整、有効期限、有効期間、有効回数

【用語の説明】

【1】3GPP
 第3世代移動体通信システムの標準化団体(3rd Generation Partnership Project)が定めた規格で、GSMネットワークを利用するモバイル機器に向けたマルチメディアの配信方法。
【2】3GPP2
 第3世代移動体通信システムの標準化団体(3rd Generation Partnership Project2)が定めた規格で、cdma200ネットワークを利用するモバイル機器に向けたマルチメディアの配信方法。
【3】MP4
 ISOで規定されたMPEG-4の多重化ファイルフォーマット。
【4】H.263
 ITUが勧告した、映像の圧縮符号化の標準方式。
【5】MPEG-4 AAC
 AACは「Advanced Audio Codec」の略称。ISOで規定されたMPEG-2やMPEG-4で使用される音声圧縮方式。
【6】MPEG-4 High-Efficiency AAC (aac Plus)
 MPEGで規格化されたAACの拡張規格で、48Kpbs程度の低ビットレートでFM音質以上を実現する広帯域再生が可能。
  • MediaArtist®は当社のAVソフトコーデックシリーズの総称です。MediaArtist®は当社の登録商標です。
  • EZムービーはKDDI株式会社の登録商標です。
  • 着うた®、着うたフル®は株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの商標または登録商標です。
  • Microsoft®、Windows®は、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Intel®、Pentium®は、インテルコーポレーションまたはその子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • その他の製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 製品の仕様は予告なく変更することがあります。

以上