2020年11月17日

1.9 GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステム(WX-SR200Aシリーズ)に簡単にリニューアル

WX-SR200Aシリーズ 同軸変換ユニット WX-SA002を発売

配線コストや作業時間を軽減

同軸変換ユニット WX-SA002

品名 同軸変換ユニット
品番 WX-SA002
希望小売価格 60,000円(税抜)
発売時期 2021年1月

パナソニック株式会社は、サウンドシステム関連製品として、1.9 GHzデジタルワイヤレスマイクシステム WX-SR200Aシリーズの(新製品)同軸変換ユニット WX-SA002を2021年1月に発売します。本機は、1.9 GHz帯デジタルワイヤレス受信機(WX-SR200Aシリーズ)との接続に使用するLANケーブル(CAT5/CAT5e/CAT6ストレートケーブル)を同軸ケーブルに変換するユニットです。既設の800 MHz帯ワイヤレスマイクシステムなどで使用している同軸ケーブルを活用して、1.9 GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステムへ置き換えを行うことができます。既設の同軸ケーブルをそのまま使用できることで、配線経路が長い、あるいは複雑で新規の配線が困難な場合などに、配線コストや配線作業時間を軽減することができます。同軸ケーブルのインピーダンスは、50 Ω、75 Ωどちらにも対応しており、また受信機からアンテナへ供給される電源で動作するため別電源は不要で、リニューアルを容易にします。

パナソニックは、「A Better Life, A Better World」の実現を目指し、業務用音響機器のラインアップの強化を通して、ますます多様化するお客様のニーズに新たな価値を提供してまいります。

<主な特長>

1. 既設の同軸ケーブルを利用して1.9 GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステムが使用可能

2. 同軸ケーブルにて最大100 mまで使用可能

3. 受信機側用、アンテナ側用をセットで提供

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

WR-SA002ウェブサイト
https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services/micro-wireless-wx-sr200/lineup/wx-sa002

【開発の背景】

学校の体育館や講堂など、広い場所で使用されるワイヤレスマイクシステムでは、受信機からアンテナまでの同軸ケーブルの配線長が長く経路が複雑で、リニューアル時にも再配線できない場合が多く、1.9 GHzデジタルワイヤレスシステムの導入が困難でした。これを解決するため、すでに敷設されている同軸ケーブルを活用してリニューアルを可能とする本製品を開発しました。

【主な特長】

1. 既設の同軸ケーブルを利用して1.9 GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステムが使用可能

既設の800 MHz帯ワイヤレスマイクシステムなどで使用している同軸ケーブルをそのまま使用することにより、スムーズに1.9 GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステム(WX-SR200Aシリーズ)にリニューアル可能です。

2. 同軸ケーブルにて、最大100 mまで使用可能

ワイヤレスアンテナと受信機間を、最大100 mまで同軸ケーブルで配線可能です。(下図ご参照)

3. 受信機側用、アンテナ側用をセットで提供

本製品は、受信機側同軸変換ユニットと、アンテナ側同軸変換ユニットのセットで構成されています。

■システム構成例

システム構成例イメージ(既設の同軸ケーブルとアンテナ/受信機の間に本機を設置することで、1.9 GHz帯デジタルワイヤレスにリニューアルが可能、同軸変換ユニット アンテナ側、同軸変換ユニット 受信機側)

本商品は11月18日から開催されるInter BEE 2020 ONLINEにて出展いたします。
詳しくはInter BEE 2020 ONLINEサイト(https://www.inter-bee.com/ja/)まで。

Inter BEE 2020 ONLINE パナソニック プロオーディオ機器出展サイト
https://www.inter-bee.com/ja/online/exhibition/detail/?id=26

以上