2018年9月13日

騒音がある現場でもクリアな音声コミュニケーションができる

業務用骨伝導ヘッドセットパックを発売

業務用骨伝導ヘッドセットパック

品名 骨伝導ヘッドセットパック 骨伝導マイク(オプション)
内容 骨伝導ヘッドセット(指向性マイクを含む)
接続機器別ケーブルなど
ネックリング(3サイズ)
ヘルメット用あご紐クリップなど
品番 XC-CSH00G-11 XC-CSH00G-12 XC-CSH30G
(接続機器) トランシーバー パソコン、タブレット -
発売日 9月18日 9月18日
本体希望小売価格(税抜) オープン オープン

パナソニック株式会社(代表者:津賀一宏)は、鼓膜や気導の経路を使わずに、耳近傍の側頭部と首を通じて「聞く・話す」を可能にした骨伝導方式の業務用ヘッドセットを本年9月から発売します。

本製品は、当社がコンシューマ向けオーディオ機器で培ってきた高音質の骨伝導技術により、耳を塞ぐことなく、より安全性を確保しながら、騒音が発生する現場において、作業中でもクリアな音声コミュニケーションを実現するものです。骨伝導ヘッドセットとノイズキャンセル指向性マイクのセットを標準仕様として、より大騒音環境では声帯振動をセンシングすることで騒音をカットする「骨伝導マイク」もオプションにより、マイクを交換可能としています。

また、本製品は、長時間の作業でも負担の少ない軽量設計(約53グラム)、防水(IPX5相当)設計により、快適な装着性と利便性を確保しています。さらに、頭部のサイズ毎に調整を可能にする回転式イヤーフックの採用により、ヘルメットの上からでも装着できるようにしています。加えて、「聞く・話す」に骨伝導方式を採用することで、耳栓やマスクなど保護具を着用していても、クリアな通話が可能になっています。

当社は、さまざまな現場での使用を想定して、機能とデザインに徹底的にこだわった本製品を、物流や製造、インフラ整備、交通、流通、リテール、警備等の騒音現場で、骨伝導方式による明瞭なコミュニケーションを実現するヘッドセットとして提案していきます。

<主な特長>

  1. 現場での作業中に耳を塞がずにより安全なコミュニケーションが可能
  2. 指向性マイクや骨伝導マイクにより騒音環境でもクリアな音声通話を実現
  3. 軽量(約53グラム)、防水設計により、快適な装着性と利便性を確保

【お問合せ先】

パナソニック 骨伝導ヘッドセット お客様ご相談窓口
フリーダイヤル: 0120-874-873(受付:平日9時~17時30分)

【開発の背景】

物流や製造、インフラ整備、交通、流通、リテール、警備等の騒音下の現場で、より安全・安心して作業を行うためには、クリアで快適な音声コミュニケーションが不可欠です。しかし、従来の業務用ヘッドセットは、主にオフィス内や屋外での比較的静かな場所での使用を想定して開発されているものがほとんどで、工場や工事現場、特殊な作業現場での使用における課題が多くありました。そこで、当社は、コンシューマ向けオーディオ開発で構築した鼓膜を使わず振動で音を脳に伝達する高音質骨伝導技術を応用して、軽量、高剛性、防水性に優れ、特徴的な本体形状によって、ヘルメットやゴーグルといった特殊な現場におけるさまざまな安全装備との同時装着が可能な業務用骨伝導ヘッドセットを開発しました。

【主な特長】

1. 現場での作業中に耳を塞がずにより安全なコミュニケーションが可能

本製品が採用している「骨伝導方式」とは、鼓膜や気導の経路を使わずに、顔や首の骨を直接媒体にして通話する方式のことです。

このため、「耐騒音性に優れる」、「防護具の有無を選ばない」、「顎関節付近への装着で耳が疲れにくい」、などさまざまなメリットがあります。耳を塞がないため、現場でより安全に使用できる骨伝導ヘッドホンと、音声アシストに適したノイズキャンセル指向性マイクを標準仕様として、大騒音環境では声帯振動をセンシングすることで騒音をカットする骨伝導マイクをオプションにより選択可能としています。これにより、騒音現場でのスムーズな音声コミュニケーションを可能としました。

2. 指向性マイクや骨伝導マイクにより騒音環境でもクリアな音声通話を実現

コンシューマ向けオーディオ分野で培った高帯域まで振動伝達する高音質の骨伝導ヘッドホンと、指向特性に優れたSN比※1の高い指向性マイクにより、クリアな音質を実現。現場の作業中でも耳を塞がず通話ができ安全・安心なコミュニケーションを実現します。さらに、声帯振動を拾うことでノイズに強い骨伝導マイクを選択可能としたことから、90dB以上の大騒音環境下での音声通話を実現します。なお、指向性マイクに加えて、骨伝導マイクをオプション選択できる業務用骨伝導ヘッドセットは業界初※2です。

  • ※1.Sはシグナル(signal)の略で正常な信号を表す。Nはノイズ(noise)の略で雑音を表す。正常なシグナルと雑音の比率を合わす数字をSN比という。
  • ※2:業務用骨伝導ヘッドセットにおいて。 (2018年9月現在 当社調べ)

3. 軽量(約53グラム)、防水設計により、快適な装着性と利便性を確保

業務用ではトップクラスの軽量化(約53グラム)と防水性(IPX5相当)を有し、快適な装着性と利便性を確保しました。

本製品は接続するモバイルPCや通信機器から電源供給を受け、バッテリーレス化したことにより、製品自体の充電や電池切れの心配がありません。これにより、軽量化と利便性を両立させました。

また、頭部のサイズ毎に調整を可能にする回転式イヤーフックの採用によりヘルメットの上からでも装着できるようにしています。加えて、耳栓やマスクなど保護具を着用していても骨伝導なのでクリアな通話が可能になっています。また、人汗で不衛生にならないよう、オプションでイヤーパッドカバーを用意するなど、衛生面にも配慮したものになっています。

【その他特長】多様な通信機器との接続ができ、さまざまな業界に展開が可能

独自のインターフェースをもつ各社トランシーバーや通信機器と接続できる変換ケーブルを選べるパッケージを用意しました。

接続機器 トランシーバー XC-CSH00G-11(ICOM 9ピン)
XC-CSH00G-15(ICOM 2ピン)
XC-CSH00G-16(八重洲1ピン)
XC-CSH00G-17(モトローラ 多ピン/※12月発売予定)
PHS※1 XC-CSH00G-13(丸型端子)
XC-CSH00G-14(平型端子)
パソコン・タブレット XC-CSH00G-12
  • ※1外部電源が必要です。

以上