2018年3月7日

「パナソニックミュージアム」開所式を挙行

パナソニック株式会社は、1918年3月7日の松下電気器具製作所創業から100周年を迎えた本日、「パナソニックミュージアム」をオープンし、同ミュージアム内の「松下幸之助歴史館」で開所式を挙行しました。

開所式には、門真市、守口市の両市長のほか、当社ゆかりの方々、当社幹部を中心に40名が出席しました。

「パナソニックミュージアム」は、「松下幸之助歴史館」、「ものづくりイズム館」、「さくら広場」(2006年4月開園)で構成されます。「さくら広場」に隣接する「松下幸之助 門真旧宅」などの施設についても、今後、限定公開する予定です。

「松下幸之助歴史館」は、第3次本店(1933年竣工)の外観や建設場所を忠実に再現したもので、このたび新たに建設しました。創業者松下幸之助94年の生涯を「道」にたとえた展示を通じて、その事業観や経営理念を紹介・解説します。

「ものづくりイズム館」は、旧・松下幸之助歴史館をリニューアルし、当社のこれまでの家電製品から選りすぐったおよそ150点をジャンル別に展示します。また、広告宣伝の変遷の紹介や、約400点の歴史的商品を保管する収蔵庫も公開します。

なお、創業100周年を記念するモニュメントとして、次の100年に向かうパナソニックの発展を象徴的に表現した現代アート3作品を各所に配置しました。

「パナソニックミュージアム」は3月9日(金)より一般公開を開始し、今後、常設展示の充実強化を図るとともに、次代を担う子どもたちを対象とした校外学習プログラムの実施や、一般のお客様を対象としたワークショップの開催なども展開していきます。

【全体概要】

  • ・住所:大阪府門真市大字門真1006番地
  • ・土地面積:25,329.7m²(内「さくら広場」16,198m²)
  • ・延床面積:「松下幸之助歴史館」1906.19m²、「ものづくりイズム館」1,418.58m²
  • ・設計・施工:株式会社 竹中工務店
    WEBサイト:https://www.panasonic.com/jp/corporate/history/panasonic-museum/

【創業100周年記念モニュメント】

  • ・宮島達男先生作 「Time Waterfall -Panel #2」(ものづくりイズム館・中庭)
  • ・植松奎二先生作 「浮くかたち-垂 Floating form - vertical 2018」」
    (ものづくりイズム館・エントランス前)
  • ・西野康造先生作 「気流 風になるとき 2018」(さくら広場)

以上