2018年3月1日

西川産業とパナソニックが睡眠関連サービスの共同開発を開始

西川産業株式会社(以下、西川産業)とパナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、快適な睡眠環境サポートを目的とした睡眠関連サービスの共同開発を開始します。

現代人の多くが睡眠への悩みを抱えている中、健康を維持するための三大要素「栄養」・「運動」・「休養(睡眠)」の調和を図ることが重要であり、良い睡眠がもたらす価値として、日中のパフォーマンス向上や健康増進等が認められています。

こうした状況を受け、睡眠科学やライフサイエンスの視点から寝具の開発を行い、眠りの知見を有する西川産業と、寝室環境において重要な要素である温度、湿度、照明、音響等の機器ネットワーク制御技術を有するパナソニックとの両社で、睡眠環境をサポートするサービスの開発を開始します。日中の活動データ、くらしデータ、睡眠データ等から快眠アルゴリズムを開発し、一人ひとりの快適な眠りに寄り添う睡眠関連サービスを提供します。今後、睡眠関連サービス提供に向け、快眠アルゴリズムの開発実証実験を行います。
さらに、睡眠を軸にした美容や食、教育等の様々な領域でのサービスの開発を目指します。

以上