2018年2月28日

災害時ICTサービス『ゆいぽた(R)』および
インターホンIoTシステム導入「Brillia向ヶ丘遊園」が
平成29年度サステナブル建築物等先導事業
(次世代住宅型)プロジェクトに採択

「防災と平常時のコミュニティ醸成」と「宅配等再配達の削減」に貢献

株式会社テンフィートライト(本社:東京都中央区、代表取締役:相川太郎、以下、テンフィートライト)の提供する住戸インターホンとウェブを活用した「災害時ICTサービス『ゆいぽた®』」および「インターホンIoTシステム」(以下、併せて「本サービス」)を導入した、東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:野村 均)の分譲マンション「ブリリア向ヶ丘遊園」(川崎市多摩区、総戸数82戸、2018年11月竣工予定)は、国土交通省平成29年度サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)に採択されましたことをお知らせいたします。
なお、本サービスは、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏)製のマンション用インターホンWindea(ウィンディア)およびWindea-Rと連動したサービスとなります。

災害時ICTサービス『ゆいぽた®』では、災害時に本来の『ゆいぽた®』機能に加え、住戸のインターホンを活用して、家族内で安否情報の確認・共有、外出先家族からのメッセージ受信が可能です。
また、インターホンIoTシステムでは、スマートフォンにダウンロードした専用アプリで、インターホンの呼び出しへの応答を実現。エントランスドアの遠隔解錠の機能を使い、マンション内のトランクルームへの配達が可能になります。(トランクルームの使用は事前登録した宅配業者等)

「ブリリア向ヶ丘遊園」では、本サービス導入により、以下の通り、「防災と平常時のコミュニティ維持・形成」、「物流効率化への貢献」をしています。これらの点が高く評価され、サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)に採択されました。

【災害時ICTサービス『ゆいぽた®』導入による災害時や平常時コミュニティの維持・形成】

テンフィートライトが開発した災害時ICTサービス『ゆいぽた®』は、災害時におけるマンション居住者の共助を支援するウェブサービスで、防災と合わせてコミュニティの形成を図っていくものです。
住戸インターホンと連動させることで住居内から高齢者や子供なども利用できるようになります。
具体的には、気象庁発令の緊急地震速報に連動し自動で、もしくは地域の災害発生に合わせて管理者権限で『ゆいぽた®』が災害モードに切り替わり、家族内での安否確認や居住者間での安否情報の共有、さらに居住者間での情報交換や管理者からのお知らせ等を行うことが可能となり、災害時に各居住者の必要な情報が、必要な時に入手できます。
また、平時においては防災マニュアルや備蓄品情報等の閲覧ができ、さらに備災プログラムの「家族の安否確認訓練」と、「マンションのバーチャル防災訓練」により、家族とマンション全体の防災意識を向上させることができます。(特許第4282001号 安否確認システム並びに安否確認サービスの提供方法を使用)

【インターホンIoTシステム活用による物流効率化促進】

本サービスは、専用アプリをスマートフォンにダウンロードし、登録することでマンションのエントランスからのインターホン呼び出しにスマートフォンで対応できるシステムです。
「ブリリア向ヶ丘遊園」では、マンション共用部に宅配ボックスを設置する他、トランクルームを各住戸玄関前にも設置しており、不在時でもスマートフォンで応対が可能なため、エントランスドアの遠隔解錠の機能により、専有部に設置したトランクルームへの配達が実現します。(トランクルームの使用は事前登録した宅配業者等)
また、お子さまが帰宅した際に外出中だった場合でも、遠隔でエントランスドアを解錠することにより、お子さまを館内エントランスラウンジに入れることができ、安全安心にも繋がります。

本サービスは、災害対策や物流効率化に対する課題解決の方法として、集合住宅設備における次世代を担うIoTサービスの中心となり、今後、社会への貢献、地域住民の生活力、防災力向上に繋がるものと考えております。

【国土交通省 平成29年度サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)の概要】

サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)とは、IoT技術等の活用による住宅の市場価値及び居住・生産環境の向上等に係る先導的な技術の普及啓発を図るものです。公募テーマに沿って、国土交通省がそのリーディングプロジェクトとなる事業を採択し、整備費等の一部を補助・支援する取り組みです。

<「ブリリア向ヶ丘遊園」における対象となったサービスと申請テーマ>

http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000754.html

(1) 対象サービス 災害時ICTサービス『ゆいぽた®』(インターホン連携サービス付き)
  申請テーマ コミュニティの維持・形成【安全・安心】
  テーマ内容 居住者の個人情報・プライバシーが確保されつつ、高齢者等が地域のサポートや 繋がりといった共助を得られる仕組みや、マンション居住者同士でのサポートや 繋がりといった共助が促される住宅・サービスの実践
  評価ポイント ウェブとインターホンを連携することで子どもや高齢者など誰もが使いやすい仕 組みを提供している点、防災とコミュニティを組み合わせている点などの創意工夫。
(2) 対象サービス インターホンIoTシステム
  申請テーマ 物流効率化への貢献【生産性の向上】
  テーマ内容 住宅のセキュリティや居住者のプライバシーを確保しつつ、不在再配達の削減を可能とする住宅・サービスの実践
  評価ポイント マンションの専有部に宅配ボックスを設置しつつ、IoT技術を活用して共用部のエントランスを遠隔解錠する提案の先導性。

【「ブリリア向ヶ丘遊園」全体物件概要】

所在地 神奈川県川崎市多摩区枡形六丁目4278番1他
交通 小田急小田原線「向ヶ丘遊園」駅徒歩5分
総戸数 82戸
構造・規模 鉄筋コンクリート造 地上5階建
敷地面積 2,993.97m²
間取り 2LDK+S ~ 4LDK
専有面積 64.29m²~81.64m²(トランクルーム0.37m²~0.45m²含む)
建物完成時期 2018年11月中旬(予定)
入居開始時期 2018年12月中旬(予定)
設計施工 大末建設株式会社
管理 株式会社東京建物アメニティサポート
問い合わせ先 「ブリリア向ヶ丘遊園」ゲストサロン TEL:0120-055-260
物件HP http://bm5.jp

<株式会社テンフィートライトについて>

株式会社テンフィートライトは、インターネットマンションが世に出始めたばかりの1990年代後半より、マンションに特化したインターネットサービスを日本全国で展開してきました。
インターネットマンション向けISPサービスの専門事業者としてつみあげた経験とノウハウをもとに、さらに便利で快適な「ネットのある生活」提案を目指し、サービス分野を拡大しています。
当社は、これからもマンション・住宅において居住者がより便利で快適な生活を送れるよう、インターネットを利用した先進的ソリューションサービスを開発、販売し続けてまいります。

会社名 株式会社テンフィートライト
所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋二丁目16番11号 日本橋セントラルスクエア7F
代表者 代表取締役 相川 太郎
事業所 東京、大阪、高松、福岡
資本金 6,000万円
提供実績 マンションISP提供戸数663棟49,918戸(2017年10月1日現在)
会社HP http://www.10fw.co.jp

<東京建物株式会社について>

会社名 東京建物株式会社
所在地 〒102-8285 東京都中央区八重洲一丁目9番9号 東京建物本社ビル
代表者 代表取締役 社長執行役員 野村 均
資本金 924億円(2017年12月末日現在)
事業内容 オフィスビル・商業施設等の開発、賃貸及び管理、マンション等の開発・分譲など
会社HP https://www.tatemono.com/

<パナソニック株式会社について>

会社名 パナソニック株式会社
所在地 〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006番地
代表者 代表取締役社長 津賀 一宏
資本金 2,587億円(2017年3月31日現在)
事業内容 部品から家庭用電子機器、電化製品、FA機器、情報通信機器、および住宅関連機器等 に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカー
会社HP https://www.panasonic.com/jp/home.html

【お問い合わせ先】

株式会社テンフィートライト
広報担当 城戸(きど) Mail:press@ml.10fw.co.jp TEL:03-6895-3048 FAX:03-6895-3049
東京建物株式会社
広報CSR部 森、山口 TEL:03-3274-1984 FAX:03-3274-0115
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
宣伝・広報部 広報課 福冨 TEL:06-6909-7187 FAX:06-6908-7127

以上