2018年1月30日

「ソーラーランタン10万台プロジェクト」での
寄贈台数が累計10万台に到達

100 Thousand Solar Lantern Project

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、本日、インドネシアにソーラーランタン5004台を寄贈しました。これにより、パナソニックが2013年より実施している世界の無電化地域に対しソーラーランタンを寄贈する「ソーラーランタン10万台プロジェクト」において、寄贈台数が目標の10万台を超え、102,716台に到達しました。5年間の活動での寄贈先は、合計30ヶ国・131団体・機関となりました。

本プロジェクトは、「事業を通じて社会の発展に貢献する」ことを基本に、当社の技術・製品を活用した企業市民活動(社会貢献活動)の一つです。新興国・途上国の無電化地域等で生活を送っている人々の数は約11億人といわれています。医療、教育、経済等の分野において、明かりが無いことに起因する社会課題を解決することを目的に、当社は2013年2月に本プロジェクトを立ち上げました。パナソニックの創業100周年にあたる2018年までに合計10万台のソーラーランタンを無電化地域に届けることを目標に活動してきました。

NPO/NGOや国際機関と協力して無電化地域の人々に届けられた明かりは、「教育」「保健・医療」「女性の自立支援」などの分野における社会の課題解決に寄与し、国際社会の共通目標として国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献してきました。

当社では、今後も引き続き無電化地域に暮らす人々に明かりを届ける活動を継続します。本プロジェクトでは、国内の当社社員が社内福祉制度を通じて寄付を行うことができましたが、これに加えて、社員以外の一般の方にも明かりを届ける活動に寄付をしていただけるよう、2018年4月より新たにクラウドファンディングでの運用をスタートします。WEBを通じてグローバルに誰でも参加でき、小額から手軽に寄付していただけます。この取り組みによりさらに活動の輪を広げてまいります。

当社は今後も、新興国・途上国の様々な社会課題の解決に向けた企業市民活動を通じて、「誰もが歓びを分かち合い、活き活きと暮らすことのできる共生社会の実現」(A Better Life A Better World)を目指していきます。

●累計寄贈実績台数(2013年2月~2018年1月30日)

国名台数 国名台数 国名台数
1 インド 26,646 11 シエラレオネ 1,288 21 ブルンジ 1,233
2 インドネシア 10,084 12 スワジランド 504 22 ベトナム 2,832
3 ウガンダ 100 13 タイ 394 23 マレーシア 69
4 エチオピア 2,400 14 タンザニア 816 24 南アフリカ 900
5 ガイアナ 120 15 ナイジェリア 900 25 ミャンマー 14,924
6 カメルーン 216 16 ニジェール 200 26 モーリタニア 342
7 カンボジア 13,516 17 ネパール 996 27 ラオス 144
8 ギニア 1,000 18 ハイチ 30 28 リベリア 1,600
9 ケニア 6,008 19 バングラデシュ 1,264 29 ルワンダ 342
10 コンゴ民主 1,404 20 フィリピン 12,264 30 レソト 180
合計 102,716

●本プロジェクト活動を通じてのSDGs目標に沿った主な成果

  • (1)「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」
    灯油ランプ使用率の37.7%削減(ミャンマー)
  • (2)「すべての人に健康と福祉を」
    ランタンの明かりのもとで誕生した子どもが2,434人(ミャンマー)
  • (3)「質の高い教育をみんなに」
    進級テスト合格率が100%を達成(ミャンマー)
  • (4)「ジェンダー平等を実現しよう」
    女性の夜間作業の機会などの増加による収入が約40%アップ(インド)
  • (5)「貧困をなくそう」
    毎月の灯油ランプ燃料費代を50%削減(カンボジア)

●持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものです。

●ソーラーランタン10万台プロジェクトについて

以上