2016年11月11日

業界最多(注1)、内蔵MCUにより本装置のみで最大24地点接続が可能

ビデオ会議システム「HD映像コミュニケーションシステム」
KX-VC2000Jを発売

マルチデバイス対応

ビデオ会議システム「HD映像コミュニケーションシステム」KX-VC2000J

品名 HD映像コミュニケーションシステム
品番 KX-VC2000J
価格 オープン価格
発売日 2016年12月2日

パナソニック システムネットワークス株式会社(代表者:片倉達夫)は、最大1080p/毎秒60フレームのフルHD機能標準対応で、最大24地点の多地点接続機能を搭載した、ビデオ会議システム「HD映像コミュニケーションシステム」の新モデルKX-VC2000Jを12月2日より発売します。

KX-VC2000Jは、内蔵MCU(マルチコネクションユニット)による16地点接続機能を標準搭載し、さらにオプション(注2)の追加で業界最多最大24地点までの多地点接続が可能です。フルHDでのコミュニケーションが可能なビデオ会議システムで、高額なMCUを別途必要とせず本装置内蔵MCUのみでの24地点接続は業界最多となります。

また、社内ネットワークと社外ネットワークのデュアル接続対応のため、社外接続に必要となる高額な機材への投資が不要です。さらにマルチデバイス対応(注3)として、Windows®、iOS、Android™搭載のパソコン、スマートフォン、タブレットなどの各種端末からの接続も可能としています。すでにお使いの他社製ビデオ会議システムとの接続・互換性の確保のために、H.261、H.263、H.239デュアルストリームに対応することで、既存の設備を活用しながらの増設も可能にしています。

当社は新機能を搭載した本製品により、時間や場所にとらわれないビデオ会議システムのさまざまな利用シーンを提案していきます。

<主な特長>

  1. 業界最多(注1)、内蔵MCUにより本装置のみで最大24地点接続が可能
  2. 社内/社外ネットワークのデュアル接続対応
  3. マルチデバイス対応(注3)(Windows®、iOS、Android™端末接続対応)
  • 注1. 2016年11月11日現在。フルHDでコミュニケーションが可能なビデオ会議システムで、別途サーバー等を必要とせず本装置内蔵MCUのみで24地点接続できるものとして。
  • 注2. 品名:VC2000J用4地点拡張キー、品番:KX-VCS305W、価格:オープン価格12月発売。VC2000J用4地点拡張キーを一つ使うことで20地点、2つ使うことで24地点接続可能。
  • 注3. 各種OS搭載端末との接続にはそれぞれ別途オプションでの機能拡張が必要。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

【開発の背景】

「HD映像コミュニケーションシステム」は、2009年の発売以来、インターネット環境の帯域変動に追従する高性能のAV-QoSを搭載した高画質・高音質のビデオ会議システムとして、高い評価を頂いています。このような中、お客様からは、導入コストを抑えながら多地点接続のシステム構築がしたいという要望や、社内のイントラネットに加えて外部からのインターネット接続に対する要望のほか、パソコンやタブレット端末への接続など多くの要望がありました。また、すでに使用しているビデオ会議システムを活用しながら接続台数を増やしたいといった要望も数多くありました。
これらの要望に対応して当社は、多地点接続のための内蔵MCUを標準搭載したほか、社内・社外ネットワークのデュアル接続対応に加え、Windows®、iOS、Android™搭載端末などマルチデバイス接続に対応した新製品を開発しました。また、すでにお使いのビデオ会議システムを活用したシステム構築もできるようにH.261、H.263、H.239デュアルストリームに対応し、他社互換接続機能を強化したものになっています。

【特長】

1. 業界最多(注1)、内蔵MCUにより本装置のみで最大24地点接続が可能

本製品は、多地点接続システムMCU(マルチコネクションユニット)を標準で内蔵しています。これにより、高額なMCUを別途用意することなく多地点接続によるコミュニケーションが可能です。
16地点接続機能を標準搭載し、さらにオプション(注2)の追加で業界最多(注1)の24地点まで本装置のみで可能。ビデオ会議システムで多地点接続のために従来必要だった高額な追加MCU無しで、パソコンやモバイル端末、さらには既存のビデオ会議システムとの接続が可能になります。

2. 社内/社外ネットワークのデュアル接続対応

2つのLANポートを搭載し、社内と社外のネットワークをデュアルに接続することが可能です。通常、外部接続には、高額な機材やシステムが必要になりますが、本製品は、当社が提供するHD映像コミュニケーションシステム接続専用サービス「つながるねっと」を利用することで、外部からの接続を実現します。これにより、社内とのネットワーク接続が困難な、出張先や社外取引先などとの接続にも有効です。

3. マルチデバイス対応(注3)(Windows®、iOS、Android™端末接続対応)

Windows®、iOS、Android™搭載のパソコン、スマートフォン、タブレット等の端末からの接続を可能にするソフトウエア「HDコムモバイル」に対応。これらHDコムモバイルを使うことで、時間や場所にとらわれない利用シーンを創出します。また、社内イントラはもちろん、社外からも「つながるねっと」サービスで接続が可能です。

4. 各端末の通信環境に最適画質を実現する異速度伝送対応

本製品とWindows®、iOS、Android™搭載端末などのマルチデバイス各種端末との接続においては、接続する端末の通信帯域や性能に合わせて最適画質で運用する「異速度伝送」に対応しています。接続端末に応じた設定を事前にすることで、最も通信速度が遅い端末の通信帯域に、接続している全ての端末が影響されることなく、各端末の通信環境に合わせてHD画質、SD画質混在での接続を実現します。

<新モデルのその他の特長>

  • ・フルHD1080p/毎秒60フレームのきれいでスムーズな画質
  • ・デュアルモニター・トリプルモニター表示
  • 注1. 2016年11月11日現在。フルHDでコミュニケーションが可能なビデオ会議システムで、別途サーバー等を必要とせず本装置内蔵MCUのみで24地点接続できるものとして。
  • 注2. 品名:VC2000J用4地点拡張キー、品番:KX-VCS305W、価格:オープン価格12月発売。VC2000J用4地点拡張キーを一つ使うことで20地点、2つ使うことで24地点接続可能。
  • 注3. 各種OS搭載端末との接続にはそれぞれ別途オプションでの機能拡張が必要。
  • ●Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ●iOSは、Apple Inc.のOS名称です。
  • ●iOSは、Cisco Systems, Inc. またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ●Androidは、Google Inc.の商標です。

以上