2016年09月15日

独自構造で高濃度炭酸を肌表面に届ける

炭酸イオンエフェクター EH-SG90 を発売

炭酸の刺激が心地よい、本格的なお手入れをご家庭で

炭酸イオンエフェクター「EH-SG90-P(ピンク調)」、「使用イメージ」

品名 炭酸イオンエフェクター
品番 EH-SG90
メーカー希望小売価格 オープン価格
発売日 12月1日
月産台数 1,000台

パナソニック株式会社は、炭酸のはじける刺激で、肌に心地よい感触を与える「炭酸イオンエフェクター」EH-SG90を12月1日に発売します。

昨今、炭酸ガスを用いた化粧品の市場が伸長※1しています。当社の調査では、日頃のお肌のケアに美容家電を積極的に使っていきたいと考える女性の約82.1%※2が炭酸美容を取り入れたいと答えています。

本製品は、微細な炭酸を生み出す独自構造で高濃度な炭酸ガスの噴射を可能にした美容家電です。ヘッドから噴き出す炭酸ガスが、肌にのせたシートマスクの水分と混ざり、フレッシュな炭酸を肌表面に届けます。炭酸が肌に心地良い刺激を与え、新感覚のお手入れをご家庭で行うことができます。また、シートマスクの保湿成分を肌の角質層まで浸透させる「イオン(保湿)モード」も搭載し、導入※3美容器としての使用も可能です。

当社は、トレンドに敏感な美容高感度層に向けて新たな「炭酸美容」を提案し、美容家電のさらなる普及拡大を狙います。

<特長>

  1. 微細な泡の高濃度炭酸を肌表面に届ける独自構造で、新触感のお手入れを実現
  2. イオンによる「電気浸透流」※4で肌の角質層までシートマスクの保湿成分を導入
  • ※1:出典:株式会社総合企画センター大阪「2014年 化粧品トレンドアイテムの市場分析調査」より
  • ※2:対象25歳~49歳女性 N=515 WEB調査 実施時期 2016年8月 パナソニック調べ
  • ※3:角質層まで
  • ※4:プラスからマイナス電極へ向かって発生する水の流れを利用し、保湿成分の角質層への浸透性を高める

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-697(受付9時から20時)

【特長】

1. 微細な泡の高濃度炭酸を肌表面に届ける独自構造で、新触感のお手入れを実現

炭酸ガスカートリッジを本体にセットしてモードを選択すると、ヘッドの表面に開いた細かな穴から高濃度炭酸ガスが噴射します。ドライシートマスク※5に水を含ませて顔にのせ、シートマスクの上からヘッドを滑らすことで、炭酸ガスがシートマスクに浸透して水に溶け込み、フレッシュで高濃度な炭酸が生成されます。炭酸が肌の表面でシュワシュワとはじけ、心地よい刺激を実感できます。

■高濃度な炭酸を肌表面で生成する独自構造

炭酸は揮発性が高いため、炭酸の触感を強く感じるには、多くの炭酸を継続的に発生させる必要があります。

(1)微細な炭酸を多く生み出す多孔質(たこうしつ)金属ヘッド
炭酸ガスは粒子が細かいほど水との接触面積が増え、多くの炭酸を生み出します。本製品は、ガスを噴射するヘッド表面に、金属の粉を焼いて結合させる「焼結(しょうけつ)」という工法で微細な隙間を作り出しました。その隙間から炭酸ガスを噴射します。
(2)新鮮な炭酸を供給し続けるガスカートリッジ式
本製品は、ガスカートリッジ式を採用しました。カートリッジから直接、炭酸ガスを噴射しているため、約2分間の1回のお手入れの間、継続して新鮮な炭酸を供給し続けます。
これにより、市販の炭酸水をシートマスクに浸した場合と比べて、約140倍の炭酸ガスを発生しています。この新鮮な炭酸を肌表面に届けることで、新触感を生み出します。

2. イオンによる「電気浸透流」※4で肌の角質層までシートマスクの保湿成分を導入

イオン(保湿)モードを選択すると、導入※3美容器として使用することができます。シートマスクの保湿成分を肌の表面から角質層まで浸透させることで、手で塗った場合と比べて約1.7倍※6浸透性が高まります。

【仕様一覧】

品名 炭酸イオンエフェクター
品番 EH-SG90
-P(ピンク調)
電源方式 交流式
消費電力 約15W
本体寸法 高さ27.5×幅11.7×奥行16cm
質量 本体:約850 gACアダプター:約170 g炭酸ガスカートリッジ:約300 g
電圧 AC100~240 V50-60 Hz
コードの長さ アダプターコード:約1.8 m / パターコード:0.7 m
付属品 炭酸ガスカートリッジ 1本 : 約10回分※7(1回約2分使用)
シートマスク(ドライタイプ)3枚

  • ※5:パナソニック専用のシートマスク(ドライタイプ)をおすすめしますが、市販のものも使用できます
  • ※6:イオン(保湿)モード(イオンレベル:強、温感:高)でモデル化粧品を塗布した場合の浸透量と、手で塗布した場合の浸透量の比較
  • ※7:使用方法や環境により変化します
  • ※8:コットン100%不織布(35g/m²)との比較

以上