2016年08月24日

約マイナス3℃で保存する「微凍結パーシャル」の冷却スピードがさらにアップ

パーシャル搭載冷蔵庫 NR-F672WPV 他11機種を発売

肉や魚はもちろん、常備菜まで約1週間長持ち※1※2

NR-F672WPV-X(オブシディアンミラー)、NR-F602XPV-X(オニキスミラー)、NR-F602XPV-T(マチュアブラウン)、NR-F602XPV-N(マチュアゴールド)

品名 パーシャル搭載冷蔵庫
品番 WPVタイプ XPVタイプ PVタイプ
NR-
F672
WPV
NR-
F602
WPV
NR-
F672
XPV
NR-
F602
XPV
NR‐
F552
XPV
NR-
F502
XPV
NR-
F472
XPV
NR-
F552
PV
NR-
F502
PV
NR-
F472
PV
NR-
E412
PV
定格内容積 665L 601L 665L 601L 551L 501L 470L 551L 501L 470L 406L
メーカー
希望小売価格
オープン価格
発売日 9月中旬 10月中旬 9月中旬 10月中旬 10月下旬
月産台数 2,000台 12,000台 14,000台

パナソニック株式会社は、約マイナス3℃で保存する「微凍結パーシャル」の冷却スピードがさらにアップし、肉や魚の鮮度を保つだけでなく、常備菜も約1週間長持ちする※1※2冷蔵庫NR-F672WPV他11機種を9月中旬より順次発売します。

「微凍結パーシャル」は酸化ブロック冷却による急冷効果で食品の酸化を抑制し※3※4、鮮度とおいしさを長持ち※1させることが出来ます。本製品は、冷却スピードがさらにアップした「酸化ブロック冷却W(ダブル)」を採用しました。当社独自の高性能真空断熱材「U‐Vacua(ユーバキュア)」を最適配置した高断熱キャビネットと、冷却効率を高めた高効率コンプレッサーを搭載し、冷却効果を高めました。パーシャル室内には天面にシャワー冷却、底面にアルミ冷却プレートを搭載し、上下ダブルの冷却・吸熱効果で食品を素早く冷やします。これにより、肉、魚など生鮮食材はもちろん、忙しい平日のために休日まとめて作る常備菜(作り置きのおかず)も約1週間おいしさ長持ち※1※2を実現します。

当社は本製品により、様々なライフスタイルに役立つ機能で、お客様の豊かな食生活をサポートします。

<特長>

  1. 冷却スピードがアップした「酸化ブロック冷却W(ダブル)」を採用。
    約マイナス3℃で保存する微凍結パーシャルで、肉や魚も、常備菜も約1週間長持ち※1※2
  2. 「モイスチャーコントロールフィルター」を野菜室上段ケースにも搭載。
    野菜コーナーまるごと※5湿度コントロールする「W(ダブル)シャキシャキ野菜室」(E412PVを除く)
  3. 野菜室には「ステンレスクリアケース」を採用し、お手入れ性も向上(WPVタイプのみ)
  • ※1 ●試験依頼先(株)テクノサイエンス●試験方法:周囲温度25℃、設定温度パーシャル「中」設定とチルド設定●保鮮の対象部分:パーシャル/チルド切替室(アルミプレートあり)●対象食品 イワシ一尾、包装状態 市販トレイ(ラップ)、保存日数7日間●試験結果:7日保存後のイワシのK値(初期値11.3%)チルド設定で33.7%、パーシャル設定で17.7%で、約16%抑制。●K値とは主に魚の鮮度を表す指標です。値が低いほど鮮度が良く、一般に20%以下ではお刺身などの生食が可能とされます。
  • ※2 ● 対象食品 カレー、ミートソース、肉じゃが、ひじきの煮物、きんぴらごぼう、包装状態 密封容器、保存日数7日間●試験結果:7日保存後の生菌数が107未満●試験番号 カレー:成績書No.16020018-001、カレー以外:成績書No.16020087-001●運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。●賞味・消費期限を延ばす効果はありません。
  • ※3 ●試験依頼先:(株)テクノサイエンス ●試験方法:周囲温度25℃、 設定温度 パーシャル「中」設定とチルド設定、対象食品 マグロ切り身、包装状態 ラップ包装、保存日数 3日間 ●保鮮の対象部分:パーシャル/チルド切替室 ●試験結果:3日保存後のマグロのPOV値(初期値6.5meq/kg)チルド設定で24.6meq/kg、 従来パーシャル設定で16.9meq/kg、「酸化ブロック冷却」搭載パーシャル設定で8.9meq/kg、有意差検定を行った結果、初期値と「酸化ブロック冷却」搭載パーシャル設定の値で有意差がありません(有意水準5%)。 ●POV値は、 過酸化物価といい、油脂中の過酸化脂質量を表す指標です。値が低いほど酸化が少なく、鮮度が良いことを示します。●運転状況や食品の種類・状態や量、 保存する前の食品の状態によって効果が異なります。
  • ※4 ●試験依頼先:(株)テクノサイエンス ●試験方法:周囲温度25℃、 設定温度 パーシャル「中」設定とチルド設定、対象食品 牛肉切り身、包装状態 ラップ包装、保存日数7日間 ●保鮮の対象部分:パーシャル/チルド切替室 ●試験結果:7日保存後の牛肉のPOV値(初期値26.4meq/kg)チルド設定で48.5meq/kg、 従来パーシャル設定で42.1meq/kg、「酸化ブロック冷却」搭載パーシャル設定で34.5meq/kg、有意差検定を行った結果、初期値と「酸化ブロック冷却」搭載パーシャル設定の値で有意差がありません(有意水準5%)。 ●POV値は、 過酸化物価といい、油脂中の過酸化脂質量を表す指標です。値が低いほど酸化が少なく、鮮度が良いことを示します。 ●運転状況や食品の種類・状態や量、 保存する前の食品の状態によって効果が異なります。
  • ※5 葉野菜コーナー・小物野菜ケースについて。ボトルコーナーは含みません。

【お問い合わせ先】

パナソニック冷蔵庫 ご相談窓口
フリーダイヤル 0120-878-693(受付9時~20時)

【特長】

1. 冷却スピードがアップした「酸化ブロック冷却W(ダブル)」を採用。
約マイナス3℃で保存する微凍結パーシャルで、肉や魚も、常備菜も約1週間鮮度長持ち※1※2

微凍結パーシャルは昨年より搭載の「酸化ブロック冷却」による急冷効果で、食品の酸化抑制※3※4ができます。本製品は、保鮮効果を高める為、「酸化ブロック冷却W(ダブル)」を採用し、冷却スピードをさらにアップさせました。急速に効率よく食品を冷やすには、冷却能力を高めること、低温環境を維持することが重要です。当社独自の高性能真空断熱材「U‐Vacua(ユーバキュア)」を最適配置することで冷蔵室の断熱性を高め、冷却効率を高めた高効率コンプレッサー採用により、高い冷却効果を実現しました。さらにパーシャル室内では天面に「シャワー冷却」、底面に「アルミ冷却プレート」を搭載し上下ダブルの冷却・吸熱効果で、食品をよりすばやく冷却します。これにより生鮮食材だけでなく、忙しい平日のために休日にまとめて作る常備菜(作り置きのおかず)も約1週間保存できます※2

2. 「モイスチャーコントロールフィルター」を野菜室上段ケースにも搭載。
野菜コーナーまるごと※5湿度コントロールする「W(ダブル)シャキシャキ野菜室」(E412PVを除く)

野菜は湿度が低すぎると乾燥し、高すぎても結露による水腐れで傷むため、野菜の鮮度を保つには適切な湿度管理が重要です。
W(ダブル)シャキシャキ野菜室」は、野菜室上段ケースの密閉度を高める「うるおいシャッター」と湿度をコントロールする「モイスチャーコントロールフィルター」を搭載し、これまで下段ケースのみ可能だった湿度コントロールエリアを上段ケースまで広げました。これにより、うるおいを保ちつつ、過剰な湿気を放出し、野菜の保存に適切な湿度を維持することで、野菜コーナー全体の葉野菜や実野菜などの乾燥と水腐れを防いで※6野菜の鮮度が長持ち※7します。

■「ナノイー」の効果により、野菜を新鮮に保存。※9(PVタイプを除く)

「ナノイー」は、野菜や果物の栄養素をアップ※10させ、野菜の老化を促進するエチレンガスを分解※11します。また、低温に弱い野菜の低温障害の抑制効果もあり、新鮮に保存できます。
*低温障害・・・ 冷気によって変色や味の低下、ビタミンCなどの栄養素の減少などが起こること

3. 野菜室には「ステンレスクリアケース」を採用し、お手入れ性も向上(WPVタイプのみ)

WPVタイプの「W(ダブル)シャキシャキ野菜室」には「ステンレスクリア ケース」を採用しました。ケースの底部には新たに「ステンレス プレート」を搭載し、野菜に付着した泥などで汚れやすい野菜室 本体ケースも、「ステンレスプレート」を取り外して水洗いできるので、手軽にお手入れできます。

4. NR-E412PVに「微凍結パーシャル」を搭載

NR-E412PV(幅600mmのスリムタイプ)に「微凍結パーシャル」を搭載しました。「酸化ブロック冷却W(ダブル)」採用で、生鮮食材のほか常備菜も約1週間長持ち※1※2します。また「シャキシャキ野菜室」搭載で、傷みやすい葉野菜も約1週間鮮度が長持ちします。これまで、冷蔵庫のサイズは合わずに「微凍結パーシャル」の機能をあきらめていたといったユーザーにも対応します。

【その他の特長】

  • ●コンセントに差すだけで、生活に合わせて自動で最大冬季18%、夏季14%省エネ※12※13、「エコナビ」搭載※14
  • ●冷蔵室の収納量に合わせてスピーディーにナノイー除菌※15※16。「クリーンパトロール」機能※17
  • ●トップユニット構造で冷蔵室の最上段が使いやすく、野菜室・冷凍室が大容量に
  • ●奥まで見やすく取り出しやすい、100%全開※18「ワンダフルオープン」引き出し搭載(野菜室・冷凍室)
  • ●「新鮮凍結」で、あつあつのごはん※19も、冷まさずそのまま急速冷凍が可能
  • ●傷がつきにくく、汚れやニオイがつきにくい、ガラストレイを冷蔵室の全棚に採用

【需要動向】国内電気冷蔵庫

(当社調べ)
  2014年度 2015年度 2016年度見通し
  総需要 375万台 382万台 400万台
内、401L以上 169万台 174万台 182万台
構成比 45% 46% 46%

【仕様一覧】

<>内は「食品収納スペースの目安」を表しています。
ドア ミラーガラスドア(ベベリング加工) フルフラットガラスドア
品番 NR-F672WPV NR-F602WPV NR-F672XPV NR-F602XPV NR-F552XPV
定格内容積 665L 601L 665L 601L 551L
冷蔵室 339L
<260L>
308L
<227L>
339L
<260L>
308L
<227L>
281L
<207L>
  内パーシャル/
チルド切替室
 <24L> <21L> <24L> <21L>  <19L>
野菜室 140L<104L> 126L<94L> 140L<104L> 126L<94L> 115L<86L>
新鮮凍結ルーム 38L<22L> 32L<18L> 38L<22L> 32L<18L> 32L<18L>
独立製氷室 22L<7L> 22L<7L> 22L<7L> 22L<7L> 18L<5L>
冷凍室 126L<90L> 113L<80L> 126L<90L> 113L<80L> 105L<74L>
微凍結パーシャル 酸化ブロック冷却W
野菜室 Wシャキシャキ野菜室
新鮮凍結
ナノイー
エコナビ
外形寸法(mm)
(幅x奥行きx高さ)
825×733×1828 740×733×1828 825×733×1828 740×733×1828 685×733×1828
カラー -X(オブシディアンミラー) -X(オニキスミラー)
-T(マチュアブラウン)
-N(マチュアゴールド)
ドア フルフラットガラスドア フルフラットガラスドア
品番 NR-F502XPV NR-F472XPV NR-F552PV NR-F502PV NR-F472PV NR-E412PV
定格内容積 501L 470L 551L 501L 470L 406L
冷蔵室 257L
<186L>
226L
<164L>
281L
<207L>
257L
<186L>
226L
<164L>
199L
<158L>
  内パーシャル/
チルド切替室
 <16L>  <16L>  <19L>  <16L>  <16L>  <12L>
野菜室 105L<77L> 105L<77L> 115L<86L> 105L<77L> 105L<77L> 89L<64L>
新鮮凍結ルーム 29L<16L> 29L<16L> 32L<18L> 29L<16L> 29L<16L> 23L<10L>
独立製氷室 16L<4L> 16L<4L> 18L<5L> 16L<4L> 16L<4L> 16L<4L>
冷凍室 94L<64L> 94L<64L> 105L<74L> 94L<64L> 94L<64L> 79L<55L>
微凍結パーシャル 酸化ブロック冷却W
野菜室 Wシャキシャキ野菜室 シャキシャキ
野菜室
新鮮凍結
ナノイー -
エコナビ
外形寸法(mm)
(幅x奥行きx高さ)
685×692×1828 685×692×1750 685×733×1828 685×692×1828 685×692×1750 600×679×1818
カラー -X(オニキスミラー)
-T(マチュアブラウン)
-N(マチュアゴールド)
-N(シャンパンゴールド)
-W(スノーホワイト)
  • ※6 野菜コーナーの余分な湿気をボトルコーナーへ逃します。運転状況や食品の状態や量、保存期間により効果が異なります。
  • ※7 当社調べ。運転状況や食品の種類・状態や量、保存する前の状況によって、効果が異なります。
  • ※8 冷蔵庫外気温度25℃。扉開閉なし。野菜をラップなしで満載に保存。保存日数や鮮度は、野菜の種類や冷蔵庫に入れるまでの状態により変わります。
  • ※9 運転状況や食品の状態や量、保存期間によって効果が異なります。
  • ※10 ●試験依頼先(株)テクノサイエンス●試験方法:「ナノイー」有無の野菜室にて3日間保存。 ●試験結果:ほうれん草ポリフェノール残存率 ナノイー無に比較し、ナノイー有で約18%アップ。
  • ※11 ●試験方法:野菜室環境5℃。エチレンガス140ppm程度を投入。「ナノイー」有の約70Lボックスでの試験。 ●エチレンガス分解の方法:ナノイー噴霧。 ●試験結果:24時間後のエチレンガス分解率が約80%。
  • ※12 ●数値はあくまで目安であり、周囲温度、周囲の明るさ、ドア開閉の回数と時間、食品の収納状態、収納する食品の種類・場所・量などにより効果は異なります。当社試験条件にて算出。
  • ※13 ●当社環境試験室において、以下の当社試験条件にて測定した値。条件:NR-F602WPV において、冷凍室「中」・冷蔵室「中」・切替室「チルド」設定。1 日当り、冷凍室ドア8回、冷蔵室ドア39回を開閉すると共に、ドア開閉動作中に冷凍室に1125g相当の模擬負荷、冷蔵室に3L相当の水負荷投入、冬季(周囲温度16℃)は1.01kwh→0.82 kwh、夏季(周囲温度32℃)は1.54kwh→1.31kwh。機種により投入負荷、測定値は異なります。エコナビ効果の測定条件は、日本工業規格(JIS C 9801-3:2015)とは異なります。
  • ※14 ●エコナビは冷凍室「中」・冷蔵室「中」設定時のみ稼動します。数値はあくまで目安であり、周囲温度、周囲の明るさ、ドア開閉回数と時間、食品の収納状態 ・収納場所・収納温度などにより効果は異なります。当社試験条件にて算出。日本工業規格(JIS C9801-3:2015)に基づき算出された消費電力量とは異なります。
  • ※15 ●試験依頼先(一財)日本食品分析センター●試験方法:約40L密閉容器内に菌を塗抹した樹脂プレートを配置し「ナノイー」噴霧48時間後の生菌数を測定●除菌の方法:「ナノイー」噴霧●除菌の対象部分:パーシャル/チルド切替室●試験結果:2日後で99%以上の除菌効果●試験依頼先(一財)日本食品分析センター●試験方法:400L密閉容器内に菌を塗抹した寒天平板培地を配置し、「ナノイー」噴霧48時間後の生菌数を測定●対象場所:冷蔵室、野菜室●試験結果:2日後で99%以上の除菌効果(自社換算値)。上記試験は、1種類のみの付着している菌で実施。食中毒予防を保証するものではありません。
  • ※16 ●試験依頼先(一財)北里環境科学センター●試験方法:400L密閉容器内に30分間「ナノイー」を放出●対象場所:冷蔵室、野菜室●試験結果:30分後で99%以上の除菌効果●報告書番号:北生発26_0145●上記試験は、1種類のみの浮遊している菌で実施。食中毒を保証するものではありません。
  • ※17 ●試験依頼先(一財)日本食品分析センター●試験方法:400L密閉容器内に菌を塗抹した寒天培地を配置し、「ナノイー」噴霧30時間後及び48時間後の生菌数を測定●対象場所:冷蔵室、野菜室●試験結果:パワフルモードは30時間で99%以上の除菌効果。通常モードは48時間で99%以上の除菌効果(自社換算値)●上記試験は1種類のみの菌で実施。食中毒予防を保証するものではありません。
  • ※18 ●冷蔵庫本体からのケース引出し度合い。
  • ※19 ●炊きたてご飯170gをラップ包装

以上