2016年04月19日

VARICAMシリーズの4K映像収録、高速フレームレート収録に対応

データ転送速度の高速化を実現した、
新expressP2カード「Bシリーズ」を発売。
新たに大容量512GBのexpressP2カードをラインナップに追加

新4Kシネマカメラ「VARICAM LT」の出荷を開始

メモリーカード「expressP2カード」

品名 メモリーカード「expressP2カード」
品番 AU-XP0256BG AU-XP0512BG
記録容量 256 GB 512 GB
メーカー希望小売価格 140,000円(税別) 252,000円(税別)
発売時期 2016年5月 2016年5月

パナソニック株式会社は、本日、世界最大の放送機器展「NAB(=National Association of Broadcasters)ショー」(米ラスベガスLVCC)において、4Kデジタルシネマカメラ「VARICAMシリーズ」用記録メディア「expressP2カード」の新ラインナップ「expressP2カード・Bシリーズ」2機種を発表しました。
長時間収録ニーズに対応するAU-XP0512BG(512GB容量)と、AU-XP0256BG(256GB容量)は2016年5月末の発売を予定しています。

「VARICAMシリーズ」は、映画・ドラマ・CMなどハイエンドの映像コンテンツ制作のためのカメラレコーダーです。4K/120fps収録に対応する「VARICAM 35」、HD/240fps収録に対応する「VARICAM HS」に加え、より小型軽量で高画質の4K/60fps収録に対応した「VARICAM LT」も2016年3月末より出荷を開始しています。

「expressP2カード」はこれら「VARICAMシリーズ」用の記録メディアとして、AVC-Intraコーデックでの4K 映像(最大120fps)とHDハイフレームレート映像(最大240fps)の書き込みを保証しています。信頼性においても実績のあるP2カードを踏襲し、一般的なフラッシュメモリの誤り訂正では訂正できないセクター/ページの誤りデータを復活させるRAIDシステム同等の誤り訂正能力を実現。また、P2カードコネクターはPCカードをはるかに凌ぐ、抜差回数30,000回の耐久性を備えています。

さらに「expressP2カード・Bシリーズ」では、現行品「expressP2カード・Aシリーズ」の約4倍のデータ転送速度最大10Gbps※1のポテンシャルを保有します。また新たにラインナップに追加した大容量512GB「expressP2カード」では4Kで180分※2の長時間記録が可能となり、VARICAM LTの登場により高まるドキュメンタリー用途での長時間記録ニーズに対応します。

  • ※1 将来的な高速インターフェイスを持つカードリーダーを使用した場合。USB3.0インターフェイスのexpressP2ドライブAU-XPD1使用時は、「expressP2カード・Aシリーズ」と同じ最大2.4Gbpsになります。
  • ※2 AVC-Intra4K422 23.98p収録時。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話 0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

以上