2016年04月07日

「ダイナミックサウンドシステム・ハイレゾ」搭載でビエラ史上最高音質を実現

4Kビエラ DX850シリーズ 3機種を発売

色忠実再現技術「ヘキサクロマドライブ」の進化とコントラスト向上で高画質化を実現

「VIERA(ビエラ)」DX850シリーズ3機種

品名 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
品番 TH-60DX850 TH-55DX850 TH-49DX850
サイズ 60V型 55V型 49V型
本体希望小売価格 オープン価格
発売日 5月20日
月産台数 1,500台 2,000台 3,000台

パナソニック株式会社は、大画面で4K高画質を楽しめるデジタルハイビジョン液晶テレビ“4Kビエラ”DX850シリーズ3機種(60V型、55V型、49V型)を5月20日より発売します。

本シリーズは、映像と一体化した臨場感あふれるサウンドを提供する「ビエラ史上最高音質」モデルです。当社テレビとしては最大の100Wの高出力アンプに加え、ツイーター・ミッドレンジスピーカー・ウーハーを独立に構成する3Wayサイドスピーカーを採用。迫力のある低音と豊かな中高音を忠実に再現することにより、圧倒的な臨場感と空気感の表現を実現しました。また、高音質とスリムデザインを両立し、設置場所の制約を受けない省スペース性も兼ね備えました。更に、CD以上の高音質を実現するハイレゾ(※1)にも対応(※2)。テレビ音声をハイレゾ相当にアップコンバートする「ハイレゾリマスター」も搭載。もちろん画質においても好評をいただいている「ヘキサクロマドライブ」による忠実な色再現を実現しています。

当社は本シリーズを、忠実な色再現、臨場感のある高音質、住空間と調和するデザインを提供する、日本設計・日本生産の「ジャパンプレミアム」シリーズとして展開し、様々な4Kコンテンツを高画質・高音質で楽しめるAVライフを提供します。

<特長>

  1. 「ダイナミックサウンドシステム・ハイレゾ」搭載でビエラ史上最高音質を実現
    (1)3Wayサイドスピーカーとこだわりの仮想同軸配置により映像と一体化したサウンドを実現
    (2)100Wの高出力アンプと独自の大容量ウーハー構造に加え、スリムデザインを両立
    (3)当社テレビで初のハイレゾ(※1)対応(※2)。テクニクスの高音質技術の採用により高音質で楽しめる
  2. 色忠実再現技術「ヘキサクロマドライブ」の進化とコントラスト向上で高画質化を実現
    (1)LEDバックライトに新赤色蛍光体を採用し、より鮮やかな深みのある赤色と忠実な色再現
    (2)HDR規格対応により、映像の明暗差、陰影までリアリティ豊かに再現
  3. 豊富な4Kネット動画を楽しめる
  • ※1:ハイレゾリューション(解像度)の略。CDの3~6倍の情報が記録された音源のことで、サンプリング周波数を96kHz、量子化ビットを32bitまで拡張します。
  • ※2:ハイレゾ設定を音質優先に設定すると、デジタル音声出力(光)端子やHDMI1端子(ARC)から音声出力されません。また、テレビ視聴中はTVリモート機能やメディアアクセス機能で、放送中の番組や録画した番組が配信ができません。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター(受付9時から20時)
フリーダイヤル 0120-878-365

【需要動向】

<国内民生用 薄型テレビ総需要推移>

(千台:当社調べ)
  2012年度
(実績)
2013年度
(実績)
2014年度
(実績)
2015年度
(見込)
2016年度
(予測)
薄型テレビ 5,770 5,580 5,450 5,000 5,500

【特長】

1. 「ダイナミックサウンドシステム・ハイレゾ」搭載でビエラ史上最高音質を実現

4K対応テレビが普及するにつれ高画質はもちろん、音も4K映像に相応しい高音質で視聴したいというニーズが高まっています。そこで前モデルCX800シリーズでご好評を得た力強い音を実現する「ダイナミックサウンドシステムPRO」を強化した「ダイナミックサウンドシステム・ハイレゾ」を搭載し、当社テレビでは最大となる音声実用最大出力を100Wにまで高めることにより、従来のテレビでは実現できなかった大迫力なサウンドを実現しました。
 
 

(1)3Wayサイドスピーカーとこだわりの仮想同軸配置により映像と一体化したサウンドを実現

本シリーズでは、高音域を実現する「ツイーター」、中音域を実現する「ミッドレンジスピーカー」、低音域を実現する「ウーハー」で構成する3Wayサイドスピーカーを採用しました。更に、ツイーターの上下にミッドレンジスピーカーを挟み込む、当社独自構造(仮想同軸配置)により、あたかもテレビ画面の中央から音が聴こえてくるような映像と音が一体となった臨場感あふれる音を実現することを可能としています。
また、ツイーターはハイレゾ音源の高音域の再生に対応しており、広帯域でバランスの良いサウンドの再生を可能としています。また、全スピーカーに、磁力の高いネオジウム磁石を採用することで、振動板を強力に駆動させ、豊かで伸びのある音を再生します。

(2)独自の大容量ウーハーと100W高出力アンプによる重低音と、スリムデザインを両立

「ウーハー」には、従来比(※3)約7倍の大容量スピーカーボックスを採用しました。また、低音を増幅するパッシブラジエーターを左右に前後対向配置した「クアッド・パッシブラジエーター」を採用することにより、スピーカーボックスを安定させ、歪みやノイズを低減した高音質を実現しています。ウーハーで再生された高音質な低音は、「音導管」を通り画面前面に響き渡ります。また今回、当社テレビでは最大となる音声出力100Wを実現しました。独自構造のウーハーと100Wアンプにより、テレビではかつてないほどの重低音をお楽しみいただけます。
また本シリーズは、高音質スピーカーユニットを搭載していながら、省スペース性にも配慮しています。従来の50インチのテレビ(例:2008年製PZ800シリーズ)の横幅にたったプラス7センチで5インチアップの本シリーズ55インチを設置することが可能となりました。これにより、設置スペースを気にすることなく4K化、高音質化はもちろん、インチアップした大画面で楽しむことができます。
 
 

  • ※3:CX800シリーズとの比較において。

(3)当社初のハイレゾ(※1)対応。更に、テクニクスの高音質技術の採用により高音質で楽しめる

本シリーズは当社のテレビでは初めてハイレゾ(※1)に対応しました。
ハイレゾ対応のディーガなどとHDMI接続すれば、ミュージックビデオや、映画などハイレゾ音源収録されたブルーレイパッケージソフトをハイレゾ音質で再生可能です。また、USBメモリやSDカード、パソコンに保存されたハイレゾ音源も再生して楽しむことができます。
さらに、本シリーズでは、オーディオブランド「テクニクス」の高音質技術を活かし、デジタル放送やネット動画などの音源をハイレゾ相当にアップコンバートする「ハイレゾリマスター」を搭載しました。これにより、音のディテールを再現し、従来のテレビ以上の高品位な音質でお楽しみいただけます。

また本シリーズでは、「テクニクス」のHi-Fiオーディオで採用しているフルデジタルアンプ「JENOEngine(Jitter Elimination and Noise-shaping Optimization Engine)」を搭載しました。デジタル信号の揺らぎ(ジッター)を削減し、PWM変換誤差を最適化することで、ノイズのないキレのあるクリアな音を実現しました。これにより、音楽はもちろん、テレビドラマのセリフなど人の声が明瞭に聴き取りやすくなりました。

宇多田ヒカル 6年ぶりのニューシングルをハイレゾ音源で収録したビデオクリップ、
パナソニックが製作協力、プレゼントキャンペーンも実施
6年ぶりの活動再開が発表された宇多田ヒカルが4月15日にリリースするニューシングル「花束を君に」(NHK連続ドラマ小説「とと姉ちゃん」主題歌)、「真夏の通り雨」(日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲)のビデオクリップをパナソニックが製作協力。4K映像(※)、ハイレゾ音源の高品位な作品となっております。
5月20日~9月30日の期間中にDX850シリーズをお買い上げの上、応募いただいた方にもれなく、このビデオクリップを収録した Ultra HDブルーレイディスク・ブルーレイディスクをプレゼントするキャンペーンを実施いたします。
  • ※詳しくはキャンペーンサイト(URL:http://panasonic.jp/viera/campaign/)をご覧ください。
  • ※ブルーレイディスクにはフルHDでの収録となります。

2. 色忠実再現技術「ヘキサクロマドライブ」の進化とコントラスト向上で高画質化を実現

(1)LEDバックライトに新赤色蛍光体を採用し、より鮮やかな深みのある赤色と忠実な色再現

明るく映像を映し出す4K解像度の高輝度広色域液晶パネルの採用に加え、LEDバックライトの蛍光体に新赤色蛍光体を採用しました。LEDに塗布する赤色蛍光体を、従来より純度の高いものにすることで、今まで表現できなかった深みのある赤色を表現することが可能となりました。また、赤色の表現の向上により、中間色の色合いも豊かになり、忠実な色再現を実現するヘキサクロマドライブを更に進化させました。

(2)バックライトエリア制御技術に加え、映り込みと反射を低減したパネルを採用し、コントラスト向上

バックライトエリア制御の採用により、高コントラストを実現しました。また表面の凹凸により外光を拡散し、画面の映り込みを低減する拡散層の前面に、光の反射を防止する反射防止層を新たに配置したパネルを採用しました。これらにより、照明や外光の映り込み・反射を低減させることが可能となり、明るい部屋でもより高コントラストの映像を表現することができます。

(3)HDR規格対応により、映像の明暗差、陰影までリアリティ豊かに再現

本シリーズは、HDR規格に対応しました。「HDR規格」(ハイダイナミックレンジ(High Dynamic Range))とは、新規格「Ultra HDブルーレイ」にも採用されている映像の明部や暗部の輝度の幅を拡大し、本来あるべき色や光などを美しく再現する技術です。「HDR規格」に対応することで、テレビ信号では困難だった鏡面反射光などの明るい光を、より現実に近い明るさと忠実な色合いで表現することが可能となり、映像の明暗差、陰影までリアリティ豊かに再現できます。
さらに、ネット動画サービスにおいても、NETFLIX、Amazonビデオ、ひかりTVのHDR映像コンテンツをお楽しみいただけるようになります。
 
 

3. 豊富な4Kネット動画を楽しめる

本シリーズは、“H.265/HEVC” “VP9”デコーダーを内蔵しておりますので、インターネットで配信されている様々な4Kネット動画を楽しむことができます。

(1)NETFLIX(ネットフリックス)(※4)に対応

昨年、米国から上陸した世界最大規模のオンラインストリーミングサービスNETFLIX(ネットフリックス)に対応しました。月額定額制を採用し、利用者はいつでも、どこでも、様々なデジタル端末で映画やドラマを視聴することができます。また、リモコンに「NETFLIX」ボタンを配置し、電源OFF状態からでも「NETFLIX」ボタンを押下することで、すぐにサービスをお楽しみいただくことができます。
NETFLIXは、オリジナル作品を続々とHDRに対応していく予定です。
 
 

(2)dTV(※5)に対応

4K動画含む多彩な14ジャンル、約12万作品が月額500円(税抜)ですべてお楽しみいただけます。
 
 

(3)Amazonビデオ(※6)に対応

プライム会員限定で、追加料金なく、オリジナル作品含む数多くの映画やTV番組が プライム・ビデオとして、見放題でお楽しみいただけます。また、さまざまな新作映画や 今話題のTV番組など幅広いジャンルの作品をレンタルまたは購入できます。
 
 

(4)YouTubeに対応

本シリーズは、Google社の動画圧縮コーデック「VP9」対応のため、4K解像度で撮影され、YouTubeにアップロードされた4Kネット動画を視聴することが可能です。
 
 

(5)4Kアクトビラ(※7)に対応

無料配信に加えて、有料配信にも対応しました。
 
 

(6)ひかりTV 4K(※8)に対応

ひかりTV 4Kチューナー不要で4Kコンテンツを楽しむことができます。
 
 
  • ※4:NETFLIX(ネットフリックス)について詳細は(NETFLIX.JP)をご参照下さい。
  • ※5:dTVについて詳細は(http://video.dmkt-sp.jp/)をご参照下さい。
  • ※6:Amazonビデオについて詳細は(http://www.amazon.co.jp/av)をご参照下さい。
    Amazon及びAmazonビデオロゴはAmazon.com Int'l Sales, Inc.及び関連会社の商標です。
  • ※7:アクトビラについて詳細は(http://actvila.jp/)をご参照ください。
  • ※8:ひかりTVについて詳細は(http://www.hikaritv.net/4k/)をご参照ください。
  • ■アプリは提供事業者の都合により、予告なく変更・停止・終了する場合があります。アプリの変更や終了にかかわるいかなる損害、損失に対しても当社は責任を負いません。また、記載内容は発表時点のものです。

4. 「かんたんホーム」搭載でお気に入りの画面へすぐにアクセスできる

本シリーズは、「Firefox OS」を使ったお気に入りの画面へすぐにアクセスできるホーム画面「かんたん ホーム」を採用しました。直感的、かつ、シンプル・かんたん・使いやすい快適操作を実現しています。これにより、チャンネルはもちろん、よく使うアプリや、接続機器、ウェブページを登録しておけば、次回からかんたんに素早く呼び出すことができます。また、インフォメーションバー(※9)の採用により、天気予報や裏番組情報など知りたい情報にもすぐにアクセスできます。
 
 
  • ※9:インフォメーションバーのコンテンツにはインターネット接続が必要なものもあります。

5. 多様な録画機能

(1)3チューナーでW裏録画ができる

デジタル3チューナー搭載なので、別売のUSBハードディスク(※10)をつなげば、番組を視聴しながら、2つの裏番組を同時に録画(※11)できます。家族で同じ時間に見たい番組が異なっても裏録画できるので大変便利です。また、録画番組をネットワークにつながったディーガにダビング(コピー・ムーブ)したり、お部屋ジャンプリンク(※12)(※13)を使って他の部屋のテレビでの再生も可能です。

(2)「外からどこでもスマホで視聴(※14)」に対応

専用アプリ「Panasonic Media Access」を使って、放送中の番組や本シリーズに接続したUSBハードディスク(※10)に録画した番組をスマホやタブレットで視聴できます。家の中ではもちろん、外でも転送可能です。海外出張や旅行中でも日本の番組をリアルタイムで見たり、移動中の空き時間に録画番組を見られるなど、いつでもどこでも手軽に楽しめます。

  • ※10:対応ハードディスクなど詳細については、当社HP(http://panasonic.jp/support/tv/connect/index.html)をご参照ください。
  • ※11:3チューナー搭載ですが、3番組同時録画はできません。
  • ※12:無線LANブロードバンドルーター(アクセスポイント)との接続が必要です。シンプルWi-Fi搭載ディーガと接続する場合は不要です。
  • ※13:お部屋ジャンプリンクに対応のビエラやディーガについて、詳細は(http://panasonic.jp/jumplink/)をご参照下さい。
  • ※14:専用アプリを使って、放送中の番組や本シリーズに接続したハードディスクに録画した番組を家の中ではもちろん、外でもスマートフォンやタブレットに転送して視聴できます。専用のアプリ「Panasonic Media Access(パナソニック メディアアクセス)」のインストールが必要です。
    詳細については、当社HP(http://panasonic.jp/viera/mediaaccess/)をご参照下さい。

6. リモコンにマイクを搭載し、より使いやすく身近になった「音声操作」。「ダイレクト音声操作」にも対応

本シリーズはリモコンにマイクを搭載したマイク一体型リモコンを新たに採用しました。従来のテレビのリモコンでは入力の煩わしかったネット動画(※15)や録画番組などの検索やボタンを何度も押す必要のある番組表で威力を発揮します。検索ワードをリモコンの音声マイクに向かって話せば、YouTubeやアクトビラ動画、放送、録画番組から検索結果を表示してくれるので、かんたんに好みの映像を探すことができます。番組表では、例えば「日曜日17時」と話せば、該当欄にカーソルがすばやく移動します。
また本シリーズは、リモコン操作不要で、テレビに直接話かけて操作ができる「ダイレクト音声操作」に対応しました。リモコンを持たずに音声だけで使えるハンズフリー操作により、SF作品で描かれていたような近未来のテレビを実現しました。リモコンが見当たらないときや、家事で手がふさがっているときに電源オンオフやチャンネル変更や、音量変更などでき大変便利です。
また、音声操作に馴染みのない方にもかんたんに使える工夫もしました。「マイクボタン」を押すだけで初期設定は完了し、使い方のイメージがわかる「組み込み動画」や「使い方チラシ」を同梱し、初めてでも迷うことなく操作ができます。
 
 
  • ※15:ネット動画などインターネットを介したコンテンツを検索する際には、インターネット接続と設定が必要です。
  •  

7. その他の特長

  • ●「お部屋ジャンプリンク」に対応(※12)(※13)
  • ●SDメモリーカードスロット搭載
  • ●ビエラリンク対応
  • ●2画面表示対応
  • ●ハイブリッドキャスト対応
  • ●配線すっきり構造
  • ●省エネ機能「エコナビ」搭載

【主な仕様】

品名 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
品番 TH-60DX850 TH-55DX850 TH-49DX850
サイズ
(アスペクト比)
60V型(16:9) 55V型(16:9) 49V型(16:9)
質量 スタンドあり
(なし)
約 31.5 kg
(約 28.5 kg)
約 28.5 kg
(約 25.5 kg)
約 24.5 kg
(約 22.5 kg)
外形
寸法
スタンドあり 横幅×高さ×奥行
144.7×84.1×29.5 cm
横幅×高さ×奥行
133.8×78.0×29.5 cm
横幅×高さ×奥行
120.0×70.2×26.0 cm
スタンドなし 横幅×高さ×奥行
144.7×78.1×12.9 cm
横幅×高さ×奥行
133.8×72.0×12.9 cm
横幅×高さ×奥行
120.0×64.2×11.7 cm
使用電源 AC 100 V(50/60 Hz)
定格消費電力
(待機時消費電力)
283 W
(本体電源「切」時:約 0.2 W
リモコン電源「切」時:約0.3W)
241 W
(本体電源「切」時:約 0.2W
リモコン電源「切」時:約0.3W)
186 W
(本体電源「切」時:約 0.2 W
リモコン電源「切」時:約0.3W)
年間消費電力量(※16) 188 kWh/年 169 kWh/年 136 kWh/年
画面有効寸法 横幅×高さ×対角
131.7×74.1×151.1 cm
横幅×高さ×対角
121.0×68.0×138.8 cm
横幅×高さ×対角
107.4×60.4×123.2 cm
画素数 水平3,840×垂直2,160
スピーカー ミッドレンジスピーカー4個、ツイーター2個、ウーハー2個
音声実用最大出力 総合100 W
(12.5 W+12.5 W+12.5 W+12.5 W+25 W+25 W)JEITA
受信可能放送 地上デジタル(CATVパススルー対応)(※17)/BSデジタル/110度CSデジタル
接続端子 ・地上デジタル入力端子、BS・110度CSデジタル-IF入力端子
・HDMI端子:4系統(HDMI 1端子はARC[オーディオリターンチャンネル]対応)
・D4端子:1系統(音声はビデオ入力と兼用)
・ビデオ入力:1系統
・光デジタル音声出力端子:1系統
・ヘッドホン/イヤホン端子:1系統
・LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX):1系統
・SDメモリーカード挿入口:1系統(SDXCメモリーカード対応)
・USB端子:3系統(USB3端子のみスーパースピードUSB(USB3.0)対応)
主な同梱物 リモコン,単3形乾電池×2,電源コード,B-CASカード,クランパー×2,スタンド(一式),
転倒・落下防止部品×2,取扱説明書,保証書
  • ※16:2010年4月改正の「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に準拠し、1日4.5.Hの動作時間/1日19.5Hの待機時間で算出した、1年間に使用する電力量。
  • ※17:本機ではワンセグ放送は受信できません。
  • ・本製品は4Kの放送は受信できません。4K放送を楽しむには別売のチューナーが必要です。
  • ・HDMI、HDMIロゴ、およびHigh-Definition Multimedia Interface は、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing LLCの商標または、登録商標です。
  • ・このリリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは、各社の登録商標または商標です。

【主な別売オプション】

品名 品番 発売日 希望小売価格(税抜)
壁掛け金具 TY-WK3L2R 発売中 16,000円

以上