プレスリリース

2016年1月7日

高画質4Kで撮ったあとからお好みの映像を編集できる「あとから補正」を搭載

デジタル4Kビデオカメラ HC-WXF990M/WX990M/VX980Mを発売

高画質4Kで思い出をキレイに残す。お気に入りのシーンをあとから簡単に残す

HC-WXF990M HC-WX990M
HC-VX980M
品名 デジタル4Kビデオカメラ
品番 HC-WXF990M HC-WX990M HC-VX980M
記録メディア 64GB内蔵メモリー/SDカード(別売)
-K(ブラック) -K(ブラック) -T(ブラウン)/-W(ホワイト)
希望小売価格 オープン価格
発売日 2016年1月21日
月産台数 500台 1,500台 5,000台

パナソニック株式会社は、4K高画質で思い出をキレイに残せるデジタル4Kビデオカメラ HC-WXF990M/WX990M/VX980Mを1月21日より発売します。

近年、4Kテレビの普及から、子供の成長や家族の大切な思い出を高画質4Kで記録したいという需要の高まりを受け、小型・軽量ボディで手軽に4K撮影を楽しめる製品3機種を揃えました。
高精細な4K画質で残せるだけでなく、新機能「あとから補正」で撮影後の映像を手ブレ補正したり、お好みの映像に編集したりすることができます。例えば、子供を追いかけた映像や、ズームした子供の表情、パンニングした風景などをハイビジョン映像として残すことが可能です。さらに、手軽に4K写真を切り出せる「4K PHOTO」では、自動切り出し機能など新たに搭載し使い勝手が向上しました。また、映画のような映像を撮影できる「24p記録」にも対応しています。4K最上位モデルのHC-WXF990Mでは、こだわりの撮影ができる「ビューファインダー」と、様々な映像効果を楽しめる「シネマライク機能」を搭載しました。ご好評の「ワイプ撮り」では、最大3台のスマートフォンや内蔵サブカメラとつなぐことで、多彩なシーンで「ワイヤレス ワイプ撮り(※1)」を楽しめるよう進化しました。

当社は本製品を高精細4K撮影と新手法で楽しさが広がるビデオカメラとして提案していきます。

主な特長

  1. 高画質4Kで撮ったあとからお好みの映像を編集できる「あとから補正」を搭載
    (あとから追っかけ/あとから手ブレ補正/あとからズーム)
    ・4Kで写真もきれいに切り出せる。自動切り出し機能など進化した「4K PHOTO」を搭載
  2. こだわりの撮影を楽しめる機能を搭載(HC-WXF990M)
    ・高画質約155万画素のビューファインダー搭載
    ・手軽に映像効果を楽しめる「シネマライク機能」を搭載
  3. 最大3台のスマートフォンや内蔵サブカメラとつないで様々なシーンでの撮影が可能。進化した「ワイヤレス ワイプ撮り(※1)」を搭載
  1. ※1:4K撮影時/24p撮影時は非対応。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページURL:http://panasonic.jp/dvc/

【主な特長】

1.高画質4Kで撮ったあとからお好みの映像を編集できる「あとから補正」を搭載
(あとから追っかけ/あとから手ブレ補正/あとからズーム)

広角で撮影した4K映像から、お気に入りのシーンを簡単な操作で編集し、フルハイビジョン画質で保存することができます。撮影に失敗してもあとから見やすい映像にできるので、安心してお使いいただけます。

あとから追っかけ......広角で4K映像を撮影後に、追いかけたい被写体をタッチしてターゲットロックすると、その被写体を自動追尾します。走り回る子供や乗り物などの、フレームから外れがちな動く被写体をとらえ続けた映像が残せます。

あとから手ブレ補正......手ブレしてしまった映像を、被写体を中心としてブレが安定するように補正をかけることで、ブレを抑えた映像を残せます。手持ちのズーム撮影時に手ブレしてしまっても、撮影後に補正可能です。

あとからズーム......「ズームイン/ズームアウト」と「パンニング」があります。「ズームイン/ズームアウト」は撮影した映像の一部を切り出して、ズームの演出効果を加えます。光学ズームでは難しい、画面の中央以外になめらかにズームしていく映像が作れます。「パンニング」は、ある被写体からほかの被写体にパンする映像を作れます。夜景など、実際にカメラを動かすと光が流れてしまうようなシーンも、くっきりときれいに残せます。

●4Kで写真もきれいに切り出せる。自動切り出し機能など進化した「4K PHOTO」を搭載
4K30p映像から記録画素数約800万画素の静止画を切り出して、決定的瞬間をとらえた写真を手軽に残せます。撮影後に写真にしたいシーンを選ぶほか、きれいに撮影できた部分を自動でピックアップしたり、撮影中にあとで切り出したいシーンにマーキングしたりすることもできます。

●4Kからフルハイビジョンへ本体で簡単にダウンコンバートが可能
撮影した4K映像をパソコンやテレビでの再生に適したフルハイビジョンに変換したい場合は、本体での操作で簡単にできます。フルハイビジョンで撮影するよりも鮮やかで高画質です。

2.こだわりの撮影を楽しめる機能を搭載

●24p記録に対応
映画のような映像を撮影できる24p記録に対応しています。

●高画質約155万画素のビューファインダー(※2)を搭載(HC-WXF990M)
チルト式のビューファインダーを搭載。約60度まで起こせるので、様々な撮影姿勢に対応できます。明るい晴天時も見やすく、約155万画素で被写体をしっかり確認できます。

  1. ※2:液晶モニターと同時点灯はできません。

●手軽に映像効果を楽しめる「シネマライク機能」を搭載(HC-WXF990M)
映画のようなクリエイティブな効果をつけた映像を手軽に撮影できます。映像作品づくりの幅が広がります。

・スロー&クイック(※3)......スローモーション撮影中に、フレームレートを下げてクイックに変更します。動きのあるシーンにスローとクイックが組み合わさることで、ドラマチックな効果を生み出します。

・スローズーム......手動では困難なスローズームができます。単調な映像に緊張感を持たせたり、被写体の心理的な動きを表現したりするときに用いられる手法です。

・ドリーズーム(※3)......被写体のサイズは変えずに、背景だけをズームさせるテクニックです。オートズームに合わせて、被写体のサイズが変わらないように、本機の撮影位置を前後に移動しながら調整することで効果が得られます。被写体の驚きなどの感情を表現するときに用いられる手法です。

  1. ※3:MP4 1080/28Mモードで記録されます。音声は記録されません。

3.最大3台のスマートフォンや内蔵サブカメラとつないで様々なシーンでの撮影が可能。進化した「ワイヤレス ワイプ撮り(※1)」を搭載

スマートフォンで撮影した映像を本製品にWi-Fi®で送信して(※4、5)子画面に表示する「ワイヤレス ワイプ撮り(※1)」で、3台までのスマートフォンと本製品の内蔵サブカメラを接続できるようにしました。その中からお好みの映像を選んで子画面として切り替えることが可能です。さらに子画面を2つ表示して同時に残す「子画面ツイン表示」を新たに搭載しました。結婚式など残したいシーンが多い場面で印象的な映像を残せます。また、子画面1つを表示する場合は当社製ビデオカメラ、ウェアラブルカメラも子画面の撮影に使用できます(※6)

  1. ※4:専用アプリ「Panasonic Image App」(無料)が必要。Android™端末、iPhone®/iPod touch/iPad™に対応しており、「Google Play™」または「App Store」から入手できます。対応OSは Android OS 4.0以降、iOS 7.0以降です(「Panasonic Image App」は、パナソニックのポータルアプリ「Panasonic Smart App」からもご利用いただけます)。
  2. ※5:Wi-Fi®電波が届く範囲は、障害物や他の電波がない環境で5m~10m程度です。ただし、ご使用の機器や環境条件によって大きく変わりますので、あくまでも参考値となります。Android機器はCPUコア数が4以上(クワッドコア以上)、iOS機器は最新機種を推奨します。
  3. ※6:ワイヤレス ワイプ撮り機能の子画面の撮影に使用可能なビデオカメラ、ウェアラブルカメラは下記の通りです。これらの機器は1台のみ接続可能です。またスマートフォンとの同時接続はできません。
    対象機種:HC-WXF990M、HC-WX990M、HC-VX980M、HC-W580M、HC-WX970M、HC-W870M、HC-W570M、HC-W850M、HC-V750M、HC-V550M、HC-X920M、HC-V720M、HC-V620M、HC-V520M、HX-A500、HX-A100、HX-A1H
    尚、ウェアラブルカメラを子画面として使用する場合、機能の制限があります。詳しくは、お客様サポートサイトをご参照ください。
    http://av.jpn.support.panasonic.com/support/video/faq/wipe/index.html

【上記以外の主な特長】

●ライカにおいて3段階の厳しい認証工程を経た「ライカディコマーレンズ」を採用

●4K30p撮影時も高速・高精度で合焦する「4KハイプレシジョンAF」を搭載

●映像の明暗差を補正して自然な明るさの映像を記録する「HDR動画モード(※1)」を搭載

●「傾き補正」と「5軸ハイブリッド手ブレ補正」で傾き・手ブレを大幅に低減

●ピント調整やホワイトバランスなどを撮影中でも簡単に設定できる「マルチマニュアルダイヤル」搭載

●Wi-Fi®内蔵により撮影の楽しみが広がる

・インターネットを使ってUstreamによるライブ配信(※7)が可能。配信しながらフルハイビジョンの動画記録も可能

・スマートフォンをライブビューリモコンとして使用可能(※4)

・記録した動画を対応テレビでワイヤレス再生(※8)できるお部屋ジャンプリンク(DLNA)に対応(AVCHD、およびMP4の720pに対応)。

・外出先からでも携帯電話の回線を通じてお部屋の様子をスマートフォンで確認できる見守り機能を搭載(AVCHD HEモードに対応)(※9)

・スマートフォンに保存した音楽や静止画を「ムービースライドショー」のBGMやタイトル画面に設定可能(※4)

・スマートフォンで赤ちゃんの様子を見守れる「ベビーモニター(※4、10)

●臨場感あるクリアな音を実現した高音質設計

・シーンに合わせた録音設定で臨場感ある音を楽しめる「サウンドシーンセレクト」。シーンモードはオート、スピーチ、お祭り、音楽、自然、お好みの6種類

・オーディオ向けの高音質パーツ搭載で音の表現力がより豊かに

●パンやチルトを使った自動撮影ができる別売の「リモートパンチルター VW-CTR1」。「お気に入りアングルモード」は、あらかじめ見たいポジション5か所を設定しておけば、ワンタッチでアングルの切り替えが可能

●赤外線LEDを搭載し、夜間や暗いところでもなめらかな映像が撮影可能な「ナイトモード(赤外線)」

  1. ※7:AVCHD/60i時に設定可能。事前にUstreamのアカウント登録、LUMIX CLUB PicMateの登録、LUMIX CLUB PicMateからUstreamとの連携が必要。宅内ではルーター、宅外ではモバイルWi-Fiルーター、またはテザリング機能が使用できるスマートフォンが必要です。
  2. ※8:DLNA対応テレビおよび無線LANブロードバンドルーター(別売)が必要です。対応テレビがWi-Fi®または有線LANで対象ビデオカメラと同じアクセスポイント(無線LANルーター)に接続されている必要があります。当社対応テレビについては、サポートサイトをご確認ください。
  3. ※9:対象ビデオカメラが、無線LANアクセスポイント(無線LANルーター)に接続されている必要があります。また、お使いのスマートフォンは、3GやLTEなどの携帯電話回線で使用してください。
  4. ※10:対象ビデオカメラおよびスマートフォンが、無線LANアクセスポイント(無線LANルーター)に接続されている必要があります。

【別売アクセサリー】

品名品番希望小売価格(税抜)発売日内容
アクセサリー
キット
VW-ACT380-K 18,000円 2016年
1月21日
キャリングケース、
ショルダーベルト、
バッテリーパック(VW-VBT380)、
バッテリーチャージャー

【仕様一覧】

品番 HC-WXF990M HC-WX990M HC-VX980M
撮像素子 1/2.3型MOS固体撮像素子
記録画素数(静止画時) 最大2590万画素
総画素数 1891万
有効画素数(動画) 829万(16:9)(4K記録時)
有効画素数(静止画) 700万(3:2)/829万(16:9)/622万(4:3)
F値(f:焦点距離) F1.8~F3.6(f=4.08~81.6mm)
f:35mm判換算 動画30.8~626mm(16:9)(4K記録で傾き補正 切時)、
静止画34.5~690.3mm(3:2)/30.8~626mm(16:9)/37.6~752.8mm(4:3)
絞り 自動・手動補正
最短撮像距離 通常時:約3 cm(WIDE端)/約1.5 m(全域)
iAマクロ時:約1 cm(WIDE端)/約1.5 m(TELE端)
フィルター径 49mm
ズーム iA40倍(FHD)/iA25倍(4K)/光学20倍電動ズーム/デジタル60倍・250倍
サブカメラ撮像素子 1/4型MOS固体撮像素子 -
F値(f:焦点距離) F2.2(f=3.54mm)
f:35mm判換算 37.2mm(動画撮影モード時)
最短撮像距離 約30cm
モニター 3型ワイド液晶モニター(約46万ドット)
EVF 0.24型ワイドEVF
(約155万ドット)
-
記録メディア(※11) 内蔵メモリー(64GB) SDXCメモリーカード(48~128GB)
SDHCメモリーカード(4~32GB) SDメモリーカード(512MB~2GB)
録画時間 内蔵メモリー使用時:最大約27時間30分(HEモード時)
手ブレ補正方式 光学式(ハイブリッド手ブレ補正、手ブレロック機能、傾き補正)
白バランス調整 自動追尾及びホワイトセット/晴れ/曇り/屋内1/屋内2/蛍光灯(TTL方式)
最低被写体照度 2ルクス(シーンモード ローライト 1/30時)
ナイトモード(カラー):1ルクス ナイトモード(赤外線):0ルクス
動画 記録方式 AVCHD: AVCHD規格 Ver 2.0準拠(AVCHD Progressive)
MP4/iFrame: MPEG-4 AVCファイル規格準拠(.MP4)
動画 記録画素数 2160/30p:3840×2160/30p、2160/24p:3840×2160/24p、
1080/60p:1920×1080/60p、PH/HA/HG/HE:1920×1080/60i、
MP4:1920×1080/60p、1920×1080/24p、1280×720/30p、
iFrame:960×540/30p
動画 転送レート 1080/60p:最大28Mbps/VBR、PH:最大24Mbps/VBR、
HA:平均17Mbps/VBR、HG:平均13Mbps/VBR、
HE:平均5Mbps/VBR、2160/30p(72M):最大72Mbps/VBR、
2160/24p(72M):最大72Mbps/VBR、1080/60p(50M):最大50Mbps/VBR、1080/60p(28M):最大28Mbps/VBR、1080/24p(50M):最大50Mbps/VBR、
720/30p:平均9Mbps/VBR、iFrame:最大28Mbps/VBR
動画 シャッター速度 60i/60p/30p:1/30~1/8000 24p:1/24~1/8000
(オートスローシャッターON時)
静止画 記録方式 JPEG(DCF/Exif2.2準拠)
静止画 記録画素数 写真撮影モード[16:9]25.9M、14M、2.1M、
[4:3]20.4M、10.9M、0.3M、[3:2]20M、10.6M、2M
動画撮影モード[16:9]4K MP4モード:20.4M、8.3M、
4K MP4モード以外:14.0M、2.1M
静止画 シャッター速度 1/2~1/2000
音声 記録方式 AVCHD:ドルビーデジタル(5.1ch/2ch) iFrame、MP4:AAC(2ch)
音声 マイク 5.1chサラウンド、ズームマイク、ガンマイク、ステレオマイク
音声 風音低減 風音キャンセラー
HDMI端子出力 1系統 2160p 1080p 1080i 480p[マイクロHDMI端子]
映像出力/音声出力 AV端子/ AV端子
ヘッドホン出力 85mV(負荷インピーダンス32Ω)【ステレオミニジャック】
外部マイク入力 入力レベル:-60dBV(マイク感度-40dB相当:0dB=1V/Pa 1kHz)
入力インピーダンス5600Ω プラグインパワー【ステレオミニジャック】
USB端子 ハイスピードUSB(USB2.0)、micro-AB端子、
リーダー機能 SDカード:読み込みのみ(著作権保護機能なし)、
内蔵メモリー:読み込みのみ、
Host機能(USBハードディスク用)、
バッテリー充電機能(本体電源オフ時にUSB端子から充電)
Wi-Fi 準拠規格 IEEE802.11b/g/n準拠
Wi-Fi 周波数 2.4GHz帯
基本バッテリーシステム VW-VBTシリーズ/VW-VQTシリーズ
外形寸法 幅68mm×高さ78mm×
奥行163mm
(付属バッテリー使用時)
幅65mm×高さ73mm×奥行161mm
(付属バッテリー使用時)
幅65mm×高さ73mm×
奥行141mm
(付属バッテリー使用時)
本体質量 約405g 約360g 約352g
使用時質量
(バッテリー:同梱バッテリーパック使用時)
約490g 約445g 約395g
電源 バッテリー使用時:3.6V/ACアダプター使用時:5.0V
消費電力 録画時3.9W
(パワーLCD 0〈標準〉)
録画時4.0W(パワーLCD 0〈標準〉)
許容動作温度/湿度 0℃~40℃/10%RH~80%RH
  1. ※11:4K記録(4K PHOTOモード含む)、MP4 1080/50M、2160/24p、1080/24p、スロー&クイック撮影(HC-WXF990M)、スーパースロー、ワイプ無し映像同時記録をSDカードに記録する場合は、SDスピードクラスがClass10以上のカードが必要です。

・Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。

・iPhone、iPod touchは、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。iPadは、Apple Inc. の商標です。

・iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

・Ustreamは、Ustream,Inc.の登録商標です。

以上