プレスリリース

2015年9月15日

タウンセキュリティ向け

ネットワークSDカードレコーダーを発売

WJ-SD202K

品名 ネットワークSDカードレコーダー
タイプ 業務用SDメモリーカード 2スロット搭載タイプ
カメラ用 PoE+/PoE給電機能搭載
品番 WJ-SD202K
本体希望小売価格 180,000円(税抜) ※業務用SDメモリーカードは含まれておりません。
月産台数 1,000台
発売時期 2015年 10月

パナソニック システムネットワークス株式会社(代表者:片倉 達夫)は、映像セキュリティ関連製品として、タウンセキュリティ(街頭防犯)に適した ネットワークSDカードレコーダー(WJ-SD202K)を2015年10月に発売します。

本製品は、2台のネットワークカメラへの給電機能を備えているほか、2枚の業務用SDメモリーカード※1への映像記録を行うことができるレコーダーとして、20万円を切る低価格を実現したものです。また、停電時でも、データの破壊を防止する電源バックアップ機能を搭載しながら、コンパクト設計にすることで、従来は設置が困難であった街頭の様々な場所でも手軽にご利用いただけるものになっています。

給電機能、SDメモリーカードへの記録機能を備えた本製品を、より安心して生活できる環境づくりを目指したタウンセキュリティの実現に向けて訴求していきます。

当社は、今後も映像セキュリティ関連製品のラインアップを一層強化し、ますます多様化するお客様のニーズに応えていきます。

<主な特長>

  1. SDメモリーカード※1に高画質の画像を2週間分記録
  2. コンパクト設計ながら、2台のカメラへの給電機能、GPSによる自動時刻補正機能を搭載
  3. ファイルの暗号化と改ざん検出機能で録画データの信頼性を向上
  1. ※1 別売。パナソニック製 業務用SDメモリーカードをご利用いただく必要があります。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムネットワークス株式会社
パナソニック システムお客様ご相談センター
[映像セキュリティホームページURL] http://panasonic.biz/security/

【開発の背景】

昨今、セキュリティシステムの普及は拡大しつづけていますが、通信環境や設置工事の制約などにより、カメラやレコーダーの設置が困難なケースが多々ありました。これまでに当社でも、電源バッテリーや無線通信などを活用したシステムを提供してまいりましたが、設備が大きいため設置面での制約があったり、運用のための人手やコストがかかったりするなどの問題がありました。
このたび当社では、設置工事や設定・操作も簡単で、各種の屋外用ネットワークカメラと組み合わせてご利用いただくことができる、ネットワークSDカードレコーダーを開発し、生活をより安心・安全に見守るタウンセキュリティ用として発売します。

【主な特長】

1.SDメモリーカード※1に高画質の画像を2週間分記録

本製品は、2つのSDメモリーカードスロットを搭載しています。このため、例えば、当社製屋外ハウジング一体型ネットワークカメラ WV-SPW631LJを 1台接続して、64 GB SDXCメモリーカードを2枚使用する場合、ロータリースイッチNo. 0 [HD解像度(1280 × 720)※2 、5 fps (毎秒5枚)、SF画質:シングル録画モードの場合] で使用すれば、H.264 の画像を約2週間分記録することが可能です。さらに容量が2倍の128GB SDXCメモリーカードも使用可能です。また、2枚のSDメモリーカードに同時に画像を記録することができるデュアル録画機能により、SDメモリーカードのデータ保護を更に強化することができます。
録画設定は本製品のロータリースイッチを切り替えることで可能なため、複雑な設定をすることなく設置後ただちに運用をはじめることができます。

さらに、停電時には電源バックアップ機能により、データの破壊を防止します。従来は保護のために別途バッテリーシステムを用意してシステムアップするケースもありましたが、バッテリーのコストと設置場所の問題に加え、バッテリー動作時間内での電源復旧の必要があるなど、運用面での制約もありました。本製品は停電対応の機能を搭載することにより、システムを簡略化し、手軽に活用いただけるようにしました。

  1. ※2 フルHD(1920×1080) 記録にも対応。記録できる期間は解像度、フレームレート設定、カメラ接続台数によって変わります。

2.コンパクト設計ながら、2台のカメラへの給電機能、GPSによる自動時刻補正機能を搭載

本製品は、(幅)175 mm ×(高さ)200 mm ×(奥行き)75 mmのコンパクト設計です。-20℃~+60℃の環境で動作しますので、屋外収納ボックス(別売 市販品)に収納して、電柱などに簡単に設置することが可能です。また、LAN(イーサネット)ケーブル上で通信と給電を行うPoE (15.4Wまで)1ポート、PoE+ (30Wまで)1ポートを搭載しており、当社製のPoE給電対応の各種屋外用ネットワークカメラと組み合わせて使用することができます。加えて、付属のGPS(Global Positioning System)アンテナを接続することで、本製品内蔵時計の自動時刻補正を行いますので、正確な記録時間の管理が可能です。

面倒なネットワーク接続を行わなくても手軽に屋外での利用が可能なほか、本製品を手の届く高さに設置することにより、SDメモリーカードの取り扱いも、パソコンへのデータのダウンロードも高所作業を伴わず簡単にできるようになります。

3.ファイルの暗号化と改ざん検出機能で録画データの信頼性を向上

SDメモリーカード内に記録されるデータは、自動的に暗号化されます(AES暗号、 鍵長 : 128 bit)。
また、専用ビューワーがSDメモリーカードに自動的にダウンロードされるため、パソコンに別途インストールしなくても使用できます。
本製品から取り出したSDメモリーカードの記録データは、専用ビューワーを用いて、パスワードを入力することで再生が可能です。専用ビューワーでは改ざん検出を行うこともできるため、記録データの信頼性をより高めます。

以上