プレスリリース

2015年8月3日

タブレット端末を活用したコンパクト設計

施設向けリハビリ機器「デジタルバランストレーナー」を発売

高齢者の転倒予防に効果的なバランス訓練と評価が手軽にできる

PN-3129010,PN-3110010

品名 デジタルバランストレーナー
(立位/座位)
デジタルバランストレーナー
(立位)
品番 PN-3129010 PN-3110010
希望小売価格(税抜) 1,500,000円 1,300,000円
受注開始日 2015年8月18日
販売目標 50台/年(2015年度)

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、高齢者の転倒要因の1つであるバランス機能の低下に効果的なリハビリを手軽に楽しく行えるリハビリ機器、「デジタルバランストレーナー」を、2015年8月18日より受注開始します。

ミラーと映像を組み合わせた施設向けリハビリ機器「デジタルミラー」を2012年7月に発売して以来、病院や高齢者施設などにおいて好評をいただいています。「デジタルバランストレーナー」は、このデジタルミラーで可能なリハビリメニューの中から、主に転倒予防に効果的なバランス機能の訓練、評価に特化した製品です。

これまで、転倒予防を目的としたバランス機能の訓練には専用の製品がなく、訓練方法やその効果が分かりづらかったり、人による測定のためにばらつきが出たりするなど、多くの課題がありました。
デジタルバランストレーナーは、デジタルミラーに搭載している「バランス保持」や「左右重心移動」などのバランス訓練機能と、「開眼片足立ち」や「重心軌跡長(決められた条件下でバランス保持または移動距離を客観的に分かりやすく線にした長さ)」といったバランス測定機能に特化し、タブレット端末を活用することでサイズをコンパクトに設計。デジタルミラーの約1/2の価格(※)を実現しました。人員や施設数の不足が予測されるデイケアやリハビリ特化型デイサービスなどの介護リハビリ市場に対して、本製品を導入することにより介護スタッフの負担軽減に貢献し、質の高いリハビリの提供を実現します。

当社は今後も、利用者が快適に安心して使え、また、介護者の負担も軽減できるような製品を提供することで、各家庭の健やかで心豊かな暮らしの実現に貢献していきます。

<特長>

  1. タブレット端末を活用し、コンパクトなサイズで導入を検討しやすい価格設定を実現
  2. 利用者が手軽にバランス訓練や評価ができ、介護スタッフの負担も軽減
  3. 頑丈なサイドハンドル付きで、利用者の安全性に配慮

※デジタルミラーセット(品番:PN-S3019030、希望小売価格:2,810,000円(税抜))とデジタルバランストレーナー(品番:PN-3129010、希望小売価格:1,500,000円(税抜))の比較

【お問い合わせ先】

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
エイジフリーBU リハビリ事業推進プロジェクト
電話:06-6903-1205(直通 9:00~17:30)
デジタルバランストレーナー ホームページ:http://panasonic.biz/healthcare/afsh/products/facility/digital_balance_trainer/
パナソニック 介護総合トップ ホームページ:http://panasonic.biz/healthcare/elderlycare/

【特長】

1. タブレット端末を活用し、コンパクトなサイズで導入を検討しやすい価格設定を実現

デイサービスやリハビリルームなどの、スペースに限りがあるところでも設置しやすいコンパクト設計。
既存のデイサービスの運営者にも導入しやすい価格を実現しました。
操作画面には10.1インチのタブレット端末を採用することで、画面に直接触れて操作できるだけでなく本体と切り離して利用者の手もとで説明することが可能です。
また、本体の場所を移動させたい時はキャスターを装備しているのでスムーズに移動ができます。

2. 利用者が手軽にバランス訓練や評価ができ、介護スタッフの負担も軽減

利用者が1人でも実施可能な「連続訓練メニュー」を搭載しました。
このメニューを選択することで自動的に4~10分の間、メニューを連続して行えます。
また利用者の身体能力に合わせたトレーニングをカスタマイズできるので、忙しいスタッフの工数削減と利用者に合わせた自主訓練のサポートが可能です。

3. 頑丈なサイドハンドル付きで、利用者の安全性に配慮

つかまって安全に訓練するサイドハンドルが標準装備されているため、訓練中に転倒するリスクが少なく、より安心してバランス訓練を行うことができます。

以上