プレスリリース

2015年5月29日

【訂正】2015年8月6日
仕様一覧(質量)において、電極ユニットの質量を変更しました。
(変更前)約125 g →(変更後)約145 g

国際宇宙ステーションで実験 世界初※1 「ハイブリッドトレーニング」搭載

筋力トレーニング機器「ひざトレーナー」を発売

歩きながら、効果的にひざ周りの筋力アップ

EU-JLM50S-K

品名 ひざトレーナー
品番 EU-JLM50S-K
希望小売価格(税抜き) 148,000円
発売日 8月21日
月産台数 1,000台

パナソニック株式会社は、久留米大学医学部 志波直人主任教授を中心とした研究グループが研究を進めてきたハイブリッドトレーニングと当社センシング技術を融合した筋力トレーニング機器「ひざトレーナー」を共同開発し、8月21日より発売します。

内閣府の発表※2によると、2025年には65歳以上の人口割合いが全人口の30%を超える見込みです。
今後日本の高齢化がますます進む中、志波主任教授は脚力低下に悩む方へのお役立ちのために、2000年よりハイブリッドトレーニングの研究に着手されました。ハイブリッドトレーニングとは、人間の動作と電気刺激を融合させた新しいトレーニング方法です。当社(当時は松下電工)は、研究当初より試作モデルの回路設計を担当し、産学協同で開発を進めてきました。

また久留米大学とJAXA(宇宙航空研究開発機構)の共同研究として、国際宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟において、長期宇宙滞在における筋量低下への対処手法の検証実験が行われました。代表研究者である久留米大学 志波主任教授のハイブリッドトレーニングのコンセプトを取り入れた特殊な実験機器を使用した結果、機器は宇宙で支障なく使用でき、微小重力における筋肉萎縮の予防効果が期待できることを確かめました。また宇宙実験に先駆けて特殊環境である南極でも実験機器の操作性検証が行われました。

久留米大学と当社が研究を続ける中で、2010年からはハイブリッドトレーニングを搭載したひざ周りの筋力トレーニング機器の開発を行い、歩きながらひざ周りを効果的に鍛えることを目的とする機器の研究を積み重ねてきました。久留米大学では臨床評価において、3ヶ月の使用で効果が現れることも実証しました。
これらの研究の積み重ねで生まれた製品が「ひざトレーナー」です。「ひざトレーナー」を装着して歩くと、動作時の脚の動きをボディモーションセンサーがセンシングし、交互に伸びる筋肉に電気刺激がかかり通常歩行よりもひざ周りの前と後の筋肉を効果的に鍛えることができます。
「ひざトレーナー」は、歩行運動だけでは鍛えることが難しいひざ周りの筋肉を効果的に鍛えるだけでなく、ひざ関節に負担がかかる着地時にひざ周りの前と後の筋肉に同時に電気刺激をかけて、筋肉を安定させながら歩くことが可能です。脚力低下やひざに悩みをかかえる方、シニア層のお悩み事にアプローチし、無理のない歩行運動を応援します。
当社は本製品により、日常習慣の中で効果的にひざ周りの筋肉を鍛え、将来にわたって快適な自力歩行と年齢にとらわれず自由で生き生きとした生活を送る「エイジレス・ライフ」の支援を目指し、需要拡大を図ります。

<特長>

  1. 歩きながら、ひざ周りの筋力を効果的に鍛える
  2. ひざ周りの筋肉を安定させながら、無理なく歩ける
  3. 状態に合わせて選べる6コースを搭載
  1. ※1 2015年8月21日発売予定
  2. ※2 平成26年版高齢社会白書

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページURL:http://panasonic.jp/fitness/

【特長】

1.歩きながら、ひざ周りの筋肉を効果的に鍛える

ひざ周りの筋力が衰えると、歩行時にひざへの負担を吸収できずに、ひざに大きな負担をかけてしまいます。そこでひざを支えるひざ周りの前と後の筋肉をバランスよく鍛える筋力トレーニングが重要になってきます。「ひざトレーナー」を装着して歩くと、動作時の脚の動きをボディモーションセンサーがセンシングし、歩行時に伸びる筋肉(拮抗筋)を電気刺激で収縮させ筋肉に負荷を与えます。歩行時の脚の曲げ伸ばしで交互に伸びる拮抗筋に対し負荷がかった状態となり、ただ歩くだけでは鍛えることが出来ないひざ周りの前と後の筋肉を効果的に鍛えることができます。
日常習慣で無理なく、ひざ周りの筋力アップが可能です。(対象コース: 歩いて筋トレコース)

■ひざトレーナーの筋力アップ効果
ひざトレーナーを装着すると、通常歩行時と比べ、効果的な筋力アップが可能です。

2.ひざ周りの筋肉を安定させながら、無理なく歩ける

本製品は、歩行の着地時のタイミングに合わせ、ひざ周りの前と後の筋肉に同時に電気刺激をかけることで、ひざ周りの筋肉を安定させながら無理なく歩くことができます。(対象コース: いきいき歩くコース)

3.状態に合わせて選べる 6コースを搭載

本製品は、どなたでもコンディションに合わせたトレーニングが行えるように、様々なコースを搭載しています。自身の体力や体調、その日の気分や天気に合わせて、自由にコースを選べます。

利用頻度は1日30分、週3回程度で、無理なくお使い頂けます(運動は1日以上の間隔をあける)。効果には個人差がありますが、約3ヶ月程度で効果が現れます。

① ウォーキング初心者の方に「いきいき歩くコース」
歩行時にひざ周りの筋肉を安定させながら、筋力をアップできるコース。使いはじめの方や、ひざに不安がある方におすすめです。

② ウォーキングに慣れた方に「歩いて筋トレコース」
ウォーキングしながら効率良く筋力アップできるコース。
普段からウォーキングに慣れている方におすすめです。

③ お家でしっかり鍛えたい方に「家で筋トレコース」
スクワットとももあげを組み合わせて行うコース。無理なく筋力アップしたい方におすすめです。
(「スクワット」と「ももあげ」を各10回1セットで繰り返すコースです。)

④ 週3回の運動がきつい方に「座って刺激コース」
運動をしない時の筋力維持を目的とするコース。きつい時は無理をせず、このコースをおすすめします。

⑤ スクワットのみを行う単独コース「スクワットコース」

⑥ ももあげのみを行う単独コース「ももあげコース」

【仕様一覧】

品番 EU-JLM50S
-K(ブラック)
電源方式 充電式
定格電圧 AC100-240 V 50-60 Hz
定格容量 20 VA
充電時間 約2 時間(室温10~35℃)
使用電池 リチウムイオン電池
消費電力 約6 W(充電時)
サポーターサイズ 幅約565 mm×高さ約325 mm
操作器サイズ 幅約60 mm×高さ約125 mm×厚さ約30 mm
質量 操作器:約130 g、 電極ユニット(電源コード含む):約145 g、サポーター(右用、左用):約170 g
同梱品 サポーター(右用・左用)×1、電極ユニット×1、操作器×1、
ゲルパッド(前用)×4、ゲルパッド(後用)×4、
ゲルパッド保護シート(前用)×2、ゲルパッド保護シート(後用)×2、
ACアダプター(充電用)×1、収納ポーチ×1、操作器ホルダー&ベルト×1、
トレーニングダイアリー×1など

【販売について】

本製品は「認定店制度」のもとに販売します。認定店にてお客様の状態に合わせ試着を含むカウンセリングの上で販売し、購入後のサポートも実施します。

以上