プレスリリース

2015年3月3日

サイネージのシステム構成簡素化に貢献

アプリケーションプラットフォーム搭載ディスプレイを開発

Android™プラットフォーム搭載ディスプレイを今秋商品化予定

パナソニック株式会社は、Android™をベースとした新しいアプリケーションプラットフォームを搭載した業務用ディスプレイを開発しました。本開発品は、当社の業務用ディスプレイの新たなラインアップとして、2015年秋にグローバル向けに商品化する予定です。サイズ展開は、42インチ・49インチ・55インチの3種類です。

屋外や店舗での広告・情報表示媒体として需要が拡大しているデジタルサイネージ市場では、効率的に広告や情報を配信・管理するための総合ソリューションが求められつつあります。また、表示用ディスプレイへのサイネージ配信には、パソコンやセットトップボックス(STB)などの外部接続機器が必要なため、システム構成や施工の簡素化要望も増大しています。

本開発品は、サイネージプレーヤーソフトの開発がしやすいAndroid™ OSをアプリケーションプラットフォームとしてディスプレイ本体に内蔵し、HTML5にも対応。Android™ベースのソフトウェアを搭載すれば、パソコンやセットトップボックス(STB)などの外部接続機器を使うことなく、有線または無線のネットワーク経由で簡単に広告・情報データの更新や管理を行う環境を作ることが可能です。
また、クラウドを活用した大規模なコンテンツ配信にも容易に対応できます。
メディアプレイヤーをディスプレイ本体に搭載すれば、外部機器との接続が減り、設置・施工時の手間が軽減されます。

当社は、本開発により高品質で安心してお使いいただけるソリューションを提供するため、ソフト開発会社とパートナーアライアンスを組み、アプリからのディスプレイ機能利用・操作を可能とする技術仕様(API※2)の公開と共同検証を実施する予定です。これにより、ディスプレイの機能拡張・カスタマイズを実現し、公共・商業施設での使用のみならず、ビジネスや教育の現場など多彩なシーンでのニーズにお応えします。

また、本開発品は、3月3日(火)~6日(金)に東京ビッグサイト東1・2ホールで開催されるリテールテックJAPAN 2015(第31回 流通情報システム総合展)の当社ブースにて参考出展を行います。(ブース番号:RT1303)
今後も当社は、新しいディスプレイソリューションの提案など最先端の技術でお客様の多様なニーズにお応えする製品やサービスを提供してまいります。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
TEL:0120-878-410(受付:9時~17時30分)<土・日・祝日は受付のみ>)
<業務用ディスプレイサイト>http://panasonic.biz/prodisplays/
※本開発品は、上記サイトには掲載されておりません。発売中のラインアップをご紹介しています。
  1. ※1 Application Programming Interface。OSなどの汎用的プログラムの機能を、外部プログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式を定めたもの。

* Androidは、Google Inc.の商標です。