プレスリリース

2014年10月9日

お手持ちのスマートフォン(※1)で来訪者の応対が可能(最大4台)

ワイヤレスドアモニター「ドアモニ」VL-SDM310を発売

インターネット接続で、外出先でも携帯端末で来訪者を確認できる(※2)

VL-SDM310

品名 ワイヤレスドアモニター
品番 VL-SDM310
内容 ワイヤレスドアカメラ/モニター親機、各1台のセット
-W(ホワイト)、-T(ブラウン)
本体希望小売価格 オープン価格
発売日 11月21日
月産台数 2,000台

パナソニック株式会社は、お手持ちのスマートフォン(※1)で来訪者の応対ができるワイヤレスドアモニターVL-SDM310を11月21日より発売します。

本製品は、昨今のスマートフォン(※1)の普及に対応したドアモニターです。モニター親機をご家庭の無線LAN環境に接続し、お手持ちのスマートフォン(※1)に専用アプリ「ドアモニ(※3)」をインストールすることで、スマートフォン(※1)を4台まで子機として登録可能です。子機として登録すれば、来訪者の連続画像(静止画)(※4)をスマートフォン(※1)で見て応対することができます。また本製品をインターネットに接続すれば、登録したメールアドレスに来訪者の画像を転送できるので、外出先でもスマートフォン(※1)などで来訪者を確認(※2)できます。さらに、お客様のニーズにお応えし、玄関の呼出音に連動したモニター親機画面の自動表示(※5)を可能にしました。家事や作業中でも、操作なしで来訪者を確認することができます。また、モニター親機の通話ボタンを押せば、ドア前のワイヤレスドアカメラとのハンズフリー通話を可能とし、ボタンを押しながら通話するプレストーク方式のみだった従来機種VL-SDM300から利便性が向上しました。

当社は、本製品を通じて、かんたんホームセーフティーの新しいかたちを提案します。

<主な特長>

  1. お手持ちのスマートフォン(※1)で来訪者の応対が可能(最大4台)
    ・インターネットに接続すれば、外出先ではスマートフォン(※1)などの携帯端末から来訪者の画像(静止画)をメールで確認(※2)
  2. 来訪者をモニターに自動表示(※5)「呼出音連動(チャイムリンク機能)」
    ・インターホンのチャイム音に連動して自動表示(※5)、自動録画
  3. ドアホンのように使える、双方向の「ハンズフリー通話」を採用
  1. ※1:Android™ 4.0 以降を搭載したスマートフォン、または iOS 7.0 以降を搭載したiPhone 4S以降、iPadに対応しています。上記のすべての機器での動作を保証するものではありません。対応のスマートフォンでも、ご使用のスマートフォンや使用環境によって、スピーカーホンでの通話が途切れる、一部の機種で機能の一部が使えないことがあります。当社動作確認済みのスマートフォン、無線LANルーターは下記のサポートサイトで、動作検証が確認でき次第、順次掲載予定です。
    http://panasonic.jp/com/support/doormoni/smp
    ご利用にはご家庭の無線LAN環境での接続および、専用アプリケーション「ドアモニ」のインストールが必要です。アプリは終了させないでください。終了させると来客通知が受けられません。またスマートフォンに自動で来客通知させるには、モニター親機にチャイムリンク設定が必要です。
  2. ※2:インターネットの契約・接続・本機での設定が必要です。ご契約中のプロバイダからの設定書類に沿って、メールサーバーの設定をお客様ご自身でおこなっていただく必要があります。
  3. ※3:「ドアモニ」は、Android 版は Google™ Play 、iOS 版は App Store で提供します。
  4. ※4:約1秒間に1コマの画像を表示します。表示スピードは使用環境によって変化します。
  5. ※5:モニター親機にご自宅のチャイム音をあらかじめ録音して検知機能を設定する必要があります。「ピンポーン」または「ピンポンピンポン」以外のチャイム音は検知できません。チャイム音が鳴る機器と同じ部屋の近くにモニター親機を設置してください(距離の目安 1〜4m、ただし、チャイムの音量やモニター親機の設置場所周辺の騒音または、部屋(壁などのしきり)のレイアウトによって変わります)。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページ http://panasonic.jp/doormoni/SDM310/

【特長】

1. お手持ちのスマートフォン(※1)で来訪者の応対が可能(最大4台)

お手持ちのスマートフォン(※1)に専用アプリ「ドアモニ(※3)」をインストールし、子機としてモニター親機に登録することで、スマートフォン(※1)を4台まで本製品の子機として使えます。来訪者があった場合、ご自宅では、お手元のスマートフォン(※1)で相手の姿を見ながら通話することができます。
また、本製品をインターネットに接続すれば、登録したメールアドレス(最大4件)に来訪者の画像(静止画)をメール通知できます。外出先でもすぐに来訪者を知ることができるので便利です。

2. 来訪者をモニターに自動表示(※5)「呼出音連動(チャイムリンク機能)」

あらかじめご自宅のチャイム音をモニター親機に登録しておけば、来訪者があった時、チャイム音に連動し、玄関の映像がモニター親機に自動表示(※5)されます。家事や作業をしながら、来訪者の顔を確認できるので大変便利です。また、自動録画機能を搭載しており、最大50件(1件につき2枚)保存が可能。外出時、留守中の来訪者を帰宅後に確認することができます。

3. ドアホンのように使える、双方向の「ハンズフリー通話」を採用

ワイヤレスドアカメラとモニター親機にマイクとスピーカーを内蔵しており、ドアの前の来訪者と通話して応対することができます。従来機種VL-SDM300はボタンを押しながらの通話のみが可能でしたが、本製品では操作性が向上し、モニター親機の通話ボタンを一度押すだけで、送話と受話を自動で切り替えて、双方向にハンズフリー通話ができるようになりました。呼出音連動での着信から通話応対操作がドアホンのようにスムーズに使えて大変便利です。

【その他の特長】

●ワイヤレスドアカメラを玄関のドアに掛けて簡単に設置可能(※6)。配線工事も不要

ワイヤレスドアカメラは玄関のドアに掛けて固定するだけなので、簡単に設置できます(※6)。また、ワイヤレスドアカメラとモニター親機とは無線で通信する(※7)ため、面倒な配線工事も不要です。さらに、ワイヤレスドアカメラは取り外しもできるので、引越しする際に次の住居に持って行き、再度設置することも可能です。

  1. ※6:ドアの形状や材質によっては取り付けられない場合があります。
  2. ※7:ワイヤレスドアカメラとモニター親機の間に障害物がない場合、それぞれ約70 m以内の距離で使えますが、建物の構造や周囲環境によっては、電波の届く距離が短くなります。

●お部屋にマッチするコンパクトデザイン & インテリアにあわせて選べるカラー
モニター親機にはお部屋にマッチするコンパクトでスタイリッシュなデザインを採用しました。また、インテリアのイメージにあわせてカラーを選んでいただけます。

尚、パナソニックコンシューマーマーケティング(株)が運営するショッピングサイト「Panasonic Store(http://ec-club.panasonic.jp/mall/open/)」において、本製品のモニター販売を10月9日(木)17時〜10月28日(火)13時まで行います。

【仕様一覧】

■モニター親機

品名 モニター親機
品番 VL-MDM310
電源 AC100 V(50 Hz/60 Hz)
消費電力 待機時:約2 W
動作時:約4 W
外形寸法(mm)
(高さ×幅×奥行)
(突起部除く)
本体:約16.5 × 80 × 120
置き台使用時:
(たて置き)約120 × 80 × 123
(ねかせ置き)約66 × 80 × 123
質量 約200 g
約240 g(置き台含む)
使用環境条件 周囲温度:+5 ℃〜+40 ℃ 湿度:90 %以下
画面表示 約2.8型カラー液晶ディスプレイ
通話方式 音声交互自動切替方式
無線通信方式 ドアカメラとの間:1.9 GHz TDMA-WB
無線ルーターとの間:無線LAN(詳細は下記)
無線LAN 規格:IEEE802.11b/g/n準拠
伝送方式:OFDM方式、DSSS方式
周波数範囲: 2.4 GHz〜2.5 GHz
チャンネル: 1〜13ch
データ転送速度(最大): IEEE802.11b:11 Mbps
IEEE802.11g:54 Mbps
IEEE802.11n:72 Mbps
アクセス方式:インフラストラクチャーモード
セキュリティ:WPA/WPA2
(暗号化方式:TKIP/AES、認証方式:PSK)
WEP(64 bit/ 128 bit)

■ワイヤレスドアカメラ

品名 ワイヤレスドアカメラ
品番 VL-DC855
電源 単3形アルカリ乾電池4本
(または市販の単3形充電式ニッケル水素電池4本)
電池寿命 約6か月(※8)
外形寸法(mm)
(高さ×幅×奥行)
(突起部除く)
無線ユニット(室内)
約140 × 78 × 27
カメラユニット(室外)
約35 × 103 × 42
質量 約330 g(乾電池含む)
使用環境条件
無線ユニット(室内)
周囲温度:0 ℃ 〜 +40 ℃ 湿度:90 %以下
カメラユニット(室外)
周囲温度:-10 ℃ 〜 +50 ℃ 湿度:90 %以下
最大画角 水平:約91 °、垂直:約69 °
取付方法 ドア挟み込み
無線通信方式 1.9 GHz TDMA-WB
使用可能距離 約70 m
(モニター親機との見通し距離)
最低被写体照度 3ルクス以上
防水性 カメラユニットのみIPX3(※9)相当
  1. ※8:下記の条件で使用した場合の目安です。
    • パナソニック製の以下の新品電池を使用
      -単3形アルカリ乾電池(使用推奨期限内)
      -単3形充電式エボルタハイエンドモデル(満充電時)
      -単3形エネループハイエンドモデル(満充電時)
    • 「カメラ電池セーブ」を「標準」に設定
    • 室内20 ℃で1日5回、1回につき約20秒映像を表示
  2. ※9:鉛直から両側に60°までの角度で噴霧した水によっても有害な影響をおよぼさないレベル
  • iPhone、iPad はApple Inc.の商標です。
  • App Store はApple Inc.のサービスマークです。
  • Android 、Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。

以上