プレスリリース

2014年9月30日

CEATEC JAPAN 2014 パナソニックブースの展示概要

パナソニック株式会社は、10月7日(火)から11日(土)まで幕張メッセ(千葉県千葉市)にて開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」に出展します。

今年のパナソニックブースは、「A Better Life, A Better World」をテーマに、BtoCからBtoBに幅広く展開する「4K WORLD」を中心に、さらに、オーディオ専用ブランドとして復活する「Technics」も加え、パナソニックが実現する「驚き」と「感動」に溢れたくらしを提案します。

【主な出展内容】

■プレゼンテーションステージ

・「見る」、「撮る」、「残す」と楽しみ方が拡がる「4Kコンシューマープロダクツ」と、ビジネスの領域まで拡大する「4Kビジネスソリューションズ」により、更に拡がった「4K WORLD」が日々のくらしからビジネスシーンまで、様々なフィールドを革新していく姿を具体的に紹介します。

■展示コーナー

4Kコンシューマープロダクツ

・40V型から85V型まで、多様なサイズとシリーズで幅広く展開する「4K対応ビエラ」をはじめ、様々なニーズ、撮影シーンに対応する多様な「4K動画対応ルミックス/ムービー」、4Kで撮影した動画・写真をハードディスクに保存して、再生できる「4K対応ディーガ」などを紹介します。

・また、高精細な4K動画で捉えた決定的な瞬間を約800万画素の静止画として切り出せる「4K PHOTO」など、新たな撮影スタイルを提案します。

4Kビジネスソリューションズ

・プロの4K撮影に貢献する4Kカメラ/レコーダー「VARICAM35」に加え、4Kの持つ質感・臨場感のある高精細画質により、ビジネスの世界を革新する4Kタブレット「TOUGHPAD 4K」、来るべきケーブルテレビの4K化にいち早く対応した「4K対応RF/IPハイブリッドセットトップボックス」(参考出品)、高画質だけでなく、強い外光下でもスムーズなタッチで複数人での同時使用が可能な「4K大型タッチパネルディスプレイ」(参考出品)など、ビジネスの領域においても貢献する4Kの姿を紹介します。

テクニクス

・当社伝統の「音響テクノロジー」と先進の「デジタル技術」の融合で、音・音楽の感動を創出する新生「Technics」のハイファイオーディオシステム新製品2シリーズ、最高レベルの音楽の感動を届けるリファレンスシステム「R1シリーズ」と、音楽を愛するユーザーの願いを叶えるプレミアムシステム「C700シリーズ」を展示します。

・ブランドの思想やコンセプト、歴史や要素技術を紹介し、リスニングルームでは、よりリアリティのある高品位な音表現で、かつてない「驚き」と「感動」をお届けします。

※なお、出展内容等は一部変更になる場合もあります。予めご了承ください。