プレスリリース

2014年9月29日

【変更 2014年12月10日】
【主な仕様】内
外形寸法 高さ118mmを高さ120mmに変更

ネットワークオーディオコントロールプレーヤー SU-R1を発売

SU-R1

品名 ネットワークオーディオコントロールプレーヤー
品番 SU-R1
-S(シルバー)
希望小売価格(税抜) 838,000円
発売日 2015年2月
月産台数 受注生産

パナソニック株式会社は、長年のデジタル再生技術ノウハウと最先端の信号処理技術により、ノイズを極小化させ静粛性を究めた、ネットワークオーディオコントロールプレーヤー SU-R1を2015年2月より発売します。

本製品は、微小信号の再現性に優れた「Technics Digital Link」を新開発いたしました。また、透明度の高いサウンドを実現する「Digital Noise Isolation Architecture」を搭載しております。

当社は本製品を、音にこだわるハイエンドオーディオユーザーに提案してまいります。

<主な特長>

  1. プリ・パワー間の理想的な信号伝送を行う「Technics Digital Link」を搭載
  2. 各インターフェースラインのジッター対策・ノイズ遮断を徹底し、透明度の高いサウンドを実現する
    「Digital Noise Isolation Architecture」を搭載
  3. ローノイズでレギュレーション特性に優れたRコアトランスを、
    アナログとデジタルそれぞれ専用に搭載し、高音質再生を実現する
    「Separated Analog/Digital Power Supply」を開発

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページURL jp.technics.com

<特長>

1. プリ・パワー間の理想的な信号伝送を行う「Technics Digital Link」を搭載

“ハイレゾリューションの音源を妥協なく再生するためのアンプ構成はどうあるべきか”を追求した結果、“微小信号を扱うネットワークオーディオプレーヤーとプリアンプを同一筐体に構成しシグナルパスの最短化を図り(SU-R1)”、かつ“高周波・大電流を扱うパワーアンプは別筐体とする(SE-R1)ことにより、微小信号へのノイズ混入を最小限に抑える”という結論に至りました。プリアンプには、ユーザーが求める音量に正確に調整し、パワーアンプに伝送する重要な役割がありますが、デジタルの音量調整ではビット落ち等の振幅精度の劣化、また伝送ではジッター成分の混入という音質劣化要因が存在します。そこで今回、プリアンプでは実際の音量調整は行わずに音声信号とともに音量調整情報をパワーアンプに伝送し、パワーアンプのジッター削減回路で伝送におけるジッターの影響を削減したのち、PWM変換の直前で音量調整を行う、新たな信号伝送インターフェースTechnics Digital Linkを開発しました。このインターフェースでは、オーディオ信号は最大384kHz/32bitまでサポートし、かつLR独立に伝送することでチャンネル間の影響を排除しています。このインターフェースにより、プリアンプ・パワーアンプ間の伝送における振幅精度の劣化を最小限にする理想的なアンプ構成となり、セパレーションが高く微小信号の再現性に優れた再生を実現します。

2. 各インターフェースラインのジッター対策・ノイズ遮断を徹底し、透明度の高いサウンドを実現する
「Digital Noise Isolation Architecture」を搭載

ネットワークオーディオプレーヤーは、NAS、PC、USBメモリ、デジタルインターフェースなどからデジタルコンテンツを取り込みますが、デジタルコンテンツを格納するメディアの多くは、パソコン用途で開発されたものであるため、ピュアオーディオで要求されるローノイズ性が考慮されていません。そこで、これらとのインターフェースラインにはアイソレーションを行い、外部からのノイズが混入しづらい構成をとることに加え、ジッター対策としてジッターリムーバーを採用。透明度の高い安定したサウンドを実現しました。LAN入力に対しては、コモンモードフィルター、デジタルインターフェースに対してはパルストランスを採用し、外部からのノイズ混入を遮断しています。さらに、USB入力には、低誘電損失、高耐圧、温度安定性などの特性に優れた高品質ルビーマイカを使用したコンデンサーと、磁気歪みに強い非磁性カーボンフィルム抵抗によるパワーコンディショナーを搭載し、USB電源ラインからのノイズ混入を低減することで、より高音質な再生を実現しました。

3. ローノイズでレギュレーション特性に優れたRコアトランスを、
アナログとデジタルそれぞれ専用に搭載し、高音質再生を実現する
「Separated Analog/Digital Power Supply」を開発

電源部もまた、高音質再生には重要な要素です。ローノイズでレギュレーション特性に優れたRコアトランスを、アナログ・デジタルそれぞれ専用に搭載し、電源を独立させることで、デジタルノイズのアナログ回路への混入を防ぎました。さらに、大電流型ショットキー・バリア・ダイオード、部品メーカーとの共同開発による電解コンデンサーによる整流回路、安定化電源の組み合わせにより電源のローノイズ化を実現しています。

【主な仕様】

品番 SU-R1
アナログ入力端子 ラインx2
デジタル入力端子 AES/EBUデジタルx1、同軸デジタルx3、光デジタルx1、USB-A、USB-B
アナログ出力端子 RCAアンバランスx1、XLRバランスx1
デジタル出力端子 Technics Digital Linkx1、AES/EBUデジタルx1、同軸デジタルx1、光デジタルx1
ヘッドホン出力 1
ネットワーク端子 LAN(100Base-TX/10Base-T)
電源 AC100V(50Hz/60Hz)
外形寸法 W480 x H120 x D391mm
質量 約17kg

以上