プレスリリース

2014年7月24日

DCモーター採用で適湿までの到達時間が約26%短縮※1

加湿機 FE-KXK05/07を発売

コンパクト化と低騒音化を実現

FE-KXK05
FE-KXK05

品名 加湿機
品番 FE-KXK05 FE-KXK07
希望小売価格 オープン価格
発売日 9月1日
月産台数 10,000台

パナソニック株式会社は、DCモーター採用により、適湿までの到達時間を約26%短縮(FE-KXK05)※1する「お急ぎモード」を搭載し、本体背面を壁にピッタリ付けて置ける薄型ボディを実現した、加湿機FE-KXK05/07の2機種を9月1日より発売します。

電気暖房の普及や24時間換気により、冬場の室内乾燥対策として本格的な加湿機能を求める方が増えています。昨今では、加湿性能の高さやメンテナンスのしやすさに加え、リビングや寝室に設置しやすい「コンパクト設計」、生活の妨げにならない「静かな運転音」が求められています。

本製品は、DCモーターで小径ファンを高速回転させる「お急ぎモード」において、加湿量をアップし適湿までの到達時間を約26%短縮(FE-KXK05)※1します。さらに、ファンの小型化により、従来品に比べ奥行寸法を約19%※2カットした薄型ボディを実現しました。少ない電力で大きな出力を得られるDCモーターの特性を活かし、消費電力を従来品比で約38%削減(FE-KXK05)※3し、独自※4の静音化技術により運転音31dB※5を実現しました。

当社は本製品により、快適な室内環境づくりを提案します。

<特長>

1. DCモーター採用で適湿までの到達時間を約26%短縮※1(FE-KXK05)

2. リビングや寝室に設置しやすい「コンパクト設計」
・本体奥行きを約19%カット※2、本体背面を壁にピッタリ付けて置ける

3. 独自※4の静音化技術で運転音を低減(FE-KXK05)
・連続運転「強モード」31dB※5 (ご参考:図書館内の騒音値目安は40dB)※6

  1. ※1:FE-KXK05「お急ぎ」:30分と運転「強」:41分との比較
    FE-KXK07「お急ぎ」:29分と運転「強」:37分との比較では約21%短縮 当社独自条件の計算による「お急ぎ」は約30分間運転後に、前の運転モードに戻ります
  2. ※2:2013年発売FE-KXJシリーズと2014年発売FE-KXKシリーズ(背面凸部10mm除く)との比較
  3. ※3:2013年発売FE-KXJ05運転「強」:13Wと2014年発売FE-KXK05運転「強」:8Wとの比較
    2013年発売FE-KXJ07運転「強」:25Wと2014年発売FE-KXK07運転「強」:13Wとの比較では約48%削減
  4. ※4:2014年7月24日現在
  5. ※5:FE-KXK05運転「強」時。FE-KXK07運転「強」時は39dB
  6. ※6:騒音規制法の解説(環境庁大気保全局編)より

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
ホームページURL:http://panasonic.jp/kashitsu/

【商品特長】

1. DCモーター採用で適湿までの到達時間を約26%短縮※1(FE-KXK05)

「お急ぎモード」時は、30分間ファンの回転数を従来品比の約1.6倍※7に上げて加湿量をアップし、適湿までの到達時間を運転「強」に比べ、約26%短縮※1します。
ヒーターを搭載した当社従来ハイブリッド式と同等の※8ハイパワー加湿を実現しました。
また消費電力も運転「強」時8Wで、従来品に比べ約38%低減し※3、低消費電力化しています。

2. リビングや寝室に設置しやすい「コンパクト設計」

高速回転が可能なDCモーターの特長を活かし、加湿性能は従来同等を維持したまま、ファンの小型化を実現。本体奥行きを約19%カット※2しました。
さらに、過加湿と結露がしにくい気化式加湿の採用で、本体背面を壁にピッタリ付けて設置できます。

3. 独自※4の静音化技術で運転音を低減(FE-KXK05)

消音技術と風路改善により、運転「強」でも31dB※5を実現しました。

(ご参考:図書館内の騒音値目安は40dB※6)

【その他の特長】

●フロントパネル&透明パネルの二重構成により、水の透明感やゆらぎを表現した新デザイン

●加湿+「ナノイー」でうるおい効果約2倍、うるおいスピード約3倍※9

●運転停止中も「ナノイー」で清潔に「フィルター清潔モード」

●右利きも左利きもしっかり握れるハンドル&前後どちら向きでも挿入できる「どっちでもタンク」

●凹凸が少なく洗いやすい「フラットトレー」

●10年交換不要押し洗いできて汚れがしっかり落とせるフュージョン素材採用「長寿命加湿フィルター」
「フュージョン素材」採用の加湿フィルターは、旭化成せんい株式会社との共同開発により完成した、当社独自のフィルターです。

【需要動向】

(当社調べ)
年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度見通し
加湿機総需要 206万台 191万台 178万台 192万台

【仕様一覧】

品番 FE-KXK05 FE-KXK07
-W ミスティホワイト -W ミスティホワイト
加湿方式 気化式 気化式
適用床面積
(プレハブ洋室/木造和室)
〜14畳(23m²)/〜8.5畳(14m²) 〜19畳(32m²)/〜12畳(20m²)
定格加湿能力※10(mL/h) (強) 500 (強) 700
運転モード お急ぎ お急ぎ
加湿能力※10(mL/h) 600 500 420 330 800 700 500 330
消費電力(W) 10 8 6.5 5.5 18 13 8 5.5
運転音(dB) 36 31 26 22 44 39 31 22
タンク容量(L) 約4.2 約4.2
本体外形寸法
(高さ×幅×奥行き:mm)
375×375×186(+背面凸部10) 375×375×186(+背面凸部10)
本体質量(タンク空時:kg) 約5.2 約5.2
  1. ※7:2013年発売FE-KXJ05運転「強」:1,090rpmと2014年発売FE-KXK05運転「お急ぎ」:1,770rpmとの比較
    2013年発売FE-KXJ07運転「強」:1,400rpmと2014年発売FE-KXK07運転「お急ぎ」:2,300rpmとの比較では、約1.6倍
  2. ※8:適湿までの到達時間比較。2010年発売FE-KXF05「パワフル」:35分 2014年発売FE-KXK05「お急ぎ」:30分。
    2010年発売FE-KXF07「パワフル」:31分、2014年発売FE-KXK07「お急ぎ」:29分。当社独自条件の計算による
  3. ※9:【試験機関】パナソニック株式会社解析センター【試験方法】9畳試験室にて、FE-KXK05相当試験機を60分間運転
    15分経過毎に頬の角質水分量を測定。【試験結果】うるおい効果は30分運転後の変化量が、ナノイー停止時:25.4μSとナノイー運転時:50μSを比較して約2倍、うるおいスピードは変化量25μSまでの到達時間が、ナノイー停止時:30分とナノイー運転時:10分を比較して約3倍
    管理番号D01-071211F-01
  4. ★加湿フィルター交換の目安は定格加湿能力に対し、加湿能力が50%に落ちるまでの期間。1日8時間運転に基づき、当社で算出。ご使用状況によっては寿命が短くなることがあります。定期的にフィルターのお手入れが必要です
  5. ※10:加湿能力は日本電機工業会規格(JEM1426)に基づき、室温20℃ 湿度30%時です

以上