プレスリリース

2014年7月23日

大容量ニーズに応えた2斤タイプ

ホームベーカリー SD-BMT2000を発売

業界最大容量 もちが1升作れる「もち」コース搭載
*2014年7月23日現在 日本国内ホームベーカリーにおいて

SD-BMT2000
SD-BMT2000

品名 ホームベーカリー
品番 SD-BMT2000
タイプ 2斤〜1.5斤タイプ
希望小売価格 オープン価格
発売日 9月20日
月産台数 2,000台

パナソニック株式会社は、27年ぶりの2斤タイプの新製品として、食パン最大2斤、もち最大1升が作れるホームベーカリー「SD-BMT2000」を9月20日より発売します。

当社調査によると、ホームベーカリーで一回に1.5斤以上のパンを作りたい方が約25%※1と、大容量タイプへのニーズがあることがわかりました。
本製品は、食パン2斤はもちろん、特に「もち」コースでは、もち米を高いヒーター出力で加熱しながらゆっくりと混ぜ、強力なモーターで「もち」をつくことで、ホームベーカリーとして業界最大容量の1升のもちが約90分※2で作れます(2014年7月23日現在)。

加えて、1斤タイプ(SD-BMT1000)同様、高速から低速まで「ねり」工程の速度を自在に変えられるインバーターモーターの搭載により、「もちもち」から「ふんわり」まで3種の食感と味わいが選べる「パン・ド・ミ」コースや時短ニーズに対応した「80分パン」コース(2斤)など、パンのメニューが広がりました。

当社は、2斤の食パンから1升のもちまで幅広いメニューが作れる本製品で、大容量タイプへのニーズに対応します。

<特長>

  1. 食パン最大2斤、もち最大1升で大容量ニーズに対応
  2. インバーターモーター搭載で、「パン・ド・ミ」を3種の食感に焼き分ける
    ・中がもちもちしっとり食感の「もちもちパン・ド・ミ」コース
    ・中がふんわりソフトな食感の「ふんわりパン・ド・ミ」コース
  3. 2斤のパンが約80分で作れる時短メニュー「80分パン」コース
  1. ※1:当社調べ、2012年3月実施、「調理器具に関するアンケート」N=870
  2. ※2:下準備の洗米と水切り30分は除く

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
ホームページURL:http://panasonic.jp/bakery/

【特長】

1. 食パン最大2斤、もち最大1升で大容量ニーズに対応

本製品は、大容量タイプへのニーズに対応し、1.5斤〜2斤の食パン、6合〜1升のもちを作ることができます。
1升のもちはホームベーカリーとして業界最大容量ながら約90分※2で作れます(2014年7月23日現在)。「加熱」工程では、従来品※3より高いヒーター出力で加熱しながら、低速回転が可能なインバーターモーターでもち米をゆっくりと混ぜることで、均一な「炊き混ぜ」を実現しました。また、従来品※3より強力なモーターを採用することで、「つき」工程では1升のもちでもしっかりとつけるようになりました。

2. インバーターモーター搭載で、「パン・ド・ミ」を3種の食感に焼き分ける

本製品は回転速度を自在に変えられるインバーターモーターを搭載。メニューに応じて高速でしっかりとした強い生地を作る、低速でまんべんなく生地をまとめる、など「ねり」の速度を巧みに変える“達人ねり”を実現し、作れるパンのメニューが広がりました。

■3種の食感・味わいが選べる「パン・ド・ミ」

本製品は、1斤タイプで好評の「パン・ド・ミ」コースを搭載。少ないイースト量※4でゆっくり発酵させて作るため、小麦の風味が引き立つパンに焼きあがります。さらに、インバーターモーターを生かした独自の調理プログラムとレシピを開発することで、「もちもち」から「ふんわり」まで3種の食感が選べます。「もちもち」は中がもちもちしっとりとした食感、「ふんわり」は中がふんわりソフトな食感です。

■「もちもちパン・ド・ミ」コースの特長

製法・レシピ

独自の「湯だね製法」*を開発。水分量が多い配合※5で、もちもちしっとりとした食感を実現。

工程

「前ねり」では、低速で粉と水を混ぜ合わせた後、段階的に速度を上げながら長めにねる。
「後ねり」では高速で水分量の多い※5生地をしっかりまとめる。

 

■「ふんわりパン・ド・ミ」コースの特長

レシピ

薄力粉を配合し、ふんわりソフトな食感を実現。砂糖やバターが多めの甘みのある味わいが特長。

工程

「前ねり」では、低速で粉と水を混ぜ合わせた後、速度を抑えながら生地をさっくりと混ぜる。
「ねかし」は長めにすることで、粉と水をゆっくりなじませグルテン**を程よく生成する。

*独自の「湯だね製法」・・・強力粉と水をあわせて電子レンジで加熱した「湯だねペースト」を生地に混ぜ込む製法。糊化したでんぷんが生地に粘りを出し、水分をグルテン内に閉じ込めるため、通常の「パン・ド・ミ」より水分が多く加えられる。

**グルテン・・・小麦粉に水を加えて練ることによって、小麦粉の中のたんぱく質が結合したもの。パンを膨らませる作用がある。

  1. ※3:当社従来品SD-BMS151 (2010年)
  2. ※4:「食パン」コース(2斤)のイースト量4.9gと「パン・ド・ミ」コース(2斤)のイースト量2.8gの比較
  3. ※5:「パン・ド・ミ」コース(2斤)の水分量340g(ml)と「もちもちパン・ド・ミ」コース(2斤)の水分量360g(ml)の比較

3. 2斤のパンが約80分で作れる時短メニュー「80分パン」コース

【80分パンコースの工程】インバーターモーター搭載により高速で生地をねることが可能となり、ねり時間の短縮※6を実現しました。生地を温めながら高速でねり上げ、高温で発酵と焼き上げを行うことで、2斤でも約80分の短時間でほのかな甘みのあるしっとりしたパンを作ることができます。

*通常の「食パン」コースに比べ、焼き上がりのパンのふくらみは小さくなります。

【その他の特長】

●イースト自動投入・室温に応じた製パンプログラムで、ふっくら焼き上げを実現
●ドライフルーツは最大150g、ナッツ類は最大120gまで自動投入 「レーズン・ナッツ自動投入」
●うどんやパスタ生地が手軽に作れる

【需要動向】

年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度見通し
総需要 79万台 57万台 36万台 30万台
(当社調べ)

【仕様一覧】

品番 SD-BMT2000
斤数 2斤〜1.5斤
メニュー数 40メニュー
もち米の量 840〜1,400 g(約6合〜1升)
消費電力 760 W
大きさ(幅x奥行x高さ)(約) 25.6 × 38.9 × 38.2cm
質量(電池含む)(約) 6.9kg
-W(ホワイト)
  1. ※6:「早焼き食パン」コースのねり時間30分と「80分パン」コースのねり時間13分(20℃環境下において)の比較

以上