プレスリリース

2014年7月23日

メニューに合わせて生地のねり方を自在に変えるインバーターモーター搭載

ホームベーカリー SD-BMT1000を発売

食感が選べる「パン・ド・ミ」から時短メニューまで、メニューのバリエーション広がる

SD-BMT1000
SD-BMT1000

品名 ホームベーカリー
品番 SD-BMT1000
タイプ 1斤タイプ
希望小売価格 オープン価格
発売日 9月20日
月産台数 6,000台

パナソニック株式会社は、インバーターモーター搭載により「ねり」性能を向上することで、好みにあわせて食感が選べる「パン・ド・ミ」コースと時短メニューの「60分パン」コースが新たに加わったホームベーカリー「SD-BMT1000」を9月20日より発売します。

昨今、素材や味などに様々な特徴を持つ食パンが販売されており、パンの選択肢が広がっています。その中でも、当社はパンの食感と味のバリエーションに着目し、生地の「ねり方」にこだわった新製品を開発しました。

本製品は、インバーターモーター搭載で、「ねり」工程の速度を自在に変えられるようになりました。高速から低速までねり方を変えることでメニューに適した生地を作ることができ、食感が異なるパンや時短メニューなど、パンのメニューが広がりました。
小麦の香りが楽しめると好評のプレミアム食パン「パン・ド・ミ」コースは、新たに「もちもちパン・ド・ミ」、「ふんわりパン・ド・ミ」コースを加え、3種類の食感・味わいを選べるようになりました。さらに、時短ニーズに対応し、業界で初めて※1「60分パン」コースを搭載しました。加えて、コーヒーや抹茶などをマーブル模様に混ぜ込める「マーブルパン」コースを搭載し、アレンジの楽しみも広がります。

当社は、食感が選べるプレミアム食パン「パン・ド・ミ」から時短メニューまで幅広く作れる本製品で、多様化するパンへのニーズに対応します。

<特長>

  1. インバーターモーター搭載で、「パン・ド・ミ」を3種の食感に焼き分ける
    ・中がもちもちしっとり食感の「もちもちパン・ド・ミ」コース
    ・中がふんわりソフトな食感の「ふんわりパン・ド・ミ」コース
  2. 業界初※1の時短メニュー「60分パン」コース
  3. 成形作業の手間なく簡単にマーブル模様が作れる「マーブルパン」コース
  1. ※1:2014年7月23日現在。日本国内ホームベーカリーのドライイーストを使用したパンのコースにおいて、調理工程(=本体稼動時間)が約60分

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
ホームページURL:http://panasonic.jp/bakery/

【特長】

1. インバーターモーター搭載で、「パン・ド・ミ」を3種の食感に焼き分ける

本製品は回転速度を自在に変えられるインバーターモーターを搭載。メニューに応じて高速でしっかりとした強い生地を作る、低速でまんべんなく生地をまとめる、など「ねり」の速度を巧みに変える“達人ねり”を実現し、作れるパンのメニューが広がりました。

■3種の食感・味わいが選べる「パン・ド・ミ」

小麦の風味引き立つプレミアム食パン「パン・ド・ミ」コースは、インバーターモーターを生かした独自の調理プログラムとレシピを開発することで、新たに「もちもち」と「ふんわり」の食感を選べるようになりました。「もちもち」は中がもちもちしっとりとした食感、「ふんわり」は中がふんわりソフトな食感です。

■「もちもちパン・ド・ミ」コースの特長

製法・レシピ

独自の「湯だね製法」*を開発。水分量が多い配合※2で、もちもちしっとりとした食感を実現。

工程

「前ねり」では、低速で粉と水を混ぜ合わせた後、段階的に速度を上げながら長めにねる。
「後ねり」では高速で水分量の多い※2生地をしっかりまとめる。

 

■「ふんわりパン・ド・ミ」コースの特長

レシピ

薄力粉を配合し、ふんわりソフトな食感を実現。
砂糖やバターが多めの甘みのある味わいが特長。

工程

「前ねり」では、低速で粉と水を混ぜ合わせた後、速度を抑えながら生地をさっくりと混ぜる。
「ねかし」は長めにすることで、粉と水をゆっくりなじませグルテン**を程よく生成する。

*独自の「湯だね製法」・・・強力粉と水をあわせて電子レンジで加熱した「湯だねペースト」を生地に混ぜ込む製法。糊化したでんぷんが生地に粘りを出し、水分をグルテン内に閉じ込めるため、通常の「パン・ド・ミ」より水分が多く加えられる。

**グルテン・・・小麦粉に水を加えて練ることによって、小麦粉の中のたんぱく質が結合したもの。パンを膨らませる作用がある。

2. 業界初※1の時短メニュー「60分パン」コース

■「60分パン」コースの工程(イメージ図)

インバーターモーター搭載により高速で生地をねることが可能となり、ねり時間の短縮※3を実現しました。生地を温めながら高速でねり上げ、高温で発酵と焼き上げを行うことで、約60分の短時間でほのかな甘みのあるしっとりしたパンを作ることができます。

*通常の「食パン」コースに比べ、焼き上がりのパンのふくらみは小さくなります。

  1. ※2:「パン・ド・ミ」コースの水分量190g(ml)と「もちもちパン・ド・ミ」コースの水分量200g(ml)の比較
  2. ※3:「早焼き食パン」コースのねり時間35分と「60分パン」コースのねり時間8分(20℃環境下において)の比較

3. 成形作業の手間なく簡単にマーブル模様が作れる「マーブルパン」コース

【マーブルパン】従来※4のモーターは回転速度の調整ができないため、マーブル模様を作るためには生地を途中で取り出して手作業で模様を作る成形作業が必要でした。本製品では、あらかじめ用意したペースト(コーヒー、抹茶、ココア等)を途中でふたを開けて投入するだけで、インバーターモーターの低速ねりでゆっくりとマーブル模様に自動で混ぜ込むことができ、成形作業の手間がかからず簡単にマーブルパンが作れます。

【その他の特長】

●イースト自動投入・室温に応じた製パンプログラムで、ふっくら焼き上げを実現

●具材を最大100gまで自動投入「レーズン・ナッツ自動投入」

●うどんやパスタ生地が手軽に作れる

【需要動向】

年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度見通し
総需要 79万台 57万台 36万台 30万台
(当社調べ)

【仕様一覧】

品番 SD-BMT1000
斤数 1斤
メニュー数 34メニュー
もち米の量 280〜420 g(約2〜3合)
消費電力 430 W
大きさ(幅x奥行x高さ)(約) 24.1 × 30.4 × 34.7 cm
質量(電池含む)(約) 5.6 kg
-T (ブラウン)

以上