プレスリリース

2014年2月14日

A型ラジオマイク新周波数に対応

RAMSAシリーズ 1.2 GHz帯 A型デジタルワイヤレスマイクシステムを発売

幅広い用途に応える充実のラインアップ

品名 デジタルワイヤレスマイク
品番 WX-DT110-K/WX-DT110-S
(ダイナミック型)
WX-DT120-S
(コンデンサー型)
WX-DT130
(2ピース型)
本体希望小売価格 各430,000円(税抜) 460,000円(税抜) 420,000円(税抜)
発売日 2014年3月
品名 デジタルワイヤレス受信機(2波用)
品番 WX-DR110(スロットイン型) WX-DR130(ポータブル型) WX-DR120(据置型)
本体希望小売価格 500,000円(税抜) 900,000円(税抜) 780,000円(税抜)
発売日 2014年3月
品名 デジタルワイヤレスアンテナ デジタルワイヤレス混合分配器
品番 WX-DA110 WX-DD110
本体希望小売価格 120,000円(税抜) 300,000円(税抜)
発売日 2014年3月

パナソニック システムネットワークス株式会社(代表者 高木俊幸)は、A型ラジオマイクの新周波数に対応したRAMSAシリーズの1.2 GHz帯 A型デジタルワイヤレスマイクシステムを2014年3月より発売します。
デジタルワイヤレスマイクシステムは、アナログ方式に比べ妨害波や混信に対して強い伝送方式であり、多チャンネルシステムプランの構築が可能です。さらに、秘匿性を有した伝送が行えるので音声の情報漏えい対策にも効果があります。また、1.2 GHz帯は、利用地域や屋内外といった使用環境での周波数チャンネルプランの制約を受けにくい周波数帯です。
新製品1.2 GHz帯A型デジタルワイヤレスマイクシステムは、当社がRAMSAシリーズで従来から培ってきたワイヤレスマイク技術をベースに、デジタル方式でありながら低遅延設計と多チャンネル運用を実現します。
設備用途(固定設置・移動)や屋内外等、幅広い運用に対応できるラインアップを発売いたします。

  1. ※A型ワイヤレスマイクは総務省の陸上移動無線局の免許が必要な無線局です。

【主な特長】

  1. 特定ラジオマイクの新しい周波数帯に1.2GHz帯を採用
  2. さまざまな用途・運用に応える送・受信機を一挙にラインアップ
  3. 多チャンネルシステム運用と低遅延化(約1.1msec)を実現
  4. 新開発周波数スキャン機能搭載と耐混信伝送設計

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話: フリーダイヤル 0120-878-410(受付:9時〜17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)
製品ホームページURL:http://panasonic.biz/it/ramsa/wirelessmic/dwm/

【主な特長】

1. 特定ラジオマイクの新しい周波数帯に1.2GHz帯を採用

新製品の周波数帯は、特定ラジオマイク用として新たに制定された1.2GHz帯を採用しています。1.2GHz帯は、周辺環境による利用可能な周波数制限がなく、また、近隣のテレビアンテナへの混入の心配もないなど、使用する場所や環境の影響を受けにくい帯域です。このため運用者は使用時の制約を意識せずに、安心してチャンネルプランを構築することができます。

2. さまざまな用途・運用に応える送・受信機を一挙にラインアップ

多チャンネル・高機能の据置型受信機から、ENGカメラに対応したスロットイン型やポータブル型を取り揃えた移動用受信機、また、ダイナミックマイクやコンデンサーマイクを搭載したハンド型や、仕込み用として利用できる2ピース型の送信機など、充実のラインアップにより多用途な活用に対応します。

3. 多チャンネルシステム運用と低遅延化(約1.1msec)を実現

デジタル方式ならではの多チャンネルプラン運用に加えて、送信機(入力)〜受信機(出力)までのトータル遅延時間 約1.1msecを実現(低遅延モード時)しました。多チャンネルシステム運用や低遅延が求められる放送局やライブイベント、また、劇場・ホールなど、現場の高い要求に応える仕様になっています。

4. 新開発周波数スキャン機能搭載と耐混信伝送設計

デジタルワイヤレス受信機WX-DR110(スロットイン型)およびWX-DR130(ポータブル型)には、新開発の周波数スキャン機能を搭載しています。この機能は、リアルタイムスキャンとマックスホールドスキャンの2つのモードがあり、屋外や移動時の使用環境における外来電波(妨害波)を事前に確認して、外来電波の影響や混信を未然に回避することに役立ちます。また、当社独自の耐混信伝送設計(多チャンネルモード時)により、瞬間的なパルス性妨害波による音切れやノイズを抑制します。

5. 受信安定度の高い4系統ダイバシティ方式を採用

据置型のデジタルワイヤレス受信機WX-DR120には、4系統ダイバシティ方式(アンテナA〜D)を採用。これにより、1.2GHz帯でも安定した受信を可能とします。また、当社が培ってきたダウンコンバーター方式を継承しており、同軸ケーブルによる距離減衰の低減や、既設の同軸ケーブルを利用することも可能です。

以上