プレスリリース

2014年2月12日

展示コンセプトは 「SLIDING NATURE」

世界最大級のデザイン見本市「ミラノサローネ2014」に出展

住環境と自然が融合した、呼吸する家を表現

展示イメージ
【展示イメージ】

パナソニック株式会社は、日本での住宅建材・設備や電設資材分野で業界をリードする強みを生かし、先進的デザインや次世代の暮らしのあり方を提案する活動として、2008年からミラノサローネに当社の住宅関連製品を用いて、空間プレゼンテーションを行ってきました。7年連続出展となる今年は、「SLIDING NATURE」をコンセプトとして、住環境と自然が呼応する空間を大型引戸とLED照明を用いて表現します。会場展示の構成を手掛けるのは、建築、インスタレーション、インテリアなどの幅広い分野で活躍するトラフ建築設計事務所です。
パナソニックは本展示会の出展を通して、当社ならではの最新の技術と日本古来の住文化(知恵)を融合させた自然と共生する新たな空間価値をグローバルに発信します。また、隣接会場では、ビジネスユーザー(B2B顧客)向けにキッチン部材などに関する展示を行います。

■展示コンセプト「SLIDING NATURE」について
日本の住宅は、古来より「ふすま」や「障子」などの引戸を活用して、心地よい風を通し、柔らかな日の光を導き、また、景色を楽しむなど、自然がもたらす恩恵を上手に取り込んできました。
パナソニックは、省エネ家電製品に加え、太陽光発電パネル、蓄電池などの住宅設備機器を活用した「アクティブ」エネルギーマネジメント(以下、「アクティブ」エネマネ)と、住宅の躯体(構造体)や断熱材などを活用して、自然の恵みを効率的にコントロールする「パッシブ」エネルギーマネジメント(以下、「パッシブ」エネマネ)を組み合わせたエネルギーマネジメント事業を展開しています。

今回の展示では、心地よい風や光といった自然の恩恵に対しては空間を開き、暑さや寒さなどに対しては空間を閉じるという「パッシブ」エネマネのコンセプトに基づく「引戸」と、暮らし方に合わせた光の演出により空間価値の向上と省エネ化を同時に実現する「アクティブ」エネマネの構成要素「LED照明」を組み合わせ、住まいや人の暮らしと自然との新しい関係性を「SLIDING NATURE」として提案します。

展示コンセプト SLIDING NATURE
会期 2014年4月7日(月)〜13日(日) 9:00〜24:00
会場 INTERNI:FEEDING NEW IDEAS FOR THE CITY
Università degli Studi di Milano:Cortile Farmacia
ミラノ大学内 コルティーレ・ファルマチア
(via Festa del Perdono, 7 - Milano) 会場スペース:約1,000m2
会場構成 トラフ建築設計事務所
展示構成アイテム 建材(引戸)、LED照明、配線器具(スイッチ)ほか
ミラノサローネ特設サイト http://panasonic.net/milanosalone

【お問い合わせ先】

エコソリューションズ社代表 宣伝・広報グループ グローバル企画チーム
電話番号: 06-6908-1131(受付8:45〜17:30)
ミラノサローネ特設サイトURL:http://panasonic.net/milanosalone

≪ご参考≫

■トラフ建築設計事務所による「SLIDING NATURE」への思い
ミラノ大学の中庭に出現する家型のオブジェクトの壁面は、引戸のみで構成され、開放すれば囲い込んでいた領域は消え去り、周囲の環境に同化します。扉という域を超えた、外壁の機能も担う引戸による空間で、ダイナミックに自然との新しい関係性を築く、呼吸する家を考えました。

重厚な西洋建築とコントラストを成すように、真っ白い抽象的な表情の引戸がゆっくりと横断します。その引戸の動きに呼応して、中庭中央の家型オブジェクトの天井、その周囲に群生した植物のようなLED電球、回廊のライティングがゆっくり明滅し、表情を刻々と変えていきます。

プライベートを形づくっていたものがパブリックな場をつくり、周囲の環境と溶け合う空間を目指しました。
引戸による連続的な場の変容は、周囲にさらに新しい関係を生み出します。

■デザイナープロフィール

株式会社トラフ建築設計事務所

鈴野浩一(すずの こういち)と禿真哉(かむろ しんや)により2004年に設立。建築の設計をはじめ、ショップのインテリアデザイン、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる。主な作品に「テンプレート イン クラスカ」「NIKE 1LOVE」「港北の住宅」「空気の器」「ガリバーテーブル」など。「光の織機(Canon Milano Salone 2011)」は、会期中の最も優れた展示としてエリータデザインアワード最優秀賞に選ばれた。2011年「空気の器の本」、作品集「TORAFU ARCHITECTS 2004-2011 トラフ建築設計事務所のアイデアとプロセス」 (ともに美術出版社)、2012年絵本「トラフの小さな都市計画」 (平凡社)を刊行。

■会場地図

会場地図

■ミラノサローネについて

2014年で53回目を迎えるミラノサローネ(正式名称:Salone Internazionale del Mobile di Milano)は、 イタリア・ミラノで毎年4月に開かれる世界最大級の国際家具見本市です。ミラノサローネの展示会場は 本会場の「FIERA(フィエラ)」とミラノ市内各所で開かれる通称「FUORI SALONE(フォーリ サローネ)」 で構成されています。
世界最先端のデザイントレンドの発信地として、デザイン業界に多大な影響力を持つミラノサローネ。 グローバルでのその影響力と関心の高さから、近年ではデザインエキシビジョンの枠を超えたブランド 発信の場としても注目を集めています。

以上