プレスリリース

2013年12月5日

パナソニック システムネットワークス株式会社

セキュリティ機能と環境性能を強化

ビジネス用ファクシミリ「UF-6030」を発売

新「国際エネルギースタープログラム」注1に準拠

UF-6030

品名 ファクシミリ
品番 UF-6030
本体希望小売価格 288,000円(税抜)
発売日 2014年1月上旬
月産台数 300台(国内)

パナソニック システムネットワークス株式会社は、新「国際エネルギースタープログラム」に準拠しB4サイズ文書が送信可能な普通紙ビジネスファクシミリ「UF-6030」を2014年1月上旬より発売します。

本製品は、高機能でコンパクトなビジネス向けファクシミリとして好評な「UF-6020」(2008年12月発売)の後継機種です。ビジネスユースでの使いやすさはそのままに、時代のニーズであるセキュリティ機能を強化いたしました。さらに、待機時の消費電力を0.8W以下に削減し新国際エネルギースタープログラムに対応するとともに、オプションのインターネットFAXユニットを装着することにより、ペーパーレスでの送信・受信を実現するなど、環境に配慮した商品となっています。

当社は、従来機種の高機能とコンパクト性を継承しながら通信セキュリティの強化とファクス使用時のペーパーレス化や待機電力の削減で環境にも配慮した本製品を、各種企業をはじめ官公庁や自治体などのオフィスで幅広く活躍するビジネス用ファクシミリとして訴求して参ります。

<主な特長>

  1. 新「国際エネルギースタープログラム」に準拠
  2. ペーパーレスファクス送受信機能注2による省資源化と業務効率の向上
  3. 各種誤送信防止機能を搭載
  1. 注1. 国際エネルギースタープログラム:オフィス機器の消費エネルギー削減を目的とした国際的な省エネ制度。国際エネルギースタープログラムの対象商品は、パーソナルコンピュータ、ディスプレイ、プリンタ、ファクシミリ、複写機、スキャナ、複合機。新基準は2014年1月1日より施行
  2. 注2. オプションのインターネットFAXユニット(UE-404096)が必要です

【お問い合わせ先】

パナソニック システムネットワークス株式会社
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時〜17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)
【ホームページURL】http://panasonic.biz/doc/fax/

【開発の背景】

近年、ファクス機能を搭載した複合機の需要が増えている一方、ファクスの送受信が業務の中心であるオフィスにおいては、使いやすく必要な機能が充実した専用機であるビジネスファクシミリに根強い需要があります。さらに、ビジネスの現場での情報セキュリティや環境に対する意識は時代のニーズとして継続して高まっています。
このような要望に対して、ファクシミリの草創期より商品化を行ってきた当社は、従来モデルの多機能でコンパクトな小型機のコンセプトは継承しつつ、さらにセキュリティ機能や環境性能を高めたファクシミリ Panafax 「UF-6030」を開発しました。

【特長】

1. 新「国際エネルギースタープログラム」に準拠

本製品は、地球環境に配慮し、オフィス機器の消費エネルギー削減を目的とした国際的な省エネ制度「国際エネルギースタープログラム」の新基準に適合しており、待機時の消費電力を0.8W以下に抑える省エネモードを搭載しています。また、国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律であるグリーン購入法の定める判断基準に適合しています。

2. ペーパーレスファクス送受信機能による省資源化と業務効率の向上

本製品は、オプションのインターネットFAXユニットを装着することにより、専用のファクス受信ソフトがインストールされたパソコンに本機が受信したファクス文書を転送することによりペーパーレスファクス受信を実現します。ファクス受信ソフトは、受信通知のポップアップ表示や、PDFファイルへの自動変換を実現します。また、PC-FAXソフト(ファクス送信ドライバー)を使用すればパソコンで作成した文書をプリントアウトせずにペーパーレスで相手のG3ファクシミリに送信できるなど、ファクシミリのペーパーレス化を簡単に実現できます。
加えて、メモリー転送機能やルーティング機能(数字IDやサブアドレス、さらにはNTTのナンバーディスプレイ、モデムダイヤルイン注3などの情報を基に転送先を振り分け)などを使用して、ペーパーレスによる業務の効率化と省資源化、省コスト化を実現します。

さらにメールサーバーを経由せず指定のインターネットFAX(IPアドレス登録)へ直接送信するダイレクトSMTP機能の採用により、イントラネット内のインターネットFAXとの直接送受信が可能となります。ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録することで通常のファクスと同じ感覚で高速な通信が可能となります。また、通常のファクスとインターネットFAXを混在した同報通信も指定可能です。

  1. 注3.NTTのナンバーディスプレイ、モデムダイヤルインは別途NTTとの契約が必要となります。

3. 各種誤送信防止機能を搭載

本製品は、ファクスを誤った宛先に送信しないように、さまざまな誤送信防止機能を搭載しています。
誤送信防止機能には、番号を2回入力しないと送信できない「直接ダイヤル再入力」、テンキー入力を制限できる「直接ダイヤル制限」や、宛先を再度確認しないと送信できない「宛先確認送信」などの機能を装備しています。ワンタッチダイヤル(40カ所)や短縮ダイヤル(300ヶ所)で宛先も豊富に登録できます。
また、迷惑ファクス防止機能は、数字IDを利用して送信元を特定し受信拒否リストに登録することで、不要なファクスの受信を拒否でき、業務効率向上、省資源化、省コスト化に役立ちます。

4. 設置場所を選ばないコンパクト設計

日本市場で根強い需要があるB4サイズ原稿の送信にも対応しながら、幅370mm×奥行き548mm×高さ375mm(用紙トレイを含む)のコンパクトなサイズを実現しました。スタイリッシュなデザインで、デスク上はもちろん、サイドテーブルや棚の上など設置場所を選びません。

5. その他の機能・特長

本格的な運用を助ける、250枚増設給紙ユニット(UE-409090)やハンドセット(UE-403186)をオプションで用意。