プレスリリース

2013年10月10日

第20回 ITS世界会議 東京2013 展示会に出展

交通インフラから車載端末まで幅広いITS事業取組みを紹介

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 (代表者 山田 喜彦)は、第20回 ITS世界会議 東京2013展示会(会期:10月15日〜18日、会場:東京ビッグサイト)に出展します。

ITS 世界会議は、世界3 地域を代表するITS 団体(欧州:ERTICO-ITS Europe、アメリカ:ITS America、アジア太平洋:ITS Japan)が共同で開催する官・学・産が参加する国際会議であり、技術開発に加え政策、市場動向など幅広い観点から情報交換し、ITS(高度道路交通システム)の普及による交通諸問題の解決及びビジネスチャンス創出を図ろうとするものです。

パナソニックグループでは、交通インフラから車載端末まで幅広いITS事業に取り組んでいます。今回、9年ぶりに日本で開催されるITS世界会議において、地球上のあらゆるモノや人が、もっと自由に、より安全・快適に移動できる交通社会の実現に向け、新しい製品・ソリューションで実現する“A Better Life,A Better World”を紹介します。

<パナソニックブースイメージ(西ホール2 ブース番号126)>


<パナソニックブースの見どころ>

■メインステージ
「anytime, anyone, anywhere (いつでも、だれでも、どこへでも)」をキーコンセプトに、当社の取り組みをプロジェクションマッピングを使った映像で紹介します。

  • 充電設備とシェアリング
  • インフラ協調システム(交差点での出会い頭の事故防止)
  • 道路管理システム

■anytimeコーナー
〇全てのモノや人が、時間や空間にとらわれずに「いつでも」移動しやすい交通社会

  • EVソリューション(電源・熱・電池の3システムでEVの走行距離を伸ばす)
  • EV/PHEV向け充電設備
  • 電動バイク向け充電設備 など

■anyoneコーナー
〇「だれでも」安心して移動できる交通社会

  • 700MHz帯 車車間通信/路車間通信(見通しの悪い交差点の視界支援)
  • 79GHz帯 ミリ波レーダー(交差点付近の車両の存在とその速度を検出)
  • HUD(ヘッドアップディスプレイ)
  • 視界支援+センシングシステム など

■anywhereコーナー
〇快適に効率よく「どこへでも」移動できる交通社会

  • 道路管理システム(センサーやカメラで道路下の地下水や橋、トンネル、高速道路側面の傾斜の変化などをモニタリングし、構造物管理や保守点検を高率化)
  • GPS受信機付きDSRC車載器によるプローブ情報収集システム など

<パナソニック ITS世界会議 特設Webサイト(英語掲載のみ)>

10月15日(火)より期間限定で出展情報をWeb公開します
URL:http://car.panasonic.jp/its/

<Webサイトイメージ>