プレスリリース

2013年9月25日

ディーガ(※1)と組み合わせて放送・録画番組・インターネット(※3)が楽しめる!

ディーガ(※1)用ワイヤレスモニター「ディーガモニター」(※2) 2機種を発売

タッチパネルでかんたん操作。お風呂やキッチンなど、家じゅうどこでも持ち運べる。

UN-DM15C1,UN-DM10C1

品名 ワイヤレスモニター
品番 UN-DM15C1 UN-DM10C1
-K(ブラック)
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 2013年10月20日
月産台数 2,000台 3,000台

パナソニック株式会社は、新商品「ディーガモニター」(UN-DM15C1、UN-DM10C1)を、10月20日より発売いたします。

本製品は、防水仕様のバッテリー内蔵ワイヤレスモニターです。対応のディーガ(※1)と無線接続していただくと、家じゅうお好きな所へディーガモニターを持ち運んで、地上デジタル放送、BS/110度CS放送に加え、ディーガ(※1)内に録りためてある録画番組をご覧いただけます。さらに、ブラウザ搭載でインターネット(※3)をお楽しみいただける他、ディーガ(※1)の無線リモコンとしてもお使い頂けます。ディーガモニターはタッチパネルなので、録画や再生、チャンネル切換などの操作がかんたんに行えます。例えば、リビングでディーガ(※1)とHDMI接続したテレビで見ていた番組の続きをディーガモニターで再生し、別のお部屋で視聴したり、逆にディーガモニターで視聴中の番組の続きをリビングのテレビに引き継いでご覧いただいたりすることもできます。また、IPX6/7防水仕様(※4)なので、お風呂やキッチンなど水回りでもあんしんしてご使用いただけます。

当社は、本製品により、かんたん設定、かんたん操作で、録画番組や放送などを家じゅうお好きなところで楽しめる視聴スタイルを実現いたします。

<主な特長>

  1. ディーガ(※1)と組み合わせて放送・録画番組・インターネット(※3)が楽しめる!
    ・地上デジタル放送、BS/110度CS放送が楽しめる
    ・インターネット(※3)が楽しめる
  2. タッチパネルでかんたん操作
    ・録画や再生、チャンネル切換などの操作がタッチパネルでかんたんに行える

    ・ディーガ(※1)とHDMI接続したテレビ画面と視聴の引き継ぎができる
    ・タッチパネルでディーガ(※1)のリモコン操作ができる
  3. お風呂やキッチンなど、家じゅうどこでも持ち運べる
    ・IPX6/7(※4)防水仕様のモニターでお風呂など水回りでも家じゅう持ち運べる
  1. ※1:ディーガモニターが接続できるBDレコーダー(2013年9月25日現在)
    ■お買い上げ時よりすぐにお使いいただける機種 DMR-BZT9600/BZT860/BZT760/BWT660/BWT560
    ■バージョンアップが必要になる機種 DMR-BZT750/BWT650/BWT550(2013年10月下旬バージョンアップ対応予定)
    DMR-BZT9300/BZT830/BZT730/BWT630/BWT530 (2013年11月中旬バージョンアップ対応予定)
    詳しいバージョンアップ方法については以下のサポートページをご覧ください
    サポートページURL http://panasonic.jp/support/av/bd1.html
    BWT560、550、530を、ルーターなどのアクセスポイントと無線接続するためには別売の無線アダプター(DY-WL10)が必要です。
  2. ※2:ディーガモニターのご使用には、対応のディーガ(※1)との接続が必要です。
  3. ※3:プロバイダーや回線事業者との契約・使用料は別途必要です。ブラウザの機能制限のため、サイトによっては動画などが正しく表示できないことがあります。
  4. ※4:JIS保護等級IPX6/IPX7相当。
【モニターの防水性能について】

●IPX6(噴流に対する保護等級)について 常温の水道水にて、機器から約3m離れて、内径12.5mmのノズルであらゆる方向から約100L/分の水を3分以上注水したあと、機器の機能が動作することに対応しています。

●IPX7(浸水に対する保護等級)について 常温の水道水にて、水深1mに機器を静かに沈め、30分間放置して取り出したあと、機器の機能が動作することに対応しています。

【お風呂やキッチンなど水回りでご使用の際の注意】

●ふたをしっかり閉じてください。

●石鹸水・シャンプーなどがかかった場合は、常温の水道水を弱めの水量で洗い流してください。

●故意に落下させたり、湯船(温水)に落としたりすると、故障の原因になりますのでご注意ください。

●水中や湯船(温水)の中でのご使用はしないでください。また、長時間 水やお湯につけたままにしないでください。

●ご使用後は、乾いた柔らかい布で拭き、浴室から取り出しておいてください。

●水のかかるおそれのある場所で、マグネットタッチ式ACアダプターを使用しないでください。

●防水性を維持するため、2年に1度はゴムパッキンなどの防水に関する部品の交換(有償)をおすすめします。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(9時から20時まで)
ホームページURL:http://panasonic.jp/diga/

【開発の背景】

当社は、2012年に、簡単に「お部屋ジャンプリンク」を楽しめるよう、HDDレコーダーと、タッチパネルで操作できるモニターがセットとなった「ディーガプラス」を発売し、お風呂やキッチンなど、家じゅうで放送や録画番組がご覧いただける便利さをお伝えしてまいりました。
そしてこの度、お持ちのディーガ(※1)と組み合わせて、ディーガプラス同様にお使いいただける新商品「ディーガモニター」(UN-DM15C1、DM10C1)を10月20日に発売します。放送はもちろん、大容量HDD内の録画番組やインターネット(※3)を家じゅう持ち運んでお楽しみいただくことができます。防水仕様になっているため、寝室や子供部屋だけでなく、お風呂やキッチンなどでもあんしんしてお使いいただけます。
ディーガは、かんたん設定、かんたん操作で、録画番組や放送などを家じゅうお好きなところで楽しめる視聴スタイルを提案して参ります。

【特長】

1. ディーガ(※1)と組み合わせて放送・録画番組・インターネット(※3)が楽しめる!


*画面は開発中のもので最終とは異なる場合があります。

本製品は、新発売となるディーガ5機種(※5)(2013年10月20日発売予定)と組み合わせて、放送・録画番組・インターネット(※3)を楽しめます。また、13年春に発売済みのディーガ3機種(※6)、12年秋に発売済みのディーガ5機種(※7)についても、バージョンアップにて対応を予定しております。

  1. ※5:DMR-BZT9600、860、760、BWT660、560。
  2. ※6:DMR-BZT750、BWT650、550(13年春モデル)。2013年10月下旬にバージョンアップで対応予定。
  3. ※7:DMR-BZT9300、830、730、BWT630、530(12年秋モデル)。2013年11月中旬にバージョンアップで対応予定。

● テレビ放送が楽しめる
「テレビを見る」アイコンをタッチすると、ディーガモニターがテレビ視聴画面になり、ディーガ(※1)が受信した地上デジタル放送、BS/110度CS放送をワイヤレスでお楽しみいただけます。アンテナ線がなく、テレビを設置できなかった部屋でも、テレビ視聴が楽しめます。
左右にフリック操作をすると、チャンネルのアップダウンができます。画面をタッチすると、チャンネル切換ボタンや音量ボタンなどの表示/非表示ができます。
また、毎朝定番チャンネル機能をオンにしておくと、いつも朝に見ているチャンネルを学習して、朝の時間帯(5時〜10時)にディーガモニターの電源を入れると、自動的にいつも見ているチャンネルが選局されます。朝は決まったチャンネルを見ている場合に便利な機能です。

● 録画番組が楽しめる
「再生する」アイコンをタッチすると、ディーガ(※1)の録画一覧が表示され、ディーガモニターで録画番組をご覧いただけます。再生中に画面をタッチすると、停止、早送り、早戻しなどの操作ボタンが表示されます。
「予約する」アイコンをタッチすると、ディーガモニター画面上の番組表からディーガ(※1)の録画予約ができます。家じゅうお好きなところでディーガ(※1)の録画予約をしていただけます。
また、ディーガモニターと無線接続されているディーガ(※1)の他にも、別のディーガをお持ちなら、ディーガ同士をLANで接続することで別のディーガの録画番組もディーガモニターでご覧いただくことができます。

● インターネット(※3)が楽しめる
ディーガ(※1)をインターネットに接続すれば、ディーガモニターで、インターネット(※3)をお楽しみいただけます。「Webブラウザ」アイコンをタッチすると、Webブラウザが起動します。文字の入力もタッチパネルで行うことができます。

2. タッチパネルで簡単操作

ディーガモニターの画面で番組を視聴している際、画面をタッチ、フリックすると再生に関する操作ができますが、ディーガ(※1)の番組をHDMI接続したテレビでご覧の際は、ディーガモニターのタッチパネルでディーガ(※1)を操作することができます。

● DIGAリモコン
「DIGAリモコン」のアイコンをタッチすると、ディーガ(※1)のリモコンが画面に表示されます。画面上の大きなボタンで操作できるため、一つ一つのボタンも大きく、押しやすくなっています。


*画面は開発中のもので最終とは異なる場合があります。

● つづきを見る
ディーガ(※1)やディーガモニターで視聴していた録画番組の再生を途中で終了した場合、その番組のタイトルがホーム画面の「つづきを見る」に表示されます。
次に「つづきを見る」をタッチするだけで、その番組の続きからすぐ再生することができます。

● ディーガモニターからテレビ画面へ視聴引き継ぎ
ディーガモニターで視聴していた番組のつづきからディーガ(※1)で視聴することができます。ディーガモニターで再生中に画面を長押しすると、画面上部に「テレビで見る」の表示が出てきます。その表示に向けてフリック操作をしていただくと、番組のつづきからディーガ(※1)にHDMI接続したテレビ画面で再生されます。

3. お風呂やキッチンなど、家じゅうどこでも持ち運べる

● 防水仕様(IPX6/7(※4))のため、お風呂やキッチンなどでも使用できる
ディーガモニターは防水仕様(IPX6/7(※4))のため、お風呂など水回りでもご使用いただけます。特にIPX6は、「常温の水道水にて、機器から約3m離れて、内径12.5mmのノズルであらゆる方向から約100L/分の水を3分以上注水した後でも、機能する」という厳しい条件下での防水性能で、シャワーなどで水流がかかっても、お使いいただけます。

● バッテリー内蔵で最長約4時間15分(※8)使用可能
内蔵バッテリーで最長約4時間15分(※8)のテレビ視聴が可能です。

  1. ※8:テレビ放送視聴時。ヘッドホン使用、液晶画面の明るさ「-5」時。エコ充電「切」で充電した場合。

● 持ち運びやすく、設置もしやすい
ディーガモニターは持ち運びやすいように、軽量化しています。15インチは約1.42kg、10インチは約0.69kgと、片手でも持ち運べる重さです。また、ディーガモニターを置いてお使いいただく際に便利なスタンドを付けています。背面にすっきり収まる構造なので、持ち運ぶ際に邪魔になりません。さらに、お風呂のスペースに合わせて、設置に便利な吸盤ホルダーを付属。設置面が狭い場合でも、壁面にぴったり設置することができます。

● マグネットタッチ式で簡単、ワンタッチ充電
付属のACアダプターを、マグネットタッチ式にしていますので、ワンタッチで簡単に充電を行うことができます(※9)

  1. ※9:水滴を良く拭きとってから充電してください。水のかかるおそれのある場所でマグネットタッチ式ACアダプターを使用しないでください。


(別売)無線LAN中継機
DY-WE10-W

● 高いアンテナ性能、別売の無線LAN中継機でさらにつながりやすい
ディーガと通信するためのアンテナを2本搭載することにより、高いアンテナ性能を実現いたしました。さらに、別売の無線LAN中継機(品番:DY-WE10-W)をご使用いただくと、これまでつながりにくかった場所でも快適にお楽しみいただけます。

4. 3ステップでかんたんに初期設定できる(※11)

ディーガが無線LAN接続されていない場合、ディーガ(※1)との接続を初期設定する際も複雑な操作は不要です(※10)
まず、ディーガ(※1)とディーガモニターの電源を入れ、ディーガ(※1)のリモコンの「スタート」を長押しすると、ディーガ(※1)が接続待ちの状態になります(※10)。あとは、ディーガモニター起動時の画面で「接続する」を選択すると、自動でペアリングが完了します(※10)。その後は接続に関する設定は必要ありません。
また、無線LANアクセスポイントを経由して接続することも可能です(※11)。ルーターがWPS対応の場合はルーター側のプッシュボタンでかんたんに接続が可能です。また、非対応の場合はパスワードを入力して接続することができます。

  1. ※10:BWT560、550、530については、無線LANアクセスポイントを経由しての接続のみ可能です。
  2. ※11:ディーガ(※1)とディーガモニターは同一のルーターに接続されている必要があります。

【ディーガモニター仕様】

品番 UN-DM15C1-K UN-DM10C1-K
電源 DC12V(DC IN端子)/DC7.4V(充電式電池端子)
消費電力
(付属の専用ACアダプターで充電時)
動作時:約13W(本体 約11W) 動作時:約11.5W(本体 約10W)
液晶ディスプレイ
(アスペクト比16:9)
15v型 / 画素数:横1354×縦760 10v型 / 画素数:横1024×縦600
スピーカー 800mW+800mW(8Ω)
ヘッドホン出力 出力端子:ステレオミニジャック(Φ3.5mm、16〜32Ω推奨) 端子数:1系統
無線LAN IEEE802.11n/IEEE802.11a(※12)/IEEE802.11g/IEEE802.11b準拠
外形寸法(幅×高さ×奥行) 387.6×253.5×16.9mm(突起部除く) 264.0×181.9×15.2mm(突起部除く)
質量 約1.42kg 約0.69kg
防水 IPX6/IPX7相当
充電時間
(周囲温度20℃、電源「切」時)
約3時間45分 約3時間15分
内蔵電池持続時間 約4時間15分
(テレビ放送視聴時。ヘッドホン使用、液晶画面 明るさ「-5」、エコ充電「切」で充電した場合)
  1. ※12:従来の11a(J52)のみの対応機器とは接続できません。

【無線LAN中継機 仕様】

品番 DY-WE10
カラー -W(ホワイト)
消費電力 動作時:3.5W
電源 AC 100V、50/60Hz
無線LAN IEEE802.11n/IEEE802.11a(※13)/IEEE802.11g/IEEE802.11b準拠
外形寸法(幅×高さ×奥行) 70mm×62mm×43mm(突起部除く)
70mm×176mm(突起部含む アンテナ取付時)×62mm(突起部含む 電源プラグ含む)
質量 約130g(アンテナ取付時)
付属品 電源ケーブル
  1. ※13:従来の11a(J52)のみの対応機器とは接続できません。

以上