プレスリリース

2013年8月29日

世界の家事文化の進展に貢献

洗濯機 グローバル生産累計 1億台を達成

パナソニック株式会社アプライアンス社は、2013年8月23日に、1951年9月に生産を開始した洗濯機のグローバル生産累計1億台を達成しました。

当社の洗濯機の歴史は、創業者である松下幸之助がアメリカ市場視察を経て、「洗濯機は家庭の主婦を家事の重労働から解放する重要な製品」との思いから製品化を指示したことにはじまります。
1951年に大阪市の十三工場で「攪拌式洗濯機」の生産を開始。1950年代後半からの日本市場の本格的な洗濯機の普及拡大にともない、1972年に生産累計1,000万台を、1998年には生産累計5,000万台を達成。その後は中国やアジア拠点での生産が牽引し、生産累計5,000万台から1億台までを15年で達成しました。

【国内市場における歩み】

1950年代後半から始まった家電ブームの中、“三種の神器”のひとつとして白黒テレビ、冷蔵庫とともに 市場が拡大、一気に生産を伸張。洗濯方式も「攪拌式洗濯機」から「噴流式洗濯機」「二槽式洗濯機」「全自動洗濯機」と時代とともに進化を遂げました。
全自動洗濯機が主流となった1980年代にはマイコン制御で新水流を実現した『愛妻号』、1990年代に入ってからは、脂汚れの洗浄力を大幅アップした『W滝洗い』を発売、ヒット商品となりました。近年では、2000年に洗濯から乾燥までを自動で行う「縦型洗濯乾燥機」、2003年に「ななめドラム洗濯乾燥機」、さらに2005年にはヒートポンプ乾燥式の「ななめドラム洗濯乾燥機」を、それぞれ世界に先駆けて発売、常に新たなカテゴリーを生み出してきました。

【海外市場における歩み】

洗濯機の海外展開は、1957年東南アジア・中米地域への輸出からスタートしました。
海外での生産は1967年の台湾を皮切りに、1970年代後半から1980年代にかけてフィリピン・インドネシア・マレーシア・タイと東南アジア各地に拠点を設立。その後、1992年には中国での生産を開始しました。最近では、成長する新興国での事業拡大を実現するため、インド、ベトナムに新工場を建設。それぞれ昨年12月、今年3月に生産をスタートしました。現在では年間450万台以上の洗濯機を海外で生産しています。

当社は、独自技術の進化と各地域のニーズに対応した商品を提案することで、グローバルでの積極的な事業展開を推進していきます。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
ホームページ:http://panasonic.jp/wash/

【当社洗濯機 グローバル生産累計 1億台の歩み】

【当社洗濯機 グローバル生産累計台数 推移】