プレスリリース

2013年7月19日

HIT太陽光発電システムでは、国内最大規模の納入

群馬県太田市の大規模発電所にHIT® 太陽電池モジュールを納入

既存建物屋上のメガソーラーに採用

おおた太陽光発電所 屋上の設置状態 既設の屋根にモジュールを直接固定

パナソニック株式会社エコソリューションズ社は、群馬県太田市が整備した「おおた緑町太陽光発電所」に、当社製太陽電池モジュール「HIT233シリーズ(品番:VBHN233SJ01A)」を4,560枚納入しました。

群馬県太田市は、「太陽光のまち」として積極的に太陽光発電を導入し、環境に配慮したまちづくりを推進しています。2012年7月からは、自治体単独としては初のメガソーラー発電事業「おおた太陽光発電所」を同市緑町で運営しています。
今回は同事業の第2弾となり、同じく緑町の株式会社カインズ 太田流通センターの屋上スペースを活用しています。出力は1メガワットで、電力は再生可能エネルギー固定価格買取制度に基づいて全量売電します。売電電力量は年間で約110万8千kWh、売電収入は年間約4,100万円(20年間平均)が見込まれています。

HIT太陽電池モジュールは、単結晶シリコン基板に薄膜アモルファスシリコンを積層した当社独自の「ハイブリッド構造」により、高い発電量を実現しています。同じ発電量を得るにあたり、少ない枚数(重量)での設置が可能です。また、温度特性に優れ、夏場の高温時にも出力が低下しにくいのが特長です。
既存建物の屋上に設置する「おおた太陽光発電所」第2弾では、建物躯体にかかる重量負荷の軽減が求められていました。よって、高効率、高品質の「HIT233シリーズ」が採用されました。また、太陽電池モジュールを屋根に直接固定。設置用架台を無くす工法を採用することで、さらに重量負荷を軽減しました。

パナソニックは、お客様の多様なニーズに幅広く対応するために、太陽電池モジュールにパワーコンディショナ、蓄電池、架台などを組み合わせたシステムソリューション事業の推進を強化し、「循環型 エネルギー社会の実現」に貢献していきます。

【ご参考】 おおた緑町太陽光発電施設整備事業概要

発電所の出力は1メガワットで、7月1日より運転を開始しています。

【納入仕様】

■製品名 : HIT太陽電池(品番:VBHN233SJ01A)
■モジュール変換効率※1 : 18.2%
■公称最大出力※2 : 233W
■納入パネル枚数 : 4,560枚

※1: 太陽電池モジュールの変換効率(%)は モジュール公称最大出力(W)×100 の計算式を用いて算出しています。
モジュール面積(m²)×1,000W/m²
変換効率とは、太陽エネルギーから電気エネルギーに変換したときの割合を表します。
※2: 公称最大出力の数値は、JIS C8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m²、モジュール温度25℃での値です。
*HITはパナソニックグループの登録商標であり、オリジナル技術です。

【お問い合わせ先】

エコソリューションズ社 エナジー商品営業企画部
電話:06-6908-1131(代表 受付 8:45〜17:30)
太陽光発電・蓄電システムホームページURL:http://www2.panasonic.biz/es/souchikuene/