プレスリリース

2013年7月10日

パナソニック システムネットワークス株式会社

リチウムイオン電池の採用などで小型・軽量化を実現

屋外インフラ用創蓄連携装置を発売

創・蓄連携のエネルギーシステムで継続運用が可能

品名 屋外インフラ用創蓄連携装置
品番 AF-XD2100010
本体希望小売価格 オープン価格
発売時期 2013年10月

パナソニック システムネットワークス株式会社(代表者 高木 俊幸)は、創エネと蓄エネの機能を併せ持つ省スペース・小型・軽量の屋外型の電源装置として、「屋外インフラ用創蓄連携装置」(AF-XD2100010)を2013年10月に発売します。

東日本大震災以降、防災意識が高まり、創・蓄・省エネ制御の要請は高く、特に地方自治体、中央省庁、エネルギー関係企業、鉄道事業者、大型商業施設等で、災害時にも電源を確保し、ネットワークカメラや通信機器などのインフラ設備を継続運用する需要が高まっています。しかし、従来の鉛電池でのバックアップは大きな設置スペースとともに、定期的な電池交換が必要でした。また、ネットワークカメラ等の他の機器とのシステム化が面倒だという課題がありました。このような中、当社は、省スペースで小型・軽量の屋外インフラ用創蓄連携装置を開発しました。

本製品は、リチウムイオン電池の採用と内蔵機器の構成等により小型・軽量化を実現しました。また、商用電源、太陽光電源、リチウムイオン電池の連携で創エネと蓄エネ機能を兼ね備え、万が一の非常時にも設備機器などを継続運用できます。また、当社独自の制御技術により、充放電回数4000サイクルで約10年の長寿命化を実現し、メンテンスも容易です。さらに、屋外環境にも対応した設計のため特別なハウジングを必要とせず、設置場所を選びません。加えて、PoEでのDC給電が可能なため、ネットワークカメラ、Wi-Fi、防災無線など他の機器とのシステム構築がより簡単に行えます。

当社は、本製品の発売により、今後とも各分野の用途に合わせて他機能商品・装置と組み合せた活用の提案など、創・蓄・省エネ制御システムの導入・運用に貢献していきます。

本製品は、2013年7月10日(水)の福岡会場を皮切りに開催される総合展示会「SOLUTION Japan 2013」に出展します。詳しくは展示会のHPをご覧ください。(http://panasonic.biz/solution/press/news/news_1305.html

【主な特長】

  1. リチウムイオン電池の採用などで小型・軽量化を実現。屋外設置が可能
  2. 商用電源、太陽光電源、リチウムイオン電池による創・蓄連携のエネルギーシステムを実現
    (DC給電ができるので業務用機器とのシステム構築が容易にできる)
  3. 充放電回数4000サイクルで約10年の長寿命化を実現

※使用方法や条件によっては異なる場合があります。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムネットワークス株式会社
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話フリーダイヤル 0120-878-410
(受付:9時〜17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

【主な特長】

1. リチウムイオン電池の採用などで小型・軽量化を実現。屋外設置が可能

本製品は、幅570mm×奥行き295mm×高さ965mmのコンパクトサイズながら、蓄電容量2.7kWh、出力電力100Wを実現しています。従来の一般的な外置UPSとパワーコンディショナの装置構成から、本製品はバッテリー部と電源(商用電源、太陽光電源)制御部のみの構成にしたことに加え、リチウムイオン電池を採用したことにより、従来のEV用鉛蓄電池で2.7 kWh蓄電をする場合に比べて、体積を15%減、重量を1/2と大幅な削減を実現しました(当社比較)。
また、断熱構造により、電池の温度変化を最小限に圧縮できるとともに、省電力ヒーターの採用で寒冷地での設置にも対応しています。加えて、防水規格のIPx5仕様と気温マイナス10℃から50℃までの使用環境対応になっているので、特別なハウジング無しで、屋外のさまざまな場所へも設置が可能となっています。

2. 商用電源、太陽光電源、リチウムイオン電池による創・蓄連携のエネルギーシステムを実現

(DC給電ができるので業務用機器とのシステム構築が容易にできる)

本製品は、商用電源を使用して接続されたシステムの稼動を行うとともに、リチウムイオン電池への蓄電を行います。また、太陽光発電パネルと組み合わせることで、発電した電力をリチウムイオン電池へ蓄電することが可能です。このため、通常時は商用電源や太陽光電源でシステムを稼動させ、万一の非常時には蓄電池から接続機器に電力を供給することができます。太陽光電源に加えてバッテリも充電することができることから、条件によっては、無電化地域でも設備機器を継続運用することができます。
さらに、本製品は、商用電源および太陽光電源からの電力をPoEによるDC給電ができるので、災害時等においてもDC電源で稼動するシステムや設備を稼動させることができます。

3. 充放電回数4000サイクルで約10年の長寿命化を実現

当社独自の運用制御により、リチウム電池を採用した本製品の屋外のサイクル充放電は4000サイクルを実現しています。これにより平均的運用で約10年長寿命化を実現しました。
※使用方法や条件によっては異なる場合があります。

<主な仕様>

タイプ 小型タイプ Type1(3 model)
蓄電容量(リチウムイオン) 1.35kWh 2.7kWh
出力電力(想定負荷) Max 100W
DC出力電圧 DC 54V(絶縁型)
PoEインジェクタ 2口(PoE形式、ただしDC出力と基本排他的扱い)
入力 AC100-250V/太陽電池
太陽電池(公称最大出力) HITモジュール:2枚 最大約466W HITモジュール:3枚 最大約699W
基本仕様 ・寸法(W×D×Hmm):570×295×965
・質量:1.35kWh:約80kg / 2.7kWh:約100kg
・使用環境条件:屋外 温度:-10℃〜+50℃ 湿度:90%RH以下
・ピークカット:機能あり(設置時に設定)
・自立運転機能あり(設置時に設定)

以上


<商品写真:屋外インフラ用創蓄連携装置(AF-XD2100010)>