プレスリリース

2013年6月25日

パナソニック システムネットワークス株式会社

屋内・屋外用の、PTZ型・コンパクト型でラインアップを充実

フルHD 高画質ネットワークカメラ 4機種を発売

フルHD PTZ型ネットワークカメラフルHD コンパクトドームネットワークカメラ

品名 アイプロシリーズ・スーパーダイナミック方式
フルHDネットワークカメラ
タイプ 屋外PTZ 屋内PTZ 屋外コンパクト 屋内コンパクト
品番 WV-SW598J(受注生産) WV-SC588 WV-SW158 WV-SF138
本体希望小売価格 672,000円
(税抜640,000円)
567,000円
(税抜540,000円)
105,000円
(税抜100,000円)
84,000円
(税抜80,000円)
発売時期 2013年7月 2013年9月 2013年7月 2013年7月

パナソニック システムネットワークス株式会社(代表者 高木 俊幸)は、アイプロシリーズのネットワークカメラとしてフルHD高画質の新製品 4機種を2013年7月より順次発売いたします。

今回発売する新製品は、各機種とも独自の特長を備えています。パン・チルト・ズーム(PTZ)タイプのWV-SW598Jは360度エンドレスパン機構と30倍ズームに加え、屋外ハウジング一体型として二重像低減機能を搭載。同じくPTZ屋内タイプのWV-SC588は水平方向より44度上向き方向の撮影が可能。コンパクトドームタイプのWV-SW158とWV-SF138は、いずれも内蔵マイクと音検知機能搭載で、とくに屋外用WV-SW158はマイクを内蔵しながらも、IP66の防塵・防水性能を確保しています。

当社は今後も、アイプロシリーズの映像セキュリティ製品のラインアップを強化し、現場での運用を考慮した製品を発売することで、ますます多様化するお客様のニーズに応えてまいります。

なお、新製品 4機種は、「SOLUTION Japan 2013」 展示会に出展します。
SOLUTION Japan 2013は、2013年7月10日(水) 福岡会場を皮切りに、広島、大阪、名古屋、仙台、金沢、札幌、そして10月の東京会場まで、全国8都市でパナソニック システムネットワークス(株)が実施する展示会です。
詳しくは・・・ホームページ: http://panasonic.biz/solution/press/news/news_1305.html

【主な特長】

  1. フルHD (1920×1080p) で毎秒30フレームを実現
  2. 360度エンドレスパン機構と30倍ズーム(SW598J、SC588)で広いエリアをカバー
  3. 内蔵マイク(SW158、SF138)と音検知機能で、カメラ設置場所の物音をアラーム通知

【お問い合わせ先】

パナソニック システムネットワークス株式会社
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話フリーダイヤル0120-878-410
[監視カメラシステム ホームページURL]http://panasonic.biz/security/camera/ipro_hd/

【主な特長】

1)フルHD(1920X1080p)で毎秒30フレームを実現

パナソニック独自のプラットフォームであるUniPhier®システムLSIを搭載(4機種 共通)。H.264ハイプロファイル方式の高圧縮技術で1920×1080プログレッシブによるフルHD画像の、毎秒30フレームでの動画配信を実現しています。加えてスーパーダイナミック(MEGA Super Dynamic)方式の採用により、照度差の激しい逆光の環境下でも被写体の明るさを画素単位で補正し自然な画像を実現します。

2)360度エンドレスパン機構と30倍ズーム(SW598J、SC588)で広いエリアをカバー

WV-SW598Jの二重像低減機能パン(水平方向)・チルト(垂直方向)・ズーム機能を搭載した2機種(屋外用 WV-SW598J、屋内用 WV-SC588) は、360度エンドレスパン(水平方向に旋回)機構と光学30倍ズームレンズを搭載。広い構内や敷地内の広いエリアをカバーします。また、自動追尾機能の搭載により、画面内の動きに対応し、人物の大きさに合わせたズーム倍率ヘの自動調整を行い、パン・チルト動作で動く被写体を自動的に追いかけることが可能です。

屋外ハウジングとカメラを一体化したWV-SW598Jは、ズームで拡大したときの映像の乱れが発生しやすい水平方向付近の撮影時に、映像の乱れを補正する 「二重像低減」 機能を搭載しています。また、屋内型のWV-SC588は水平方向に対し44度まで上向き方向の撮影ができます。両機種とも、倉庫や駐車場などの広い敷地や、ビルや大型商業施設のホールなど、ひろびろとしたスペースの映像確認に適した特長を備えています。

3)内蔵マイク(SW158、SF138)と音検知機能で、カメラ設置場所の物音をアラーム通知

WV-SW158の内蔵マイクコンパクト・ドーム型2機種(屋外用 WV-SW158、屋内用 WV-SF138)は、いずれもマイクを内蔵しています。音検知機能によりカメラを設置した場所の物音を検知すると、eメールやレコーダーのアラーム音などで管理者に異常を知らせることができます。

また、屋外用のWV-SW158は IP66※1(IEC60529/JIS C 0920)の高い防塵性と防水性を確保しながら、マイク内蔵という特長をもっています。さらに50J (IEC60068-2-75)※2という耐衝撃構造となっております。

  1. ※1IP66:外来固体物に対して「耐塵形(6)」、水に対して「暴噴流(6)」の保護がなされていることを示します。
  2. ※250J:5kg の金属おもりを1mの高さから3回落下させる衝撃への耐久性を保証しています。

その他の特長

  • SDXCメモリーカードスロット搭載・・・H.264での映像記録と音声記録を実現。
  • 親水コートのドームカバーを標準装備(WV-SW598J)・・・ドームカバーの表面に水滴が広がりやすいため、降雨時における高い視認性と、防汚性を実現。
  • 動作温度範囲 -50℃〜+55℃ を実現(WV-SW598J。但し、AC24V 及び 指定PoE電源インジェクター(60W)使用時)

注) 2013年7月以降に発売する新製品より、品番を「DG-」より「WV-」に変更いたします。

以上