プレスリリース

2013年4月5日

来訪者を動画※1で自動録画できる、約5型ワイド液晶を採用

どこでも※2ドアホン VL-SWD501KL、VL-SVD501KLを発売

気になる場所をモニターできる「屋外ワイヤレスカメラ」接続可能

VL-SWD501KLVL-SVD501KLVL-WD812K

品名 ワイヤレスモニター付
テレビドアホン
テレビドアホン センサーライト付
屋外ワイヤレスカメラ
品番 VL-SWD501KL VL-SVD501KL VL-WD812K
本体希望小売価格(税込) オープン価格 オープン価格 オープン価格
内容 モニター親機
カメラ玄関子機
ワイヤレスモニター子機
各1台のセット
モニター親機
カメラ玄関子機
各1台のセット
屋外設置用
センサーライト付
ワイヤレスカメラ
(電源コード付)
発売日 6月13日
月産台数 5,000台 1,000台 500台

パナソニック株式会社は、家じゅう「どこでも※2ドアホン」の新ラインナップとして、DECT準拠方式※3採用、モニター親機にご好評のタッチパネル液晶を搭載したVL-SWD501KL/SVD501KLと、モニター親機に接続して、気になる場所を確認できるLEDライト付の屋外ワイヤレスカメラVL-WD812Kを6月13日に発売します。

テレビドアホンは、モニター親機のディスプレイに見やすく使いやすい約5型ワイド液晶を採用。来客画像を見る際、画面をタッチし、ワイドからズームへの切り替えが簡単にできます。カメラ玄関子機には広角レンズを採用。玄関先の様子をひろびろととらえ、モニター親機の大画面で確認することができます。また、カメラ玄関子機で撮影した来客の動画録画を、庭等に設置した屋外ワイヤレスカメラで連続画像(静止画)を、それぞれSDメモリーカードに録画できるので、大変便利です。

当社は本製品をテレビドアホンの主力商品と位置づけ、幅広いユーザーに訴求していきます。

<主な特長>

  1. 大画面約5型ワイド液晶で見やすく使いやすい スリムなモニター親機
  2. 留守時も便利 来訪者をSDメモリーカード(別売)に動画録画できる
  3. つながって安心 「かんたんホームセーフティ」
    〜別売の窓・ドアセンサーや屋外ワイヤレスカメラと連携し、ホームセーフティ強化できる〜
  1. ※1SDメモリーカード(別売)使用時
  2. ※2モニター親機とワイヤレスモニター子機またはモニター親機と屋外ワイヤレスカメラの間に障害物がない場合、約100m以内の距離で使えますが、建物の構造や周囲環境よっては、電波の届く距離が短くなります。例えば、金属製のドアや雨戸、アルミ箔入りの断熱材が入った壁、コンクリートやトタン製の壁、壁を何枚かへだてたところ、モニター親機と別の階や家屋などで使うとき、ブツブツ音・通話の途切れ・映像の乱れ・更新の遅れが生じて使用できない場合があります。また、ノイズによる悪影響を予防するため、テレビ、ラジオ、パソコンなどのOA機器、エアコン、給湯器リモコン(インターホン機能付き)、ホームセキュリティ関連装置の近くには設置しないでください。誤動作の原因になります。
  3. ※3DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunication)はETSI(欧州電気通信標準化機構)の商標で、世界で広く普及している無線方式のひとつです。当社の製品はARIB(一般社団法人電波産業会)の標準規格「ARIB STD-T101」に準拠しています。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページ http://panasonic.jp/door/

【特長】

1. 大画面約5型ワイド液晶で見やすく使いやすい スリムなモニター親機

モニター親機のディスプレイに約5型ワイドのタッチパネル液晶を採用し、使いやすさが大幅に向上しました。例えば、ワイド画面で来客画像を確認する際に、詳しく見たいところにタッチすると、そこを中心に約2倍のズーム画面※4に切り替えができます。ズーム位置を移動させたい場合も画面をタッチすることで簡単に行えます。また、室内通話や各種機能設定などを行う際は、操作に応じて必要なボタンが液晶に見やすく表示される親切設計で直感的な操作が可能となり、わかりやすさと使いやすさを実現しました。
また、タッチパネルを拭いてお手入れする際には、タッチ操作を90秒間無効にする「お手入れ」機能を搭載するなど使い勝手にも配慮しました。

  1. ※4デジタルズームのため、ワイド画面に比べて画質が粗くなります。

■タッチしてズーム※4&パン・チルト

2. 留守時も便利 来訪者をSDメモリーカード(別売)に動画※1録画できる

モニター親機は来訪者を動画でSDメモリーカードに保存することができます(1件約30秒、最大3,000件)。SDメモリーカードに録画した来客画像はパソコンで保存・再生可能。また、内蔵メモリーも搭載しており、50件の来訪者(8枚連続コマ送り)を録画できます。
また、モニター親機には、別売の屋外ワイヤレスカメラを最大4台まで接続が可能。設定により屋外ワイヤレスカメラのセンサーが人などを検知した場合、モニター親機やワイヤレスモニター子機で様子を見ることができ、最大約30秒の静止画(連続画像)で自動録画※5できます。ドアホン映像と合わせて最大3,000件の録画が可能です。屋外ワイヤレスカメラとの通話も録音可能です。

  1. ※5屋外ワイヤレスカメラの録画にはSDメモリーカードが必要です。モニター親機本体の内蔵メモリーには録画できません。
    屋外ワイヤレスカメラの映像は約1秒おきの連続画像(静止画)です。屋外ワイヤレスカメラをご使用の場合、4GB以上のSDメモリーカードをお使いいただくことをお薦めします(対応SDメモリーカード:2GB以上のSD/SDHC/SDXCメモリーカード)。

3. つながって安心 「かんたんホームセーフティ」
〜別売の窓・ドアセンサーやセンサーライト付屋外ワイヤレスカメラと連携し、ホームセーフティ強化できる〜

テレビドアホンは屋外ワイヤレスカメラの他に、別売のファクスまたは電話機、窓センサーやドアセンサーを接続し、「かんたんホームセーフティ」が実現できます。ワイヤレスアダプター機能を利用した接続で、ファクスや電話機で音声によるドアホン応対ができます。また、ドアセンサーや窓センサーを接続することにより、登録した窓やドアが開くと報知音と画面表示でお知らせしてくれます。ライフスタイルにあったシステムアップができます。

4. ドアホン映像と屋外ワイヤレスカメラ映像を同時に見られる「2画面表示」モニター

テレビドアホンは、カメラ玄関子機を最大2台、屋外ワイヤレスカメラを最大4台まで接続が可能。外の様子を確認するモニター機能に2箇所同時に見ることができる「2画面表示」を採用。カメラ玄関子機と屋外ワイヤレスカメラを同時表示、または、2箇所の屋外ワイヤレスカメラを同時表示が可能です。

5. 呼び出し直後の画像がワンタッチで確認できる、「戻って再生」機能を搭載

テレビドアホンは、カメラ玄関子機の呼出ボタンが押された直後の来客画像をワンタッチで確認できる「戻って再生」機能を搭載。モニター親機で来客を確認する際、来訪者がカメラ玄関子機の前からいなくなった場合などでも、「戻って再生」ボタンを押すと、カメラ玄関子機が押された直後(約2秒後)からの4枚の画像(静止画)をモニター親機に表示することができるので、来訪者をしっかり確認していただけます。

6. 見やすい約2.4型液晶を搭載、電話もできるワイヤレスモニター子機(VL-SWD501KL)

SWD501KLのワイヤレスモニター子機は、見やすい2.4型液晶画面を搭載。室内のどこからでも※2来訪者を確認、応対できます。増設は合計6台まで接続可能です※6。また、当社製の対応電話機またはファクスにワイヤレスモニター子機を登録することにより、ワイヤレスの電話子機として使用することも可能です。

  1. ※6増設対応ワイヤレスモニター子機VL-WD612(希望小売価格30,450円税込)。

7. 夜でも来客をカラーで確認できるLEDライト※7付カメラ玄関子機

カメラ玄関子機にはLEDライトを搭載。夜間などに来客があった場合、周囲の明るさによって自動的にLEDライトが点灯し来訪者を照らします。これにより暗い環境でも来訪者の映像をカラーで確認することができます※7。また、モニター親機でLEDライトを点灯しない設定にすることも可能です。

  1. ※7LEDライト点灯時でも、撮影範囲の中央付近以外はライトが届かず、カメラ玄関子機との距離が近くても顔の判別がしにくくなります。

【その他の機能】

・住宅用火災警報器に連動して、モニター画面表示(赤点灯)と通知音でお知らせ
モニター親機に住宅用火災警報器を接続すると、火災発生などで警報器が反応した場合、モニター親機やワイヤレスモニター子機からも、モニター画面表示(赤点灯)や通知音でお知らせします。住宅用火災警報器は連動型で最大14台※8まで接続可能です。

  1. ※8接続できる住宅用火災警報器は、A接点出力のある当社推奨機器に限ります。(パナソニック電工(株)製 SH28113、SH28413、SH38153、SH38453など)。また、移報接点アダプタ(パナソニック電工(株)製 SH2890)の接続可能。
    このアダプタで連動型の火災警報器を接続できます。

・女性などの高い声を男性のような低い声に変えられるボイスチェンジ機能搭載
モニター親機とワイヤレスモニター子機にボイスチェンジ機能を搭載。女性などの高い声を男性のような低い声に変えることができます。

・室内通話機能
モニター親機とワイヤレスモニター子機の間で呼び出し(ワイヤレスモニター子機増設時は一斉呼び出し、または個別呼び出しが可能)および通話ができます。

・使用エリアが拡がる中継アンテナ※9(別売)接続も可能
ワイヤレスモニター子機の電波状況が悪い時などに、中継アンテナ(別売)を設置することで電波が届きにくかった場所でも使用することが可能になります。中継アンテナは、モニター親機に増設登録する形で使用し、モニター親機に増設登録されているワイヤレスモニター子機を中継することができます。中継アンテナは、モニター親機に2台まで登録できます。中継アンテナは、電話親機またはファクス親機とワイヤレスモニター子機間の中継にも使用可能です。

  1. ※9中継アンテナKX-FKD2:希望小売価格12,600円(税込) 設置についてはモニター親機〜中継アンテナ、および中継アンテナ〜ワイヤレスモニター子機の間、または、モニター親機〜中継アンテナ、および中継アンテナ〜屋外ワイヤレスカメラの間をDECT準拠方式による無線通信で、障害物がない場合は約100m以内の距離で使えますが、周囲の環境によっては、電波の届く距離が短くなることがあります。1台の中継アンテナでワイヤレス子機および屋外ワイヤレスカメラを同時に中継はできません。連結接続した場合、2台の中継アンテナで、ワイヤレスモニター子機と屋外ワイヤレスカメラの両方を中継はできません。中継アンテナは、電話親機またはファクス親機とモニター親機を合わせたシステム全体で、合計2台まで使用可能です。

●電波の干渉について
1.9GHzの周波数帯を使用する機器がある環境では、ワイヤレスモニター子機の音声や画像が乱れたりすることがあります。CSデジタル放送を受信している環境で1.9GHz DECT準拠方式対応機器をご使用になる場合、CSデジタル放送のアンテナ伝送路にDECT準拠方式対応の電波が混入することがあります。シールド性の高い衛星放送対応の分波器や分配器、接続ケーブルをお使いいただくことで影響を軽減できる場合があります。

【仕様一覧】

品名 モニター親機
品番 VL-MWD501KL(電源コード式)
電源 AC100 V(50 Hz/60 Hz)
消費電力 待受時:約1.2 W、動作時:約8 W
外形寸法(高さ×幅×奥行) 約180 × 165 × 21(mm)(突起部除く)
質量 約580 g
使用環境条件 周囲温度:0 ℃〜40 ℃、湿度:90 %以下
画面表示 約5.0型ワイドカラー液晶ディスプレイ
通話方式 音声交互自動切替方式
取付方法 露出壁掛け(壁掛け金具付属)
無線通信方式 1.9 GHz TDMA-WB
A接点出力 定格負荷:AC、DC24 V/0.3 A以下
最小適用負荷:DC5 V/1 mA
外部入力 入力方式:無電圧メーク接点
検出確定時間:0.1 秒以上
接点抵抗値:
・メーク時 :500 Ω以下
・ブレーク時:15 Ω以上
端子間短絡電流:5 mA以下
端子間開放電圧:DC 7 V以下
対応SDメモリーカードの種類 SDメモリーカード:2GB、 SDHCメモリーカード:4〜32GB
SDXCメモリーカード:48GB・64GB
対応SDメモリーカード
画像ファイルの記録方式
静止画:JPEG 形式、動画:QuickTime※10、MotionJPEG 形式
対応メモリーカード
フォーマット
SDメモリーカード:FAT16、 SDHCメモリーカード:FAT32
SDXCメモリーカード:exFAT
品名 ワイヤレスモニター子機
品番 VL-WD612
電源 専用ニッケル水素電池(品番:KX-FAN55)
DC2.4 V/650 mAh
外形寸法(高さ×幅×奥行) 約173 × 52 × 30(mm)(突起部除く)
質量 約165 g(電池パック含む)
使用環境条件 周囲温度:0 ℃〜+40 ℃、湿度:90 %以下
画面表示 約2.4型TFTカラー液晶ディスプレイ
無線通信方式 1.9GHz TDMA-WB
通話方式(ドアホン通話) 音声交互自動切替方式
使用時間 連続使用時間
・ドアホン通話(スピーカーホン): 約2時間
・外線通話(受話口での通話時): 約5時間
待ち受け時間: 約80時間
充電時間 約10時間
使用可能距離 約100 m/モニター親機との見通し距離
品名 充電台
電源 AC100 V(50 Hz/60 Hz)
消費電力 待受時:約 0.25 W
(ワイヤレスモニター子機を充電台から外している時)
充電時: 約 0.65 W
外形寸法(高さ×幅×奥行) 約 43 × 81 ×76(mm)(突起部を除く)
質量 約 166 g
使用環境条件 周囲温度:0 ℃〜 +40 ℃、湿度 : 90 %以下
品名 カメラ玄関子機
品番 VL-V571L
電源 モニター親機より供給
外形寸法(高さ×幅×奥行) 約131 × 99 × 25(mm)(突起部除く)
質量 約170 g
使用環境条件 周囲温度-10 ℃ 〜+50 ℃ 、湿度90 %以下
画角 ワイド時 左右 約170°、上下 約95°
ズーム時 左右 約85°、上下 約45°
全体 左右 約170°、上下 約115°
取付方法 露出型:JIS1個用スイッチボックス(カバー付き)適合
外観材質 難燃樹脂
最低被写体照度 1 ルクス(カメラから 約50 cm以内)
照明方法 LEDライト(照明用ランプ)
防水性 IPX3(旧 JIS C 0920 保護等級3「防雨構造」)
品名 センサーライト付屋外ワイヤレスカメラ
品番 VL-WD812K(電源コード式)
電源 AC100 V(50 Hz/60 Hz)
消費電力 待受時:約1 W
動作時:約2.5 W(LEDライト消灯時)/約5 W(LEDライト点灯時)
外形寸法(高さ×幅×奥行) 約160 × 118 × 290(mm)(正面設置時、スタンドベース含む)
質量 約990 g(ACコード除く)、約1,530 g(ACコード含む)
取付方法 露出壁掛け(付属のスタンドベースを使用)
使用環境条件 周囲温度:-10 ℃〜+50 ℃、湿度:20%〜90%(結露なきこと)
通信可能距離 約100 m(モニター親機との見通し距離)
無線通信距離 1.9GHz TDMA-WB
撮像素子 CMOS 32万画素
出力映像 JPEG圧縮コマ送り映像
撮影被写体照度 1ルクス(明るさ設定で「+3」に設定した場合
被写体の有無が確認できるレベル
焦点距離 固定(0.4m〜∞)
撮影範囲(画角) 左右 約53° 上下 約41°
センサー検知方式 焦電型赤外線センサー(人感(熱)センサー)および動作検知
センサー検知範囲 ■人感(熱)センサー(周囲温度:約20℃のとき)
左右:約63° 上下約20° 検知距離:約5 m
■動作検知
左右:約53° 上下:約41°
LEDライト 白色LED 2個
防水性 IPX4(旧 JIS C 0920 保護等級4「防まつ構造」※11
取付角度調整 左右:約±90°上下:正面〜下方向へ約60°(取付時に設定可)
人感(熱)センサー角度調整 2段階で手動調整可能
  1. ※10 QuickTimeおよびQuickTimeロゴは、ライセンスに基づいて使用されるApple Inc. の商標または登録商標です。
  2. ※11 施工説明書に定める設置工事が正しく行われ、かつ適切な防水処理が施工された場合のみ。

以上