プレスリリース

2013年2月7日

太陽電池の旺盛な需要に対応

マレーシア工場でHIT®太陽電池の出荷を開始

パナソニックは、2012年12月13日に生産を開始した太陽電池の生産拠点であるマレーシア新工場から、発電量トップクラス※1のHIT®太陽電池を本日より出荷し、日本をはじめとする市場の旺盛な需要に対応します。

マレーシア新工場は、当社としては初めて、ウエハから、セル、モジュールまでの一貫生産体制を構築し、輸送費用の削減、現地部材の活用等により、コスト競争力の更なる強化を図ります。

当社はこれまでHIT®太陽電池セルの生産を二色の浜、島根の2工場、モジュールの生産を二色の浜、滋賀、ハンガリーの3工場で行っており、セル、モジュールそれぞれの年間生産能力は600MWです。マレーシア新工場の年間生産能力は300MWで、これにより当社の生産能力は現在の1.5倍にあたる900MWへ拡大します

今後は従来のモジュール販売に加え、パワコン、蓄電池等を組み合わせたソリューションの提案を強化し、幅広いお客様のニーズに対応してまいります。

  1. ※1面積(m²あたり)でもシステム容量(kWあたり)でも

■新工場概要

【所在地】マレーシア ケダ州 クリム ハイテクパーク工業団地
【竣工】2012年12月
【生産品目】HIT®太陽電池の生産(ウエハ、セル、モジュールの一貫生産)
【建屋面積】約7万平米
【従業員数】1,500名程度
【生産能力】年産300MW

以上