プレスリリース

2013年1月16日

感性工学から生まれた「あかりシーン」を提案

LEDシーリングライト「EVERLEDS」シリーズを発売

すっきり感とくつろぎ感を高めるあかりを実現

昼白色 すっきりのあかり  
品名 品番 タイプ 適用畳数 希望小売価格(税込) 発売日 月産台数
LEDシーリングライト HH-LC712A 調色タイプ 〜12畳 オープン価格 2月20日 5,000台
HH-LC512A 調色タイプ 〜8畳
HH-LC711A 調色タイプ 〜12畳
HH-LC511A 調色タイプ 〜8畳

コンシューマーマーケティング ジャパン本部は、感性工学の手法を取り入れ、これまでの調光・調色・配光切替えによる様々な「あかりシーン」の効果をさらに高めたLEDシーリングライト「EVERLEDS」シリーズを2月20日より発売します。

依然として続く厳しい電力事情を背景に節電意識が高まる中、省エネ性能の高いLEDシーリングライトの市場は急速に拡大しています。 加えて最近では、LED光源の特性である調光・調色などの「あかりの演出機能」に対しても関心が高まっています。

本製品は、自然に近い光の色(色温度)を追求し、あかりが人にもたらす効果を高めるため、感性工学に基づく独自の「感性指標化技術※1」を用いて開発した、気分をすっきりとさせるあかりと、くつろぎ感を高めるあかりの各モードを新しく搭載しました。
また、最適な色温度と照度の組み合わせにより文字の読みやすさ感をアップさせた、新しい「勉強のあかり」モードも搭載し、これまでの「あかりシーン」からさらに空間演出の幅を広げました。

当社は本製品によるクオリティの高いあかりの演出を通じて、より豊かで快適な生活空間を提案します。

【特長】

  1. 感性工学から生まれた「すっきり」と「くつろぎ」のあかりを搭載
    ・「おまかせモード」を設定すれば、時刻に合わせて「あかりシーン」が自動で変化
  2. 文字の読みやすさ感がアップした「勉強」のあかりを搭載
  3. 「エコナビ」搭載で省エネ
    ・明るさセンサーが部屋の明るさを検知して自動で調光・消灯
  1. ※1感性指標化技術:心理学者ラッセルが提唱した感情モデル(快適感と覚醒感の2軸で表現)に基づいて、脳波関連の複数の生理指標から快適感・覚醒感を数値化し感情モデル上に配置することで、ユーザーの感性(心理状態)を推定する技術

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
ホームページURL:http://panasonic.jp/light/

【主な特長】

1.感性工学から生まれた「すっきり」と「くつろぎ」のあかりを搭載

人は一般的に快晴の青空や夕暮れの空など自然の光に心地よさを感じます。
そこで、感性工学に基づいた独自の「感性指標化技術」を用い、より自然光に近い効果のある光の色温度を選定しました。(下記参照)
従来※2の昼光色6500Kに比べ、より爽やかですがすがしい雰囲気を演出するために、9000K※3まで色温度を高くした「すっきり」のあかりと、従来※2の電球色2700Kに比べ、より落ち着いてくつろげる雰囲気を演出するために、2000K※4まで色温度を低くした「くつろぎ」のあかりを搭載しました。
また、時刻に合わせて「あかりシーン」が自動で切り替わる「おまかせモード」も搭載し、意識せずに快適なあかり環境の中で過ごすことができます。

<参考>「色温度」について

色温度とは、光の色を数値で表したもので、<単位:K(ケルビン)>
で表されます。色温度が高いほどすがすがしく爽やかな雰囲気を、
低いほど落ち着いた雰囲気をつくることができると言われています。

■配光イメージ

■すっきりのあかり

快晴の青空をイメージした
色温度9000K※3のあかりです。
すがすがしく爽やかな気分になるので、朝のお目覚め時や、リフレッシュしたいときにおすすめのあかりです。

■くつろぎのあかり

夕暮れの空をイメージした
色温度2000K※4のあかりです。
お部屋のくつろぎ感が高まるので、お友達やご家族とリラックスしたいときにおすすめのあかりです。
さらに、センター光を消すことで、より落ち着いた雰囲気になり、おやすみ前のひと時におすすめです。

■おまかせモード

おまかせボタンで点灯すると、設定時刻に「あかりシーン」が自動で変化します。日中は消灯までするエコナビも同時に働くので、省エネです。

2.文字の読みやすさ感がアップした「勉強」のあかりを搭載

文字が見やすい色温度と明るさをアップすることで読みやすさ感を向上させた「勉強」のあかりを搭載。
他にも直接光とセンター光、間接光を独自の配光技術で組み合わせた「シアター」や「普段」のあかりも搭載し、合計で5つのあかりシーンへ付属のリモコンのボタン1つでシーンに合わせて切替えができます。

■勉強のあかり

文字が見やすい色温度6200Kと直下の明るさ約10%アップを実現したことで、白と黒のコントラスト感が向上し、文字の読みやすさ感がアップしました。 リビング学習や読書におすすめのあかりです。

■シアターのあかり

間接光でテレビ背面の壁面だけを照らすことで画面を見やすくし、ホームシアターに適した空間を演出します。さらにセンター光を加えることで、お手元に適度な明るさを確保し、飲食しながらテレビを見るときや、リモコン操作時などに便利です。

■普段のあかり(昼光色〜電球色)

部屋全体を照らすあかりです。光の色(昼光色〜電球色)、明るさ(100%〜約5%)を使い方に合わせて自在に変えることができます。

3.「エコナビ」搭載で省エネ

■エコナビ点灯時の動作イメージ

部屋の明るさを検知して、外光が十分に届いている昼間には自動で明るさをおさえる「エコナビ」を搭載。
100%〜約5%の自動調光に加え、部屋が十分な明るさのときは自動的に消灯し、主に日中の消費電力を削減します。

4.その他の特長

  • 約40,000時間の光源寿命※5で、面倒なランプ交換が不要※6です。
  • 本製品は、自然光と比較した場合の色の見え方の再現性において、平均演色評価数 Ra85※7を確保し、より自然光に近いあかりです。
  • LEDの光が拡散するよう設計された独自の拡散レンズにより薄型デザインとより均一な発光面を実現。
  • カバーには、当社独自の「キレイコート」を採用し汚れやホコリが付きにくく軽く拭くだけでキレイになるので、お掃除の手間を軽減します。

【仕様一覧】

品名 品番 適用畳数 全光束
(lm)
消費電力
(W)
固有
エネルギー
消費効率(lm/w)
光色・Ra
(cm)
高さ
(cm)
質量
(kg)
希望
小売価格
(税込)
LEDシーリングライト HH-LC712A 〜12畳 5350lm 61w 87.7lm/w 昼光色
6500K・Ra85
電球色
2700K・Ra85
67 12.5 4.6 オープン
価格
HH-LC512A 〜8畳 4000lm 46w 87.0lm/w 67 12.5 4.6
HH-LC711A
(凸型カバータイプ)
〜12畳 5350lm 61w 87.7lm/w 昼光色
6500K・Ra85
電球色
2700K・Ra85
67 11.3 4.6
HH-LC511A
(凸型カバータイプ)
〜8畳 4000lm 46w 87.0lm/w 67 11.3 4.6

【シーリングライト需要動向】

2010年度(実績) 2011年度(実績) 2012年度(見通し) 2013年度(予測)
約540万台
(内LED 3万台)
約660万台
(内LED 195万台)
約660万台
(内LED 440万台)
約660万台
(内LED 530万台)
(当社調べ)
  1. ※2既発売LEDシーリングライト HH-LC710A他
  2. ※3暗室における器具側面(器具中央から2mの位置)での測定値
  3. ※4間接光の色温度
  4. ※5LED光源の寿命(光束維持率70%)であり、製品の寿命を保証するものではありません
  5. ※6故障時には修理が必要です
  6. ※7一般的にRaが80以上あると、色の再現性が良いといわれています

別紙 感性指標化技術について

あかり空間の違いが、人のすっきり感やくつろぎ感にどのような影響を及ぼすかを検証するため、当社独自の「感性指標化技術」を用いて、心理・生理解析を実施しました。
その結果、「すっきりのあかり」は覚醒感や快適感が高まりすっきりした気分になり、「くつろぎのあかり(センター光ON)」はより快適感が高まりくつろいだ気分になることが実証されました。

(※)感性指標化技術:心理学者ラッセルが提唱した感情モデル(快適感と覚醒感の2軸で表現)に基づいて、脳波関連の複数の生理指標から快適感・覚醒感を数値化し感情モデル上に配置することで、ユーザーの感性(心理状態)を推定する技術

【実験方法】
実験参加者:16名(30代〜60代の男女、照明にこだわりや興味がある方)
すっきり、昼光色、くつろぎ(センター光ON、OFF)、電球色(約15%調光)の合計5条件の空間をソファに着座した状態で観察し、心理・生理計測を実施

■ここで、快適感・覚醒感は社団法人日本生体医工学会の原著論文(Vol.48(2010),No.2,pp.197-206)に記載の評価方法を参考にして、脳波のデータを用いて算出しています。
また、「気持ちがリフレッシュする」「くつろいだ気分になる」「おやすみ前の癒しに合う」は、9段階の主観評価により算出しています。