プレスリリース

2012年10月5日

「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」

「スマートコミュニティ構想普及支援事業」に採択

藤沢広域における地域貢献のための事業化検討を開始

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会(以下、NEPC)が公募する「平成24年度スマートコミュニティ構想普及支援事業」に「藤沢 サスティナブル・スマートタウン(以下、FSST)を中心とする広域分散ネットワーク型スマートコミュニティ事業化FS調査」を申請し、9月27日に採択を受けました。

「平成24年度スマートコミュニティ構想普及支援事業」は、経済産業省の補助事業として、NEPCが今年6月に公募を行ったもので、地方公共団体等が再生可能エネルギー等をはじめとした地域のエネルギーを効果的に活用し、各地の実状にあったスマートコミュニティを構築するための普及支援事業費を補助するものです。

今回、採択された目的・調査内容は、以下の通りです。

【名称】

FSSTを中心とする広域分散ネットワーク型スマートコミュニティ事業化FS調査

【目的】

  • 広く藤沢市に分散・点在する遊休地・低未利用地・公共用地の活用可能性を明らかにし、太陽光パネルや蓄電池やEVバイク(バッテリーシェアリング含む)の分散ネットワーク事業化の可能性を検討する。
  • 生活者視点でのスマートコミュニティの価値を明らかにし、2013年3月立上げ予定のタウンマネジメント会社の計画策定にも活用する。

【調査計画】

パナソニック株式会社が検討主体となり、藤沢市をアドバイザーとして迎えた「検討委員会」を設置し、適宜、地域企業関係者や地域住民のヒアリング・アンケート・調査を通じて、地域との協力体制を整えながら、目指すべき姿と実現に向けた課題解決方法についての検討を図っていく。

パナソニックは、エネルギーマネジメント事業を通じて、藤沢市の取り組みに協力していくとともに、再生可能エネルギー導入に関する技術やノウハウを蓄積することで、今後もスマートコミュニティに関する取り組みを強化していきます。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)