パナソニックがソーラーランタン6,000台超をカンボジアとミャンマーに寄贈

2014年11月26日
ミャンマーにおけるソーラーランタン寄贈式の模様

パナソニック株式会社は、「ソーラーランタン10万台プロジェクト」の2014年度の取り組みの一環として、カンボジアとミャンマーに合計6,000台を超えるソーラーランタン(BG-BL03)を寄贈しました。

「ソーラーランタン10万台プロジェクト」は、新興国・途上国の電力事情の悪い地域におけるさまざまな社会課題の解決に、本業の技術・製品を活用して寄与することを目指すパナソニックの企業市民活動(社会貢献活動)の取り組みです。創業100周年を迎える2018年度までに10万台の寄贈を目指しており、NPO/NGO、人道支援機関、国際機関などを寄贈相手先として取り組みを進めています。

▼ソーラーランタン10万台プロジェクト
http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/

カンボジアに関しては、2014年11月中旬に、NPO/NGOと人道支援機関 合計16団体に対して、合計2500台を超えるソーラーランタンを寄贈しました。これに先立つ2014年7月、パナソニックは国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)とのフレームワーク合意、ユネスコ世界遺産センターとのストラテジックパートナーシップ契約に基づき、ユネスコ プノンペン事務所に対してソーラーランタン1,500台を寄贈していましたので、カンボジアに対する2014年度の寄贈台数累計は4,000台を超えました。

ミャンマーでは2014年11月18日(火)、スーレー シャングリ・ラ ヤンゴンで、展示会(Panasonic Solutions Expo 2014) にあわせて寄贈式典を開催、2,000台を超えるソーラーランタンを寄贈しました。

2014年は「日・ミャンマー外交関係樹立60周年」であり、今回のミャンマーへのソーラーランタンの寄贈は在ミャンマー日本国大使館によってその記念事業に認定されました。今回寄贈されるソーラーランタンが、ミャンマーの人々の社会生活の改善と向上に役立てられ、日本とミャンマーとの友好協力関係が今後ますます増進することを期待しています。

カンボジアとミャンマーは近年、順調に経済成長を遂げていますが、発展を続ける都市部に対して農村部では貧困と関連するさまざまな社会課題が存在しており、電気のない生活を送る人々が今も多数います。今回寄贈するソーラーランタンは、寄贈相手先団体によって、電力事情の悪い地域におけるさまざまな社会課題の解決に用いられる予定です。

なお、パナソニックは過去、カンボジアでは2012年3月に15団体に対して2,000台、2013年12月にユネスコおよび8団体に対して合計2,500台、ソーラーランタンを寄贈しました。今回の4,000台超の寄贈により、カンボジアに対する累計寄贈台数は8,500台を超えます。
ミャンマーでは2013年2月に4団体に対してコンパクトソーラーライトを3,000台、2013年11月から12月にかけては5団体に対してソーラーランタン2,060台を寄贈しています。今回の2,000台超の寄贈により、ミャンマーに対する累計寄贈台数は7,060台を超えます。
両国における寄贈後のモニタリングを通じて、これらソーラー照明器具が保健医療、教育、所得創出などさまざまな分野において有効に活用されていることを確認しております。

[現場レポート/寄贈団体からの便り]
▼カンボジア:アンコール遺跡周辺の無電化地域を支えるあかり
http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/2014/10/jst.html

▼ミャンマー:寄贈団体からの便り〜ジャパンハート〜
http://panasonic.net/sustainability/jp/lantern/2014/05/voice_japanheart.html

これら2カ国に加えて、パナソニックは2014年度中に、他のアジア、アフリカの国々においても、ソーラーランタンを寄贈してまいります。

パナソニックは引き続き、世界中の全ての人々に 「A Better Life, A Better World」を提供する取り組みの一環として、「ソーラーランタン10万台プロジェクト」を継続し、持続可能な開発、そして国連ミレニアム開発目標(MDGs)達成への貢献につながる活動を行ってまいります。

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部 CSR・社会文化グループ
担当:星(TEL:03-3574-5665)

■カンボジアにおけるソーラーランタン寄贈先 ユネスコおよび16団体(五十音順)
・国際連合教育科学文化機関(ユネスコ) プノンペン事務所

・特定非営利活動法人 アジアの子どもたちの就学を支援する会
・アンコール遺跡の保全と周辺地域の持続的発展のための人材養成支援機構
・イエン財団
・特定非営利活動法人 ASACカンボジアに学校を贈る会
・特定非営利活動法人 幼い難民を考える会
・特定非営利活動法人 かものはしプロジェクト
・カンボジア教育支援基金
・カンボジアこどもの学び支援チーム
・教育支援センター「きずな」
・国際赤十字・赤新月社連盟
・公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会
・特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会
・マイ・ハッピー・ビレッジ・カンボジア
・ライフ・ウィズ・ディグニティ
・ワールド・アシスタンス・フォー・カンボジア/ジャパン・リリーフ・フォー・カンボジア
・ワールド・ビジョン(カンボジア事務所)

■ミャンマーにおけるソーラーランタン寄贈先8団体(五十音順)
・特定非営利活動法人 ジャパンハート
・セダナー
・公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
・特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン
・特定非営利活動法人 ビルメロの会
・ミャンマー赤十字社
・特定非営利活動法人 メコン総合研究所
・特定非営利活動法人 れんげ国際ボランティア会

<関連情報>
・パナソニックのCSR・環境
http://panasonic.net/sustainability/jp/
・[動画]ソーラーランタン10万台プロジェクトについて
http://www.youtube.com/watch?v=Lfaq8dvZ3Y8
・[動画] Sunshine to their Hearts .
https://www.youtube.com/watch?v=inwY8BXwqms

▼ミャンマーで初の総合展示会「パナソニック ソリューションズ EXPO」を開催
http://panasonic.co.jp/news/topics/2014/129877.html


  • ミャンマーにおけるソーラーランタン寄贈式の模様
  • カンボジア無電化地域の小学校で活動する[My Happy Village Cambodia]への寄贈

CSR・環境 ニュース

リオパラリンピックの閉会式に過去最大サイズのLED大型映像表示装置を納入

2016年9月19日

【動画レポート】充電池「エネループ」で鈴鹿サーキットを疾走~次世代エネルギーカーイベント「2016 Ene-1 GP SUZUKA」

2016年9月16日

パナソニックKWNグローバルコンテスト2016 グランプリは香港とタイの作品が受賞

2016年9月16日

※記事の内容は発信時のものです。
商品・サービスの販売・提供終了や、組織の変更等、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

RSS

Copy and paste this code.

x