「CEATEC JAPAN 2014」 キーテクノロジ ステージでパナソニックのデバイスを出展

2014年9月30日
CEATEC JAPAN 2014 パナソニックのデバイス製品ブースイメージ

パナソニック株式会社は2014年10月7日(火)~11日(土)までの5日間、千葉県の幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」のキーテクノロジ ステージにデバイス製品を出展します。

パナソニックのデバイス製品ブースでは、スマートグリッド向けのリレーやICT機器向けのコネクタ、ウエアラブル機器向け電池、また、ネットワーク対応AV機器で映像をより美しく表現できる新しいシステムLSIによるソリューションを出展します。

皆様のご来場をお待ちしています。

【主な出展商品】
●次世代電力網スマートグリッドで必要とされているアプリケーション毎に小型化・高機能化・高信頼性に貢献する各種リレー商品を紹介。
・太陽光発電システム向け:HE-Vリレー、EPリレー
・蓄電システム向け:EPリレー、PhotoMOSリレー
・照明・スマートメータ向け:DZリレー、DWリレー
・充電スタンド向け:EPリレー、PhotoMOSリレー

●ウエアラブル・モバイル端末の設計自由度向上に貢献する、小型/薄型・高機能・高信頼性の各種コネクタ商品とMIDソリューションを紹介。
・狭ピッチコネクタ
・高電流対応コネクタ
・FPCコネクタ
・MIDソリューション(MIPTEC/LDS)

▼リレー・コネクタ出展紹介サイト
https://www3.panasonic.biz/ac/j/whatsnew/2014/10/7/index.jsp

●ウエアラブル機器などの小型機器向け電池の新商品を紹介。

●これまで培ったAV技術をIT分野へ展開し、ネットワーク対応AV機器で映像をより美しく表現することが可能なシステムLSIを使用したソリューションを紹介。
最新の動画圧縮 HEVC main 10 profileに対応したシステムLSIにより、4K対応のデジタルサイネージや映像システム、また高精細で動きの速いスポーツ映像などのプレミアム4K VODサービス向けメディアプレーヤなどの高画質4K映像のリアルタイム再生が可能。
・4K 60p HEVC Decorder ProXStream EX:40Mbps/160Mbps比較、ネットワークAV対応 4K拡張Box、オーサリングシステム連携
・ProXStream CV:CVアクセラレータ
・ProXStream HV:2K/4K アップコンバータ
・Wireless Gigabit:WiGig 小型モジュール

▼システムLSI出展紹介サイト
http://www.semicon.panasonic.co.jp/jp/news/contents/2014/CEATEC/

【CEATEC JAPAN 2014 開催概要】
■会期: 2014年10月7日(火)~11日(土) 午前10時~午後5時
■会場:幕張メッセ キーテクノロジステージ ホール5(小間番号5K85,5K75)
■入場:全来場者登録入場制
当日登録:入場料 一般1,000円・学生500円(学生20名以上の団体および小学生以下は入場無料)
Web事前登録者・招待券持参による当日登録者入場無料
無料公開日(10月11日):入場無料(18才以上は入場登録が必要です)
■公式ホームページ:http://www.ceatec.com/ja/

<関連情報>
・「CEATEC JAPAN 2014」パナソニックブースの見どころ
http://panasonic.co.jp/news/topics/2014/127693.html
・[プレスリリース]テクニクス製品の発売について(2014年9月29日)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/09/jn140929-8/jn140929-8.html

・パナソニックの主要展示会情報
http://panasonic.net/exhibition/ja/

  • CEATEC JAPAN 2014 パナソニックのデバイス製品ブースイメージ

デバイス ニュース

業界初2000時間保証の「巻回形 電気二重層コンデンサ」を製品化

2016年11月30日

業界初コントラスト100万対1以上の新型IPS液晶パネルを開発

2016年11月28日

3.2GHz対応「埋込高シールドテレビターミナル」を発売

2016年11月21日

※記事の内容は発信時のものです。
商品・サービスの販売・提供終了や、組織の変更等、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

RSS

Copy and paste this code.

x