UNESCOとのパートナーシップ契約を更新 世界遺産の大切さを伝えるパナソニック【動画ニュース】

2013年7月12日

トピックス

パナソニックは、ユネスコ世界遺産センターとのストラテジックパートナーシップを2015年まで更新しました。この動画では、カンボジアのプノンペンで行われたパートナーシップ契約更新の調印式の様子や、パートナーシップ活動の最新情報、アンコール遺跡で開催された「世界遺産エコラーニングプログラム」の様子をご覧いただけます。世界遺産保護の大切さを伝え続ける、パナソニックの姿をぜひご覧ください。

▼UNESCOとのパートナーシップ契約を更新 世界遺産の大切さを伝えるPanasonic
http://youtu.be/Bx5B9GWc_ms

【ユネスコ世界遺産センターとのパートナーシップを更新】
2011年にユネスコ世界遺産センターと「世界遺産保護の大切さを伝える活動」と「次世代環境教育活動の促進」を目的としたストラテジックパートナーシップを締結し、世界遺産の素晴らしさを伝えてきたパナソニック。今回、カンボジアで開催された第37回世界遺産委員会にあわせて2015年までのパートナーシップ契約更新の調印式が行われました。また、無電化地域で創エネ・蓄エネを可能にする「ソーラーLEDランタン」や、各国の世界遺産にも納入されている「LED照明」もユネスコに寄贈されました。ユネスコ事務局長のイリーナ・ボコバさんは、「持続可能な発展、そしてユネスコの活動や取り組みに対する、パナソニックの多大なる貢献、そしてリーダーシップに非常に感謝しています」と語り、パナソニックのサポートへの期待を示しました。

【世界遺産の大切さを伝えるパナソニック -技術支援・コミュニケーション- 】
ユネスコとの共同プログラム活動を通じて、世界遺産保護の大切さを伝えているパナソニック。技術支援の分野では、3D技術を応用した映像システム「DIVE into World Heritage 3D」を紹介。パリのユネスコ本部をはじめ世界各地で使われているこのシステムは、5面の大画面ディスプレイいっぱいに臨場感あふれる世界遺産の3D 映像を上映し、世界遺産の素晴らしさを伝えています。また、高解像度パネルを搭載した「4K tablet」やパソコンやタブレット端末で利用できる「世界遺産カレンダーアプリ」も展示され、そこに映し出される美しい映像に注目が集まりました。コミュニケーション分野では、世界193の国と地域で放送されているナショナル ジオグラフィック チャンネルでの提供番組も継続が決定しました。

【世界遺産の大切さを伝えるパナソニック -環境教育- 】
パナソニックは、次世代の子供たちへの環境教育活動にも力を入れており、これまでも世界各地で、子供たちを世界遺産へ招待し環境教育を行ってきました。ここカンボジアでも調印式の前日に、世界遺産のひとつであるアンコール遺跡で、地元の小学生100名を対象に「世界遺産エコラーニングプログラム」を開催しました。世界遺産についてのレクチャーを受けるとともに、実際に遺跡の修復が行われている現場も見学し、世界遺産や環境を守ることの大切さを実感してもらいました。

先進のAV技術やコミュニケーション活動、次世代への環境教育活動などを通じて、世界遺産の素晴らしさを伝えているパナソニック。地球の宝物である世界遺産を守るための取り組みを、どうぞご覧ください。

▼関連リンク
パナソニックとユネスコがストラテジックパートナーシップの契約を更新(2013年6月18日)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/06/jn130618-1/jn130618-1.html
世界遺産スペシャル | Panasonic
http://panasonic.co.jp/ad/worldheritage/
キッズスクール | Panasonic
http://pks.panasonic.co.jp/

---■チャンネルパナソニック■---
パナソニックグループの製品や企業情報を映像でご紹介する動画ポータルサイトです。お気に入りの動画を見つけていただいたら、ぜひブックマークやチャンネル登録、またご友人・知人方々へシェアください。
http://ch.panasonic.net/jp/
また、チャンネルパナソニック内の一押し動画は、こちらのサイトでも紹介しています。
http://ex-blog.panasonic.co.jp/ch_panasonic/

発表年月
発表年月