動画レビュー

「2017 パラ・パワーリフティング ジャパンカップ」で、パワーアシストスーツがプレート着脱補助スタッフの負担軽減に貢献

2017年7月28日

特集

「2017 パラ・パワーリフティング ジャパンカップ」で、パワーアシストスーツがプレート着脱補助スタッフの負担軽減に貢献

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)と株式会社ATOUN(本社:奈良県奈良市、代表取締役社長:藤本 弘道、以下、ATOUN)は、2017年7月16日(日)、福岡・北九州芸術劇場にて開催の「2017 パラ・パワーリフティング ジャパンカップ」において、バーベルへのプレート(重り)着脱や選手補助スタッフへのパワーアシストスーツ着用支援を行いました。スポーツ競技の現場におけるパワーアシストスーツの利用可能性と、体への負担軽減を確認する実証実験の様子を動画で紹介します。

パラ・パワーリフティングは、下肢に障がいを持つ選手によるベンチプレス競技です。男子は49kg級から107+kg級、女子は41kg級から86+kg級まで10階級あり、各階級にあわせてのプレートの交換・追加作業はスタッフが行います。公式試合で使用されるプレートは、一つ10kg~50kgもの重さ。選手は1大会で3回の試技を行うため、40人の選手が参加する大会の場合は、プレートを床から持ち上げてバーベルに取り付けたり外して置いたりする作業が、トータルで120回以上にも及びます。

パナソニックとATOUNは、プレート着脱作業を担うスタッフの筋肉や腰への負担をパワーアシストスーツで軽減できる可能性に着目し、NPO法人 日本パラ・パワーリフティング連盟の協力のもと実証実験を行いました。今回の実証実験で利用したパワーアシストスーツ「ATOUN MODEL A」は、運送会社や配送センター、工場など、重い荷物の上げ下げを頻繁に行う作業現場に導入されています。今回、この「ATOUN MODEL A」にパワーリフティング用の装飾を施し、大会を盛り上げました。

「ATOUN MODEL A」を着用したスタッフは「パワーアシストスーツが自然な感覚で力を貸してくれるので、踏ん張らなくてもプレートを持ち上げることができ、楽だな、と実感しました」と述べています。

パワーアシストスーツを着用したスタッフに間近で接したマクドナルド山本 恵理選手は「私たち選手は、補助者の方がいるからこそ競技に集中できます。パワーアシストスーツで補助者の負担が減ることは、私たちもその分、安心して競技に取り組めることにつながります」と話しています。

NPO法人 日本パラ・パワーリフティング連盟の吉田 進理事長は「大会を安心・安全に進めるために、今後、前向きにパワーアシストスーツの導入を検討したいと思います」とコメントしました。

パナソニックは、さまざまなスポーツ競技において、選手やスタッフ、そして観戦者に対し、より競技を楽しめる環境を独自の技術やソリューションで提供していきます。

発表年月
発表年月