Panasonic Newsroom トッププレスリリース「洗髪ロボット」、「ロボティックベッド」およびコミュニケーション支援ロボット「HOSPI-Rimo」の開発

プレスリリース

2011年9月26日

第38回国際福祉機器展に出展

「洗髪ロボット」、「ロボティックベッド」
およびコミュニケーション支援ロボット「HOSPI-Rimo」の開発

洗髪ロボット

ロボティックベッド

HOSPI-Rimo

【要旨】

パナソニック株式会社は、「洗髪ロボット」を2010年の第37回国際福祉機器展に、またベッド型ロボット「ロボティックベッド」を2009年の第36回国際福祉機器展に出展し、様々なご要望を基に改良を加え、開発を進めてまいりました。また、自律移動ロボット「HOSPI」の技術を基に、新しくコミュニケーション支援ロボット「HOSPI-Rimo」を開発しました。これらのロボットにより、介護を必要とする方々の安心・安全で快適・元気なくらしのサポートを提供することを目指してまいります。
当社は、この3点の開発品を第38回国際福祉機器展(10月5日〜7日、東京ビッグサイト)に参考出展します。

【背景と従来の課題】

「洗髪ロボット」につきましては、発表と同時に大きな反響をいただき、商品化へのご期待とともにコンディショナーや乾燥機能など追加機能のご要望を数多くいただきました。また、機構的な面での課題もありました。
「ロボティックベッド」も同様に大きな反響と商品化へのご期待を頂きました。その後、各方面より頂いたご要望や、現在参画しているNEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の生活支援ロボット実用化プロジェクトの活動を通じて得られた実用面・安全面での課題について改善を着実に進めてきました。
「ロボティックベッド」とともに発表しました「ロボティックキャノピー」につきましても、より導入しやすく、よりフレンドリーな形で、いながらにできるコミュニケーションを支援することが望まれ、これに対応する方向で新たにコミュニケーション支援ロボット「HOSPI-Rimo」を開発しました。

【特長】

●洗髪ロボット

ロボットハンドの技術を応用した洗髪ロボットの進化型です。頭の形を従来よりも細かくスキャニングし、新たな手技を加えて手洗いから泡洗浄、乾燥までの一連の洗髪動作を行います。個人の頭の形状やお好みの洗い方のデータも登録でき、毎日の洗髪ニーズや頭皮ケアにも対応することを想定しています。

1. 新・3D追従メカ/制御技術
伸縮機能を加えた洗浄アームと、後頭部洗浄メカの協調制御によって洗浄領域を拡大、合計24個の指先を用いて、より一層進化した3D圧力制御により優しく頭を洗浄。

2. コンディショナー、ドライヤー機能
従来の手洗い、泡洗浄に加え、ご要望の強かったコンディショナー機能および簡易ドライヤーを搭載、洗いから乾燥まで一連の洗髪動作をロボットが支援。

3. スポットもみ洗い機能
進化したタッチパネルインターフェースにより、好みの位置、好みの強さ、洗い方を指定できるスポットもみ洗い機能を搭載、ユーザの細かな要望にも対応。

●ロボティックベッド

ロボット技術により電動ケアベッドと電動車いすが融合したロボティックベッドは、ベッドから開放されたメリハリのある自立生活をサポートし、自らの意思でベッドと車いす間の移動を自在に行うことができます。新たな機能の追加や、昨年発表した車いす機能付き電動ケアベッドとのモジュールの共有化により、さらなる実用性向上を図りました。

1. 介助および自立支援を実現するロボティックベッド共通プラットホーム
車いす機能付き電動ケアベッドの実用機能を取り入れ、モジュール共有化。
より高い実用性、広いユーザ層をサポートできるよう構成要素の共通化。

2. 新搭載・チルト合体/分離機能
車いす部には電動チルト機能を新たに搭載。車いす長時間利用時のズレのない体圧分散だけでなく、チルト姿勢での合体/分離の実現により、さらに実用性・快適性をアップ。

3. かんたん操作インターフェース
複雑なモード切替/選択、合体/分離操作、全方向移動の操作がひと目で分かり、簡単・自在に操作できるかんたん操作インターフェースを装備。

●コミュニケーション支援ロボット「HOSPI-Rimo(Remote Intelligence and Mobility)」

当社の病院内搬送ロボットHOSPIの自律移動技術とHD映像コミュニケーション技術を応用し、介護施設などの入所者との対話や指導、病院の入院患者や施設の入所者・独居高齢者などへの遠隔地からのお見舞いなど、ロボットを通して、離れたところにいる人との自然なコミュニケーションを可能にします。

1. 自律移動と操縦とのハイブリッド遠隔制御技術
対象となる人の近くを指定すれば、ロボットが周囲の状況を認識しながら自分で移動。
遠隔操作によるロボットの操縦も、随時可能で、このときもロボットは周囲の状況を認識し、安全に移動。

2. ロボットの動作と映像コミュニケーションによる対話機能
遠隔操作により、ロボットに搭載したカメラの撮影方向を自由に設定。

HD映像コミュニケーション技術により双方向での自然な対話が可能。
当社はロボット技術とITを連携し、介護が必要な方や介護に携わる方に対して、ロボット単体だけでなく、人とロボットが協働してトータルにサポートできるロボットシステムソリューションとしてご提案し、お客様のニーズを捉えた開発を進め、介護・福祉分野におけるお役立ちを目指してまいります。

【お問い合わせ先】

パナソニック(株)生産革新本部 企画グループ 広報・渉外担当
TEL:06-6905-4857

RSS