プレスリリース

2011年3月3日

株式会社ベンテック
パナソニック エコシステムズ株式会社

新型二重整流構造※1採用で、排気による壁汚れを低減

換気用ベントキャップ※2「防風板付フラットフード(覆い付)」を発売

排気による軒天汚れにも対応

品名 防風板付フラットフード
品番 VB-FHUG100S(他全9機種)
本体希望小売価格 7,245円(税込)より
発売日 2011年4月1日
販売目標 全9機種合計 20,000台/年

パナソニック エコシステムズ株式会社の子会社である株式会社ベンテック※3(愛知県春日井市鷹来町字下仲田4017番、社長 馬場克美)は、新型二重整流構造採用により、排気による建物壁面や軒天※4への汚れを低減し、圧力損失および雨水の浸入をさらに低減した換気用ベントキャップ※1『防風板付フラットフード(覆い付)』を4月1日より発売します。

マンションや戸建住宅では、壁面の換気口に防風板付フードを設置し、風雨の侵入を防ぐとともにデザイン性を高めるのが主流になっています。一般的な防風板付フードでは、フード正面の防風板に排気流が反射し壁面に接触して発生する“排気による壁汚れ”や、換気口の上近傍に軒天※4がある場合には、“排気による軒天汚れ”が発生する課題があります。また、一般的な防風板フードでは、圧力損失が大きく、換気性能の低下の要因となることがあります。

本製品は、独自の二重整流構造※1を採用し、圧力損失を低減しつつ、排気流を壁面に接触しにくくして壁面の汚れを低減するとともに、フード上部に覆いを設けることにより軒天※4の汚れも抑制。さらに、強風時での雨水の浸入をさらに低減しました。
当社は本製品により、換気の質を高め、さらに快適な居住環境づくりに貢献してまいります。

【特長】

  1. 二重整流構造※1・上部覆いを採用し、壁・軒天※4の汚れを大幅に低減
    フード内部の流線形整流板と、フード外周の襟巻板による二重整流構造を採用。排気流を効率よく壁から離すことができ、排気による壁面の汚れを大幅に低減します。
    また、フード上部の“覆い”により、軒天※4の汚れも低減します。
  2. 流線形整流板の採用で、業界最小※5の圧力損失を実現
    フード内部の流線形整流板により、効率的な排気流を実現。一般的な防風板付フード(覆い付)において業界最小※5の圧力損失抵抗係数※6を実現しました。
  3. “覆い”の採用で、雨水浸入をさらに低減
    フード上部の“覆い”により、強風時での雨水浸入をさらに低減。

【お問い合わせ先】

パナソニック エコシステムズ(株)広報担当
TEL(0568)81-1161
ホームページ:http://ventec.panasonic.co.jp/

【開発の背景】

■住宅産業業界では、シックハウス対策により、建築基準法が改正(2003年7月施行)され、一般住宅では24時間常時換気が義務化されています。これにより換気量が増え、住宅の壁面に設置された換気フードから出る排気流で建物の壁汚れが発生することから、この問題を解決する商品が望まれています。

■圧力損失の高いフードでは、空気の流れが悪くなり、排気・給気風量が少なくなることから、圧力損失の低い換気フードが望まれています。

■ゲリラ豪雨などの異常気象により、強風雨時での風雨浸入防止性能への要望がより高まっています。

【特長】

1.二重整流構造※1・上部覆いを採用し、壁・軒天※4の汚れを大幅に低減

汚れは排気が壁面に接触して発生するため、フード内部の流線形整流板と、フード外周の襟巻板による二重整流構造を採用。排気流を効率よく壁から離し、排気による壁面の汚れを大幅低減。フード上部の覆い付きで軒天にも対応。

2.流線形整流板の採用で、業界最小※5の圧力損失を実現

フード内部の流線形整流板により、フード内の乱流を抑制。効率的な排気流により、防風板付フード(覆い付)において業界最小※5の圧力損失抵抗係数※6を実現しました。

3.“覆い”の採用で、雨水浸入をさらに低減

フード上部に覆いをつけることにより、強風時の雨水の室内浸入を低減。

【特許】

国内10件(出願中)

【需要動向】

●市場規模(当社調べ)と当社計画

年度 2011年度 2012年度 2013年度
市場規模 250,000台 250,000台 250,000台
当社計画 20,000台 25,000台 30,000台
台数は防風板付フード(覆い付)タイプを示す。

【製品仕様】全9機種をラインナップ

品番 VB-FHUG100S VB-FHUG100SA VB-FHUN100S VB-FHUN100SA
材質 ステンレス製
接続径 φ100
仕様 ガラリ付 ガラリ・FD(72℃)付 防虫網付 防虫網・FD(72℃)付
圧力損失抵抗
係数※6
(排気/給気)
2.1/3.3 2.9/3.9 2.6/3.6 3.4/4.1
直感相当長
(排気/給気)[m]
12/18 16/22 14/20 12/18
隙間相当開口面積
(排気/給気)[cm2]
54/43 46/40 49/41 43/39
重量 0.5kg 0.6kg 0.5kg 0.5kg
品番 VB-FHUG150S VB-FHUG150SA VB-FHUG150SA VB-FHUN150S VB-FHUN150SA
材質 ステンレス製
接続径[mm] φ150
仕様 ガラリ付 ガラリ・FD(72℃)付 ガラリ・FD(120℃)付 防虫網付 防虫網・FD(72℃)付
圧力損失抵抗
係数※6
(排気/給気)
2.8/3.4 3.1/3.8 3.1/3.8 3.8/4.2 4.3/4.6
直感相当長
(排気/給気)[m]
23/28 26/32 26/32 32/35 36/38
隙間相当開口面積
(排気/給気)[cm2]
106/96 100/91 100/91 91/86 85/82
重量 0.85kg 1.25kg 1.25kg 0.85kg 1.25kg
*ガラリ:換気開口部から鳥などが入るのを防ぐ格子
*防虫網:換気開口部から虫などが入るのを防ぐ網
*FD: 防火ダンパー(Fire Damper)。建物の貫通するところに取り付けられ、風道内の温度が上昇した場合に自動的に閉鎖するダンパー。火災や、火災による煙が拡大しないため用いられるもの。

■設置事例と商品写真


防風板付フラットフード(覆い付)

(マンション設置例) 戸建て住宅設置例

■注釈一覧

  1. ※1: フード内部の流線形整流板と、フード外周の襟巻板による二重整流構造
  2. ※2: 住宅の壁面に設置し、換気口をカバーする部材
  3. ※3: 株式会社ベンテックは2011年4月1日より、パナソニック エコシステムズ ベンテック株式会社に社名変更予定
  4. ※4: 屋根の軒先(外壁から出ている部分)の裏側
  5. ※5: 防風板付フード(覆い付)のガラリ付タイプとして、圧力損失抵抗係数が業界最小
    (2011年3月3日現在。当社調べ)。
  6. ※6: 空気が換気口内部を通過する時の抵抗による圧力の抵抗損失を係数化したものです。数値が小さいほど換気効率が良いことになります。