Panasonic Newsroom トッププレスリリースクラウドサービス事業に向けて、スマート端末「ビエラ・タブレット」を開発

プレスリリース

2011年1月6日

テレビとタブレットの連携で、新しい視聴スタイルを提案

クラウドサービス事業に向けて、スマート端末「ビエラ・タブレット」を開発

試作機を1月6日から開催の2011CESに出展

パナソニック株式会社は、デジタルテレビ・ビエラと連携し、様々なクラウドサービスに対応するスマート端末「ビエラ・タブレット」を開発しました。当社は本年、グローバルに、この端末を商品化し、映像配信・電子書籍配信などのクラウドサービス事業に向けた取り組みを開始します。
なお、試作機を1月6日から9日に米国・ラスベガスにて開催される「2011 International CES(2011CES)」に出展します。

「ビエラ・タブレット」は、小型ディスプレイとタッチパネルを用いたタブレット型の端末です。ビエラと連携して、より創造的な機能と操作性を実現しようとするもので、インターネットテレビ単体で体験するサービスとは異なる、新しい価値を提供します。また、サービスを簡単・快適に操作できる「直感操作」と、テレビ画面の映像に関連した映像や情報を表示する「子画面」としての機能を併せ持ち、新しい視聴スタイルを実現します。

本端末は、サービスやコンテンツに適した視認性と操作性(GUI)を実現するため、4型から10型程度の異なるディスプレイサイズを持つ複数機種で展開します。また、薄型・軽量性、長時間動作、耐衝撃性など当社がポータブル機器で培ったノウハウを活かし、サービスに最適な仕様を備えたハードウエアです。

今後、当社は、今回開発した技術をベースとして、様々なサービスを簡易な操作で快適に享受いただけるように、業界の有力企業とのアライアンスを視野に入れながら、早期のクラウドサービス事業化に取り組んでまいります。

なお、2011CESにおいて提案する「コンセプト展示」は、以下の通りです。(【ご参考】参照)
(1) テレビと同様に、インターネットを使った「VIERA Connect*」が楽しめる。
(2) 「ビジュアルリモコン」として、チャンネル切替えなど、直感的なテレビ操作ができる。
(3) スポーツ映像が複数の角度で視聴できる。
(4) 映像視聴中に、SNS(ソーシャルネットワークサービス)と連動したコミュニケーションができる。
(5) 視聴コンテンツと連動した「eコマース」で、関連商品を直ぐに購入できる。
*:ビエラに搭載されるテレビ向けインターネットサービス。テレビのリモコンで、様々なコンテンツやサービスを簡単・快適に楽しめる。

【ご参考】

<試作機の概要>
・表示装置: 液晶ディスプレイ(10、7、4型)
・入力装置: タッチパネル
・通信機能: Wi-Fi
・OS:AndroidTM
*「Android」は、Google Inc.の登録商標です。

<今後検討するサービスの事例>

<デジタルテレビ・ビエラと「ビエラ・タブレット」を連携させたサービスの事例>

以上

RSS