プレスリリース

2010年8月3日

「ナノイー」技術と「エコナビ」を搭載※1

加湿空気清浄機「うるおいエアーリッチ」4機種を発売

快適性と省エネ性を両立

F-VXF65-W
F-VXF65-W

F-VXF65-S
F-VXF65-S

F-VXF65-T
F-VXF65-T

品名 加湿空気清浄機
品番 F-VXF70 F-VXF65 F-VXF45 F-VXF35
希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 9月1日
月産台数 40,000台

アプライアンス・ウェルネス マーケティング本部は、水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」と「エコナビ」を搭載※1し、快適性と省エネ性を両立した加湿空気清浄機「うるおいエアーリッチ」4機種を9月1日より発売します。

近年では、ハウスダストや花粉対策のニーズに加え、乾燥対策のニーズも高まっており、空気清浄機の市場は加湿機能を搭載した多機能タイプの割合が年々拡大しています。さらに、使用場所もリビングだけでなく、寝室や子供部屋など家庭内で複数使用している家庭も目立っています。

本製品は、当社独自の「ナノイー」技術により、菌※2やアレル物質※3を抑制(密閉空間での効果であり、実使用空間での効果ではありません。)、さらに繊維に付着したニオイ※4も脱臭します。また、「エコナビ」で日々の空気の汚れを記憶して、汚れが広がる前に先回りして効率的に集じんします。「風量自動」モードに対し約40%※5の省エネを実現しました。さらに照度センサーにより、室内の明るさに応じて本体表示の明るさと風量を自動で切り換えます。脱臭フィルターの交換寿命を7年から10年へと伸ばしたことで、内蔵されている脱臭・集じん・加湿フィルターすべてにおいて10年間交換不要※6を実現しました。

当社は本製品により、健康的で快適な室内空間づくりを提案します。

<特長>

  1. 「ナノイー」技術搭載で、除菌※2* ・付着臭脱臭※4、うるおい美肌空間へ
    *浮遊菌は10m3の密閉空間での試験による240分後の効果であり、付着菌は1m3の密閉容器での試験による24時間後の効果です。実使用空間での効果ではありません。
  2. 「エコナビ」で、空気の汚れを学習して省エネ運転※5(F-VXF70,VXF65のみ)
    ・パトロール運転と学習運転で約40%※5省エネ。
  3. 10年間交換不要※6**の「集じんフィルター」「脱臭フィルター」「加湿フィルター」搭載(F-VXF35は除く)
    **使用状況によっては寿命が早いことがあります。定期的にフィルターの掃除が必要です。
  1. ※1:F-VXF70,VXF65のみ。
  2. ※2:(浮遊菌)【試験機関】(財)北里環境科学センター 【試験方法】10m3密閉空間内で直接 曝露し捕集した菌数を測定 【除菌の方法】ナノイーを放出 【対象】浮遊した菌 【試験結果】240分で99%以上抑制 北生発21_0142号
    (付着菌)【試験機関】(財)北里環境科学センター 【試験方法】1m3密閉容器内の布に染み込んだ菌数を測定 【除菌の方法】 ナノイーを放出 【対象】標準布に染み付いた菌 【試験結果】24時間で99.9%以上抑制 北生発20_0154_2号
    <上記試験は1種類のみの菌で実施>

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
ホームページ:http://panasonic.jp/air

<特長>

1.「ナノイー」技術搭載で、除菌※2* ・付着臭脱臭※4、うるおい美肌空間へ

*浮遊菌は10m3の密閉空間での試験による240分後の効果であり、付着菌は1m3の密閉容器での試験による24時間後の効果です。実使用空間での効果ではありません。
「ナノイー」とは、ナノテクノロジーから生まれた、当社独自の水に包まれた微粒子イオンです。水に高電圧をかけることにより生成され、マイナスイオンなどの空気イオンに比べ約6倍の長寿命、水分量(体積比)は約1,000倍以上です。また、空気中の菌※2*やウイルス※7 (1m3の密閉容器の試験による90分後の効果であり、実使用空間での効果ではありません。) 、付着したニオイも抑制します。 【ナノイーの特長】

● 「ナノイー」は水に包まれているから長寿命

【長寿命のメカニズム(イメージ)】

空気イオン 一般的な空気イオンは、空気中に多い酸素や窒素と結合するので、対象物に届きにくい。
「ナノイー」は、水に溶けにくい酸素や窒素とは結合せず、対象物に届きやすい。

ナノイー
<イメージ>

●菌※2*やカビ菌※8、花粉などのアレル物質※3も抑制

*浮遊菌は10m3の密閉空間での試験による240分後の効果であり、付着菌は1m3の密閉容器での試験による24時間後の効果です。 実使用空間での効果ではありません。

【「ナノイー」の菌※2*抑制】

ナノイーによる菌の変化(約20,000倍で撮影)

※2*を抑制し、空気を清潔に保ちます。

*浮遊菌は10m3の密閉空間での試験による240分後の効果であり、付着菌は1m3の密閉容器での試験による24時間後の効果です。
実使用空間での効果ではありません。

●「ナノイー」でうるおい美肌空間へ

【「ナノイー」の肌への効果】

ナノイーによる菌の変化(約20,000倍で撮影)
「ナノイー」が皮脂を親水化し、うるおい美肌空間へ。

2.「エコナビ」で、空気の汚れを学習して省エネ運転※5(F-VXF70,VXF65のみ)

・パトロール運転と学習運転で約40%省エネ※5

「エコナビ」を搭載し、「パトロール運転」と「学習運転」の相乗効果により、無駄のない集じん運転を行います。「風量自動」モードに比べ、約40%の省エネ※5を実現します。

【消費電力比較】

パトロール運転

空気がきれいな場合は運転を自動休止し消費電力を抑えるとともに、1時間おきに効率的なパトロール運転をすることで、空気の汚れ発生を見逃しません。

学習運転

日々の空気の汚れが発生する時間と汚れの程度を学習し、蓄積することで生活パターンを把握。空気の汚れが発生する前に先回り運転するので、汚れが室内に広まる前に素早く吸引します。

【消費電力比較】

さらに、室内の明るさを感知する「照度センサー」により、就寝時などの使用に配慮した運転を行います。室内の明るさに応じて、本体表示の明るさと風量を自動で切り換えるので※9、光や運転音が気になる時に便利です。

3.10年間交換不要※6**「集じんフィルター」「脱臭フィルター」「加湿フィルター」搭載

** 使用状況によっては寿命が早いことがあります。定期的にフィルターの掃除が必要です。(F-VXF35は除く)

本製品は、「脱臭フィルター」において、活性炭の超微細孔部表面に塗布する添着剤をニオイへの反応性の高い成分に改善することで吸着性を高めました。その結果、交換寿命について、従来※10の7年から10年へと長寿命化を実現しました。

●脱臭フィルターに使用している活性炭のモデル<イメージ>

これにより、従来※10より10年間交換不要※6**の「ハイブリッド集じんフィルター」と、旭化成せんい株式会社と共同開発したフュージョン®※11素材の「加湿フィルター」と合わせ、本体に搭載しているすべてのフィルターにおいて、10年間交換不要※6**の長寿命化を実現し、使用時のフィルター交換の手間とメンテナンスコストの低減を図りました。

集じんフィルターは、ガラス繊維を主な素材としたハイブリッド集じんフィルターに、当社独自の「スーパーアレルバスター」「緑茶カテキン」「バイオ除菌」を添着することで、花粉などのアレル物質※12をはじめ、ウイルス※13、菌※14やカビ菌※15の活動を抑制します。
加湿フィルターは、水あかなどの汚れが付着しにくい構造のダブルラッシェル構造により、目づまりによる加湿能力の低下が抑えられ、10年間(120か月)交換不要※6**の長寿命です。(標準的なお手入れは月1回です。)

4.汚れの種類に応じて、2つの気流を使い分ける「メガキャッチャー」(F-VXF35を除く)

汚れが発生した際、ハウスダストセンサーとニオイセンサーの2つのセンサーで汚れの種類を検知※16し、前面パネルが開口する当社独自の「メガキャッチャー」で、それぞれに集じんを行います。部屋全体に広がるニオイ・けむりには、前面パネルが前方に開くことで上下左右4方向から吸引。床上30cm付近に分布する花粉などのハウスダストには、前面パネルが上方に動くことで下からの吸引力を高めます。「メガキャッチャー」非搭載の機種よりも、大開口で強力に吸引します。

また、今回、2ミクロン以上のハウスダストを見つけると、約10秒間点滅してお知らせする「ハウスダスト発見サイン」を新たに搭載※17、気づきにくい空気の汚れを分かりやすくお知らせします。

●「メガキャッチャー」気流(イメージ)   ●ハウスダスト発見サイン/照度センサー
センサーが汚れを見分けて2つの気流を自動で使い分けます。
【ニオイ・けむり吸引時】 【ハウスダスト吸引時】
横から汚れを効率よく吸引 パネルがせり上がり、
大開口で下から強力吸引
<イメージ>

●家庭における室内高さとハウスダスト分布の関係

ハウスダスト量分布
家庭空間でハウスダストの分布は、床に近づく程、多く存在。
「メガキャッチャー」の下側大開口により、床上付近の汚れを強力吸引

5.後方の壁から近い「壁際設置」が可能

前面吸込み方式のため、後方の壁際設置が可能です。
これにより、お部屋のレイアウトを妨げず、コーナー設置など場所を取らない設置が出来ます。

6.湿度サインで現在湿度の目安を1%単位でお知らせ(F-VXF70のみ)

デジタル湿度サイン搭載で、現在の湿度目安を1%単位で分かりやすくお知らせします※18

7.その他の特長

■スムーズな運転切り換えで、運転音の変化が気になりにくい「シームレスドライブ」
■お子様のいたずら操作を防止するチャイルドロック( F-VXF45-CKは操作ロック)
■F-VXF45のコモンブラック色(-CK)については、「「NIGHT COLORシリーズ」です。
アラサー(Around30)世代のライフスタイルにマッチしたカラー・デザインです。
■2・4時間の切タイマー(F-VXF70のみ)

【需要動向】

  2007年度実績 2008年度実績 2009年度実績 2010年度(見通し)
空気清浄機 148万台 146万台 218万台 170万台
内:加湿空気清浄機 45万台 74万台 152万台 140万台
<当社調べ>

【仕様一覧】

品番 F-VXF70 F-VXF65 F-VXF45 F-VXF35
-N:シャンパンゴールド -S:ブライトシルバー
-W:シルキーホワイト
-T:ダークブラウン
-W:ホワイト
-P:サクラ
-CK:コモンブラック
-S:シルバー
-A:メタリックブルー
空気清浄
運転
集じん・脱臭適用床面積 〜31畳(51m2 〜30畳(50m2 〜21畳(35m2 〜16畳(26m2
消費電力 7〜67W 7〜59W 5〜33W 6〜40W
風量 1.2〜6.8m3/分 1.2〜6.5m3/分 0.9〜4.5m3/分 0.9〜3.5m3/分
運転音 18〜54dB 18〜53dB 19〜49dB 22〜49dB
加湿
空気清浄
運転
集じん・脱臭適用床面積 〜28畳(46m2 〜28畳(46m2 〜21畳(35m2 〜16畳(26m2
加湿
適用床面積
プレハブ洋室 〜17畳(28m2 〜17畳(28m2 〜13畳(21m2 〜10畳(16m2
木造 〜10畳(17m2 〜10畳(17m2 〜8畳(13m2 〜6畳(10m2
消費電力 9〜52W 9〜52W 7〜35W 8〜40W
加湿能力 150〜600mL/時間 150〜600mL/時間 100〜450mL/時間 100〜350mL/時間
運転音 18〜52dB 18〜52dB 19〜49dB 22〜49dB
本体寸法(高さ×幅×奥行)  608×390×275
(+脚部20)mm
608×390×275
(+脚部20)mm
560×360×250
(+脚部20)mm
560×360×200
(+脚部5)mm
本体質量 10.0kg 10.0kg 8.9kg 7.7kg
  1. ※3:(付着アレル物質)  【試験機関】パナソニック電工解析センター(株) 【試験方法】45Lの試験容器内で直接曝露しELISA法で測定 【抑制の方法】ナノイーを放出 【対象】衣類に染み付いたアレル物質(花粉) 【試験結果】120分で99%以上抑制 E02-080303IN-03
  2. ※4:【試験機関】パナソニック電工解析センター(株) 【試験方法】250Lの試験容器内で6段階臭気強度表示法による検証 【脱臭の方法】ナノイーを放出 【対象】付着したタバコ臭 【試験結果】30分で臭気強度1.9に低減 E02-090313MH-01 臭気強度が1下がるとは、90%の低減を意味します (臭気強度1ランクとは「やっと感知できる非常に弱いニオイ」のレベルです)
  3. ※5:試験条件6畳で8時間運転(運転開始から1時間後にタバコを1本喫煙)した場合。「風量自動」モードの場合61.8Wh、「エコナビ」運転の場合34.8Wh。
  4. ※6:F-VXF70,VXF65,VXF45において。集じんフィルター・脱臭フィルター交換の目安は(社)日本電機工業会規格(JEM1467)に基づき当社で算出。加湿フィルター交換の目安は1日8時間運転に基づき当社で算出。 使用状況によっては寿命が早いことがあります。 定期的にフィルターのお掃除が必要です。
  5. ※7:(浮遊ウイルス)【試験機関】(財)北里環境科学センター 【試験方法】1m3密閉容器内で直接曝露し、プラーク法で測定 【抑制の方法】ナノイーを放出 【対象】浮遊したウイルス 【試験結果】90分で99%以上抑制 北生発20_0154号
    (付着ウイルス) 【試験機関】(財)北里環境科学センター 【試験方法】1m3密閉容器内で直接曝露し、TCID50(50%組織培養感染量)で測定 【抑制の方法】ナノイーを放出 【対象】付着したウイルス 【試験結果】120分で99.9%以上抑制 北環発21_0084_1号
    <上記試験は1種類のみのウイルスで実施>
  6. ※8:【試験依頼先】(財)日本食品分析センター 【試験方法】6畳の実験室においてカビ菌数の変化を測定 【抑制の方法】ナノイーを放出 【対象】浮遊したカビ菌 【試験結果】60分で99%以上抑制 第205061541-001
  7. ※9:風量が切り換わるのは、「風量自動」または「おまかせ」運転時のみ
  8. ※10:2009年度当社加湿空気清浄機F-VXE65、F-VXE60
  9. ※11:フュージョン®素材採用加湿フィルターは旭化成せんい株式会社との共同開発により完成した当社独自のフィルターです。フュージョン®は旭化成せんい株式会社の登録商標です。
  10. ※12:【試験機関】大阪市立工業研究所 【試験方法】精製ダニアレルゲンの低減を酵素免疫測定法により確認 【抑制の方法】スーパーアレルバスターに接触 【対象】フィルターで捕集したアレル物質(ダニ・花粉) 【試験結果】99%以上抑制 大工研報第2127号
  11. ※13:【試験機関】(財)北里環境科学センター 【試験方法】ウイルスの抑制率をプラーク法により確認 【抑制の方法】カテキンに接触 【対象】フィルターで捕集したウイルス 【試験結果】99%以上抑制 北生発15-0115号
  12. ※14:【試験依頼先】(財)日本食品分析センター 【試験方法】標準寒天培地を用いた寒天平板培養法により確認 【抑制の方法】バイオ除菌に接触 【対象】フィルターで捕集した菌 【試験結果】99%以上抑制 第204051292-002号
  13. ※15:【試験依頼先】 (財)日本食品分析センター 【試験方法】防カビ試験方法(ハロー法)にて確認 【抑制の方法】バイオ除菌に接触 【対象】フィルターで捕集したカビ菌 【試験結果】ハロー試験による防カビ効果を確認 第207060074-002号
  14. ※16:F-VXF45はハウスダストセンサーのみ
  15. ※17:F-VXF70,VXF65のみ
  16. ※18:F-VXF70のみ。F-VXF65、VXF45、VXF35は5段階表示(30%以下、40、50、60、70%以上)
  • ナノイーはウイルス等を抑制する機能はありますが、感染予防を保証するものではありません。
  • 実際の効果は、お部屋の状況やご使用方法によって異なります。
  • 本商品は医療機器ではありません。

本リリース掲載の加湿空気清浄機は、パナソニックネットワークマーケティング(株)が運営するショッピングサイト「PanaSense(パナセンス http://club.panasonic.jp/mall/sense/open/)」において、[F-VXF70-N 100台、F-VXF65-W/S/T 各50台]の限定モニター販売を、2010年8月3日17時から8月24日13時まで、[F-VXF45-CK 100台]の限定モニター販売を、2010年8月5日17時から8月25日13時まで行います。(※商品のお届けは、9月以降となります。)

以上

関連リンク