Panasonic Newsroom トッププレスリリースStrada HDDカーナビステーション「Fクラス」『CN-HX3000D』を発売

プレスリリース

2009年8月20日

業界初※1 ワイドXGA液晶ディスプレイ搭載のハイビジョン対応カーナビゲーション

Strada HDDカーナビステーション※2「Fクラス」『CN-HX3000D』を発売

別売のブルーレイディスクプレーヤーとの接続でハイビジョン再生が可能。 地図もより鮮明に表示


CN-HX3000D(CN-HX3000D データ容量:102KB)

品名 品番 本体希望小売価格(税込) 発売日 月産台数
7V型ワイドXGAインダッシュ 地上デジタルTV/AVシステム
DVD/CD内蔵HDDカーナビステーション
CN-HX3000D 365,400円 9月10日 1,000台

パナソニック株式会社 オートモーティブシステムズ社(代表者 津賀 一宏)は、「ストラーダ」HDDカーナビステーション※2「Fクラス」の新製品を9月10日より発売します。

地上デジタル放送やブルーレイディスクレコーダーの一般家庭への普及に伴い、一般の家庭で視聴するコンテンツの高画質化が進んでいます。「ストラーダ」は、2003年の発売以来、家庭で楽しむ映像や音楽を車内へと持ち込み、クルマを第2のリビングルームに変えていく“From Home to Car”コンセプトを提案、「地上デジタル放送の車載対応」や「車と家のネットワーク化」などに率先して取り組んできました。そして今回、「車室内で視聴する映像のハイビジョン化」にもいち早く対応します。

本製品は業界で初めて、従来のワイドVGA液晶ディスプレイよりも2.4倍高精細の、ワイドXGA液晶ディスプレイを搭載したカーナビゲーションです。これにより地上デジタル放送や、同時発売の車載用ブルーレイディスクプレーヤー「CY-BB1000D」で再生するブルーレイディスクの高画質映像を車室内でもハイビジョン画質でお楽しみいただけます。
さらに本製品は映像だけでなく、音響機能も強化しています。4スピーカーのままでも5.1chサラウンド相当の音響効果が楽しめる「SRS CS Auto Deluxe」を世界で初めて※1搭載、また、HDDに音楽録音する際、よりCDの原音に近い音質で録音できる「Hi-bit録音モード」を採用しました。
さらにナビゲーション機能ではストラーダユーザー向けドライブコンテンツ「おでかけストラーダ」を強化。これまでの「GoogleマップTM※3」に加え、新たにYahoo! JAPAN提供の「路線・地図アプリ」※4とも連携(2009年秋より順次連携開始予定)を実現、より幅広い情報からドライブスポットを検索し、ナビゲーションの目的地に設定できます。

当社は、ハイエンドモデル「Fクラス」の発売により、お客様のニーズに呼応する新しいカーライフスタイルを提案し、市販カーナビゲーション市場をリードしてまいります。

特長

【1】業界初※1 7V型ワイドXGA液晶ディスプレイ搭載、ハイビジョン対応カーナビゲーション。

●業界初、7V型ワイドXGA液晶ディスプレイ搭載。ハイビジョンコンテンツの高精細な映像をより忠実に表現可能。

●地図情報もよりはっきりと、かつ明るく鮮やかに表示。

●「GoogleマップTM」やYahoo! JAPAN提供の「路線・地図アプリ」で調べたドライブスポットの位置情報も、目的地として設定可能。

【2】先進のAV機能を搭載し、最先端のエンタテイメント空間を実現。

●世界初※5 SRS CS Auto Deluxeを搭載。4スピーカーのままでも5.1chサラウンド相当の音響効果を車内で実現。

●80GBのHDDを搭載。CDの音源に近い音質でHDDへ録音できる「Hi-bit録音モード」を採用。

●iPod中継ケーブル付属、iPodアルバムアートワーク機能対応など、iPodとの連携を充実。

【3】別売りの車載用ブルーレイディスクプレーヤーとも簡単接続、ナビ側からタッチパネルで操作可能。

●別売りの車載用ブルーレイディスクプレーヤー(CY-BB1000D)とはHDMIケーブルと専用線で簡単に接続。

●カーナビのタッチパネルから車載用ブルーレイディスクプレーヤー(CY-BB1000D)を操作可能。

※1 2009年8月7日現在 市販カーナビゲーションとして。当社調べ
※2 カーナビステーション ・・・「カーナビゲーション機能+エンタテイメント機能」を組み合わせたカーナビゲーションシステムです。
※3 GoogleTM及びGoogleロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※4 Yahoo! は米国Yahoo! Inc. の登録商標です。
※5 2009年8月7日現在 オーディオ業界として。当社調べ

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
TEL:フリーダイヤル 0120-50-8729(受付時間 9:00〜17:00 365日)


特長

【1】業界初、7V型ワイドXGA液晶ディスプレイ搭載、ハイビジョン対応カーナビゲーション

●業界初、7V型ワイドXGA液晶ディスプレイ搭載。地上デジタル放送やブルーレイディスクのハイビジョンコンテンツの高精細な映像をより忠実に表示可能。

  • 高精細化に適したp-Si(低温ポリシリコン) TFTアクティブマトリクスを採用、従来の7V型ワイドVGAパネル(800×480)に比べ2.4倍の画素数を有する高精細7V型ワイドXGAパネル(1280×720)を搭載しました。
  • 高輝度白色LEDバックライトの採用、および、光学シート構成の最適化により、従来機種に比べ運転席や助手席から見た明るさ(左右30°方向の輝度)が約50%アップ。さらに高濃度カラーフィルターの採用により、従来機種と比べ、色再現性が約30%向上、より美しく色鮮やかな映像をお楽しみいただけます。
  • 「液晶AI」により、モニターに映る映像の明るさを自動判別、リアルタイムにバックライトの明るさ、コントラストを補正し、奥行き感のある鮮明な映像を表現します。
  • 日中でも映像を見やすくするため、映像シーンの明るさに応じて自動制御する「ダイナミックコントラスト制御」採用。
  • 本製品に搭載されている「Daylight液晶AIモード」に設定すると、昼間は「ダイナミックコントラスト制御」、夜間は「液晶AI」により、シーンの明るさに応じて画面のコントラストを自動調整します。
  • ハイビジョン映像の精細感をさらに向上させる輪郭強調処理や、空や海の青色や森林の緑色を記憶に残るイメージのような鮮やかな色で表現する色補正処理も搭載。
  • ディスプレイ表面の反射やギラツキを抑え、ハイビジョンの精細感を活かしたクリアな映像を映し出します。

●地図情報もよりはっきりと、かつ明るく鮮やかに表示。

  • 7V型ワイドXGAモニターの採用で地図画面の視認性も大幅に向上。
  • 明るさと色再現力が向上したことで、よりくっきりとした見やすい地図表示が可能になります。

●「GoogleマップTM」、Yahoo! JAPAN提供の「路線・地図アプリ」(2009年秋より順次連携開始予定)で調べたドライブスポットの位置情報がナビゲーションの目的地として設定可能。

  • 当社はより新しいおすすめのドライブスポット情報をストラーダユーザーに提供するため、ストラーダユーザー向けコンテンツ「おでかけストラーダ」を2007年6月に開設、利用者数も拡大しています。
  • 「おでかけストラーダ」では、「食べる」「見る」「遊ぶ」などのジャンルからスポット情報を検索したり(おでかけスポット)、検索したデータを目的地や経由地に設定したドライブプランを作成(おでかけプランナー)できます。また、「おでかけスポット」は最大5,000件、「おでかけプラン」は最大20件、「Myデータ」としてWeb上で保存可能です。
    「おでかけストラーダ」URL:http://club-strada.panasonic.jp (PC版)
  • 「より新鮮で、より多くの情報を提供してほしい」というユーザーの期待に応えるため、ストラーダユーザーだけでなく一般の方からも支持されている「GoogleマップTM」と2009年6月に連携、そして今回、Yahoo! JAPAN提供の「路線・地図アプリ」とも連携します。
  • 「GoogleマップTM」やYahoo! JAPAN提供の「路線・地図アプリ」から取得した観光スポットやお店の位置情報は、一旦「おでかけストラーダ」内の「Myデータ」に転送、「Myデータ」を保存したSDメモリーカードを経由するか、Bluetooth®対応携帯電話を利用した無線通信で転送してルート探索の目的地として利用できます。

※「おでかけストラーダ」、「GoogleマップTMとの連携」、「路線・地図アプリとの連携」(Yahoo! JAPAN提供)をご利用いただく場合、ユーザー登録およびユーザーアカウントの取得が必要です。

※GoogleTMおよびGoogleロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

※Yahoo!は米国 Yahoo! Inc.の登録商標です。

【2】先進のAV機能を搭載し、最先端のエンタテイメント空間を実現。

●世界初、SRS CS Auto Deluxeを搭載、4スピーカーのままでも5.1chサラウンド相当の音響効果が楽しめます。

  • 従来の各スピーカーからの「点」出力から最新の映画館で採用されつつある「面」出力に改良。シート位置にかかわりなく、車内全体を自然に包み込むようなサラウンド感をより一層実感していただけます。
  • 車内空間でのフロントスピーカーとリヤスピーカーが離れていることにより起こる音量減衰を補強。サラウンド音源に対する連続性を保持した音源移動を再現することで、より自然でよどみないサウンドをお楽しみいただけます。
  • 車内空間(スピーカー位置)よりひとつ奥行き感を持った空間を再現。より一層豊かで迫力ある臨場感あふれる立体音場が車内隅々にまで広がります。

●80GBの大容量HDDを搭載。CDの音源に近い音質でHDDへ録音できる「Hi-bit録音モード」を採用。

  • 音楽CDをHDDに録音する際、音質の設定を「標準」と「Hi-bit録音モード」から選択できます。「Hi-bit録音モード」で録音すればよりCDの音に近い音質でHDD MUSICをお楽しみいただけます。
  • 大容量80GBのHDDにより、従来機種にくらべ約1.8倍の楽曲を録音することが可能になりました。

※録音する音質により録音曲数が異なります。「標準のみで録音=最大7,500曲」「Hi-bit録音モードのみで録音=最大4,500曲」です。

●iPod中継ケーブルを付属、iPodアルバムアートワーク機能対応など、iPodとの連携を充実。

  • USB iPod中継ケーブルも付属、ナビ本体からiPodの操作はもちろん、接続中は音楽を再生しながらiPodの充電も可能です。
  • iPodとの連携をより強化、「iPodアルバムアートワーク」「iPhone 3G」にも対応しています。
    ※iPod classic、iPod nano(第3世代)は、本製品と接続してもアルバムアートワークを表示できません。
  • DVDビデオ、DVD-R/RW(VRフォーマットで記録されたDVD-R/RW含む)、CD、CD-R/RW、SDオーディオ、MP3(CD)、WMA(CD)など多彩内なAVソースに対応しています。

●数々の名盤をプロデュースしてきたレコーディングエンジニア集団「MIXER'S LAB」が「音作り」を監修、レコーディングやマスタリングを手がける音のプロがチューニングした高音質サラウンド機能を搭載。

  • 「音の匠」モードではレコーディングやマスタリングを手がける音のプロがチューニングした、スタジオサウンドに忠実な音を再現。
  • 「いい音でスムーズトーク」モードでは、車内で会話を楽しみつつ、いい音質で音楽を再生。

●高精度音響DSPを採用、5.1chサラウンドプロセッサ搭載で、高音質で快適な音楽再生を実現。

  • 32/64ビット浮動小数点演算DSPを採用し、卓越した処理能力で高音質を実現します。高精度デコーディング技術により、幅広い帯域の音が高音質で再生できます。特に高音域については、MP3/AACなどの非可逆圧縮形式データで欠落していた帯域をリアルタイムに解析し、原音に近い形まで補完、違和感がない高音質再生が実現します。
  • DSPの高い処理能力により、高音質なAACでしかも最大約7倍速のリッピングや追っかけ再生も可能です。
  • 5.1chサラウンドプロセッサ内蔵しているのでセンタースピーカーとアンプ内蔵サブウーハーを追加すれば本格的なサラウンドが楽しめます。

●高性能「4チューナー×4アンテナ」技術を採用し、従来の2X2機種よりも地上デジタル放送(フルセグ)の受信可能範囲が約1.4倍に拡大し、高速走行中の受信性能も約2倍に向上。

  • 4つのチューナーとアンテナによるキャリアダイバーシティ方式を採用。4つのアンテナ間の電波強度差を順位付けし、当社独自のアルゴリズムで重み付け合成して電波受信を最大化。地上デジタル放送(12セグ)の受信可能距離が約1.4倍(当社従来モデル比)に拡大。
  • 車の速度が高速になれば低下していく受信感度についても、速度換算で約2倍に向上。
    ※当社従来機種との比較による障害物がない環境における理論値。高速走行中の受信性能はテストコース走行実験値。

●高画質「PEAKSプロセッサー」、ワイドXGAモニターで美しい映像を再生。

  • パナソニック独自の「PEAKSプロセッサー」が映像信号の入力から出力までをフルデジタル処理。薄型テレビ「ビエラ」譲りの高画質を実現します。
  • ワイドXGAモニター採用により、よりクリアで繊細な映像を再現します。

●D2出力端子を装備。 対応リヤモニターを接続すれば、高画質リヤエンタテイメントが実現。

【3】別売りのブルーレイディスクプレーヤーとも簡単に接続、ナビ側からタッチパネルで操作可能

●別売りの車載用ブルーレイディスクプレーヤー(CY-BB1000D)とはHDMIケーブル(CY-BB1000Dに付属)と専用線で簡単接続。

  • 「Strada Fクラス」「CN-HX3000D」はHDMI端子を標準装備、別売りの「車載用ブルーレイディスクプレーヤー(CY-BB1000D)」と組み合わせれば、車内でもブルーレイディスクを高画質・高音質な音と映像で楽しめます。

●カーナビのタッチパネルから車載用ブルーレイディスクプレーヤーを操作可能。

  • 「車載用ブルーレイディスクプレーヤー(CY-BB1000D)」とは専用線で接続、カーナビゲーションのモニターのタッチパネル操作でブルーレイディスクプレーヤーのコントロールが可能です。また、ナビゲーションのリモコンを使用してのブルーレイディスクプレーヤーの基本操作も可能です。

【4】操作性を重視し、先進の機能が満載のフラッグシップモデル。

●好評の「簡単ツートップメニュー」を採用。 検索時のジャンル名称や画面遷移を見直すなど、 より使いやすく操作性を追求。

●Bluetooth®をナビ本体に内蔵。

  • 携帯電話のハンズフリー通話や、音楽データのワイヤレス再生だけでなく、ナビゲーションからBluetooth®対応携帯電話で自宅のエアコンや照明のON、OFFを切り換えたり、ネットワークカメラで撮影した自宅内の静止画像を確認することができます。

※ご利用いただくにはBluetooth®対応携帯電話機や情報端末、各種サービス契約などが必要です。また、ご利用の際には通信料が発生します。

【Bluetooth®技術を利用し、ナビとの連携が可能な主な機能】

  • 「おでかけストラーダ」の「Myデータ」情報を、かんたんな操作でナビに転送します。
  • ネットワークカメラ連携・・・別売りのネットワークカメラに接続して、車内から自宅の状況(静止画)を確認できます。
    ※ご利用いただくにはパナソニックネットワークサービシズ(株)が運営するリアルタイムに遠隔モニタリングが可能なダイナミックDNSサービス「みえますねっと」(有料)への加入をお奨めします。
    参照ウェブサイト http://panasonic.jp/mnet/
  • ライフィニティ連携・・・松下電工(株)(現パナソニック電工(株))が2006年7月に発売した、インターネットを活用した新築戸建住宅向け設備ネットワークシステム「ライフィニティ」に対応。車から自宅の照明やエアコンのON・OFFを切換えたり、帰宅する旨を「ライフィニティ」のコントロールパネルに表示(かえる通知)できます。
    参照ウェブサイト http://panasonic.jp/Lif
  • ディモーラ連携・・・パナソニック(株)が運営する遠隔録画予約サービス「ディモーラ」(ご利用いただくにはブロードバンド回線及び会員登録が必要です。利用料は無料です。)に対応。これにより本製品から自宅の「ディーガ」を遠隔操作、放送中のテレビ番組を録画したり、録画予約することができます。
    ※なお、本サービスは一部の「ディーガ」には対応しておりません。
    対応機種等、サービス詳細はディモーラサイト(http://dimora.jp/)を御確認ください。

●ナビゲーション、AVマルチメディア、通信機能の統合には、マイクロソフトがカーナビゲーション向けに提供している先進技術、Windows® Automotiveを採用。

主な定格

  CN-HX3000D
電源 電源電圧 DC12 V(試験電圧14.4 V) マイナスアース
消費電流 5 A以下(AUDIO OFF時)
液晶
ディスプレイ
画面寸法(幅×高さ×対角) 7 V型ワイド
155 mm × 87 mm × 178 mm
映像入力 RGB(ナビゲーション画面)
画素数 2 764 800画素(縦720 × 横1 280 × 3)
有効画素数 99.99 %
表示方式 透過型カラーフィルター方式
駆動方式 p-Si TFT(薄膜トランジスタ) アクティブマトリックス方式
使用光源 内部光(LED 7直×3並列)
タッチパネル 抵抗感圧式アナログタイプ(フィルム+ガラス)
アンプ 定格出力 20 W × 4
最大出力 50 W × 4
センター最大出力 35 W
適合スピーカーインピーダンス 4 Ω
接続端子 ビデオ入力レベル 映像:NTSC 1.0 Vp-p(75 Ω RCAピンジャック)
音声:ステレオ 2.0 Vrms MAX(RCAピンジャック)
カメラ入力レベル 映像:NTSC 1.0 Vp-p(75 Ω RCAピンジャック)
ビデオ出力レベル 映像:NTSC 1.0 Vp-p(75 Ω RCAピンジャック)
サブウーファー出力電圧 2.0 Vrms(MAX)
サブウーファー出力インピーダンス 600 Ω
AV出力電圧 1.0 Vrms
AV出力インピーダンス 600 Ω
D端子映像出力 Y=1.0 Vp-p Pb=Pr=0.7 Vp-p
HDMI入力 ・HDMI端子: 1系統(19ピン typeA端子)
・対応している映像信号:480p, 720p, 1080i(59.94Hz/60Hz)
・対応している音声信号:
- リニアPCM(最大2ch、サンプリング周波数(32kHz/44.1kHz/48kHz))
- Dolby Digital(最大5.1ch、サンプリング周波数(32kHz/44.1kHz/48kHz))
- DTS(最大5.1ch、サンプリング周波数(32kHz/44.1kHz/48kHz))
- MPEG-2 AAC(最大5.1ch、サンプリング周波数(32kHz/44.1kHz/48kHz))
ナビゲーション
本体
外形寸法
(幅×高さ×奥行き)
178 mm × 50 mm × 188 mm
(取付奥行き寸法 160 mm)
質量 1.9 kg
モニター 外形寸法
(幅×高さ×奥行き)突起部除く
178 mm × 50 mm × 194 mm
(取付奥行き寸法 165 mm)
質量 2.4 kg
DVDプレーヤー 信号方式 Y=1.0 Vp-p Cb=Cr=0.7 Vp-p
周波数特性 DVD 5 Hz〜22 kHz
CD 5 Hz〜20 kHz
信号対雑音比(SN比) 90 dB(IHF、A)
ワウ・フラッター 測定限界以下
MP3デコーダー ビットレート MPEG1 64 kbps〜320 kbps
MPEG2 64 kbps〜160 kbps
サンプリング
周波数
MPEG1 32 kHz、44.1 kHz、48 kHz
MPEG2 16 kHz、22.05 kHz、24 kHz
FM
チューナー
受信周波数 76.0 MHz〜89.9 MHz
実用感度(SN比、30 dB) 11.2 dBf
SN比 70 dB
ステレオ分離度 35 dB
実用選択度(±400 kHz) 75 dB
AM
チューナー
受信周波数 522 kHz〜1 629 kHz
実用感度(SN比、20 dB) 27 dBμV
イメージ妨害比 65 dB
デジタルTV
チューナー
受信可能放送 地上デジタル(ワンセグ対応)
受信周波数 470 MHz 〜 770 MHz(13 〜 62 ch)
入力信号レベル -75 dBm 〜 -20 dBm
入力インピーダンス 50 Ω
iPod
接続端子
通信方式 USB 2.0 FS
出力電圧 5V 500mA
Bluetooth® 通信周波数 2 402 MHz 〜 2 480 MHz
RF出力 - 4 dBm(0.4 mW)
通信方式 周波数ホッピングスペクトラム拡散
GPSアンテナ 形式 マイクロストリップ方式
コードの長さ 6 m
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 31 mm × 12 mm × 36 mm
質量 113 g(コード含む)
受信周波数 1 575.42 MHz(C/Aコード)
受信感度 -130 dBm
受信方式 パラレル12チャンネル(常時12衛星受信可能)
B-CAS
カードリーダー
コードの長さ 2 m
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 111 mm x 19 mm x 72 mm
質量 180 g
地上デジタル
アンテナ
コードの長さ 4 m
外形寸法(幅×高さ) 94 mm x 137 mm
質量 170 g(コード含む)
出力インピーダンス 50 Ω
リモコン 外形寸法(幅×高さ×奥行き) 48 mm × 35 mm ×154 mm
質量 125 g(乾電池含む)
使用電源 DC 3 V(単3形乾電池2個)

※本機はMicrosoft Windows Automotiveで動作します。
Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows Automotive、Windows Mediaは、米国Microsoft Corporationの米国、またはその他の国における登録商標または商標です。


RSS