Panasonic Newsroom トッププレスリリースポータブルワンセグテレビ「ビエラ・ワンセグ」SV-MC55を発売

プレスリリース

2009年7月22日

写真を貯める・交換するという新たな利用シーンを提案する

ポータブルワンセグテレビビエラ・ワンセグSV-MC55を発売



SV-MC55(SV-MC55 データ容量:76KB)

品名 ポータブルワンセグテレビ
品番 SV-MC55
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 8月21日
-K(ブラック)、-P(ピンク)-W(ホワイト)
月産台数 10,000台

デジタルAVC マーケティング本部は、ポータブルワンセグテレビビエラ・ワンセグSV-MC55※1を8月21日より発売します。本製品は、ポータブルAV機器でニーズの高いワンセグ放送視聴はもちろん、SDカードへの録画機能※2にプラスして、ディーガ※3やビエラRシリーズ※4で録画したワンセグ番組をSDカードに取り込んで、視聴することが可能です。また、フォトコミュニケーションでお客様にお楽しみいただくという新たなコンセプトの下、デジタルカメラや携帯電話で撮影した写真を貯める・交換するために、内蔵メモリー※5に加えて、SDカードスロットとマイクロSDカードスロットを搭載しております。撮影した写真はパソコンを介さず、どんどん内蔵メモリーに貯めて、フォトアルバムのように気軽に持ち歩くことができます。そして、ご家族や友人の方々とお楽しみいただきながら、SDカード、マイクロSDカードを使って、お気に入りの写真を交換することが可能です。当社は、ビエラ・ワンセグMCシリーズによって映像・写真・音楽などいろいろな楽しみ方が出来る新たなライフスタイルの提案を引き続き行ってまいります。

特長

  1. 4.3V型の見やすい画面サイズと2つの画質自動調整機能で、ワンセグ放送や写真が楽しめる
  2. 内蔵メモリー※5に加えて、SDカードとマイクロSDカードのダブルスロット搭載だから、写真がかんたんに貯められる・交換できる
  3. ディーガ※3やビエラRシリーズ※4から持ち出したワンセグ番組を、続き再生やチャプターをスキップして、見たいシーンから楽しめる

なお、パナソニックネットワークマーケティング(株)が運営するショッピングサイト「PanaSense パナセンス(http://club.panasonic.jp/mall/sense/open/)」で本製品の限定モニター販売を2009年7月22日14時から8月3日13時まで行います。

※1 本製品は、防水仕様ではありません。○受信環境や使用状態によっては、ワンセグ放送を受信できない場合があります。放送エリア以外の地域では視聴できません。○通常の地上デジタル放送とワンセグ放送では同じ番組が放送される場合が多いですが、各々独自の番組が放送されることもあります。
※2 SDカード、マイクロSDカードへの録画となり、内蔵メモリーに録画は出来ません。
※3 2009年7月22日現在、対応機種は以下のとおりです。
DMR-BW950/DMR-BW850/DMR-BW750/DMR-BR550/DMR-XP15/DMR-XP25V
※4 2009年7月22日現在、対応機種は以下のとおりです。
TH-P50R1/TH-P46R1/TH-P42R1/TH-L37R1/TH-L32R1
※5 内蔵メモリーの容量は、4GBとなります。管理情報などのデータ保存用にも使用していますので、実際にご使用いただけるメモリー容量は、4GBより小さくなります。また、ワンセグを録画することや音楽データを保存することは出来ません。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(9時から20時まで)
06-6907-1187(9時から20時まで)
ホームページURL http://panasonic.jp/viera-1


【特長】

1.4.3V型の見やすい画面サイズと2つの画質自動調整機能で、ワンセグ放送や写真が楽しめる

4.3V型の大型液晶画面を搭載しており、字幕やテロップなどが見やすくなっています。また、SV-ME750より採用しました視聴シーンに応じて、バックライトの明るさを調整するコントラスト自動調整機能※6にプラスして、新しく採用しました周囲の明るさに応じて、画面の明るさを自動調整する明るさ調節(オート)機能を搭載しています。よりメリハリ感のある画質でワンセグ放送を楽しんで頂くことが可能です。また、ビエラで培ってきた技術を活かし、カラーマネジメント最適化で自然な肌色を実現しています。

※6 コントラスト自動調整機能は、ワンセグ視聴、ビデオ再生のみ有効です。

2.内蔵メモリー※5に加えて、SDカードとマイクロSDカードのダブルスロット搭載だから、写真がかんたんに貯められる・交換できる

デジタルカメラが普及して以降、デジタルフォトフレームのような写真を楽しむ機器がお客様に、非常に身近になっています。本機では、デジタルカメラや携帯電話で撮影した写真を、内蔵メモリーに最大40,000枚※7貯めて、持ち歩けるデジタルフォトアルバムとして、お使いいただけます。また、貯めた写真を外出先で友人などとお楽しみいただきながら、SDカードやマイクロSDカードを使って、その場で写真をあげたり、友人のデジタルカメラや携帯電話に入っている写真をもらったりなど写真の交換がかんたんに出来ます。

※7 写真コピーで取り込んだ場合、同じ日に取り込めるファイル数は、9,000ファイルまでです(1,000ファイル×9フォルダ)。40,000枚保存する場合、1枚当たり約96KB(30万画素スタンダード画質程度)となります。

3.ディーガ※3やビエラRシリーズ※4から持ち出したワンセグ番組を、続き再生やチャプターをスキップして、見たいシーンから楽しめる

ディーガやビエラRシリーズで録画したワンセグ放送※8を、SDカード/マイクロSDカードで持ち出して、再生することが可能です。さらに、記録したチャプター※9の読み取りができるので、見たいシーンを簡単に探すことが出来ます。さらには、レジューム機能もありますので、リビングで見ていた録画番組と同時録画されたワンセグ番組をSDカード/マイクロSDカードに転送することによって、リビングで見ていた続きから通勤電車や移動中に、楽しむことが可能です。

※8 ワンセグ放送の録画方法については、ディーガやビエラRシリーズの取扱説明書をお読みください。
※9 12セグとワンセグのタイムラグ(ワンセグの数秒遅れ)により、ワンセグのチャプターが数秒ずれて打たれます。

4.スタイリッシュ&カラフルデザインにプラス、別売ソフトケースでおしゃれに持ち歩ける

メインターゲットである20代〜30代女性を意識したスタイリッシュなデザインとともに本体薄さ14.5mmを実現しております。カラーもホワイト、ピンク、ブラックの3色から、お好きなカラーをお選びいただけます。また、別売のソフトケース(RP-SB450-W)があれば、カバンの中にもすっきり収納することが可能です。さらに、ケースに入れたまま手に持って見ることも出来ますし、自立するスタンドにもなります。

5.見たい写真をかんたん検索、音楽つきスライドショーで楽しめるデジタルフォトフレーム機能

見たい写真を、日付別、フォルダ別、お気に入り別と様々な形式から選んで見ることが可能です。また、写真がサムネイル形式で一覧表示されているときに、十字キーの左右ボタンを長押しすることによって、流れるように写真検索が可能なフォトスクロール機能も搭載しています。さらに、お気に入りの音楽を聴きながら、選んだ写真のスライドショー再生も可能ですので、デジタルフォトフレームとしてもお楽しみいただけます。

6.番組追従機能※10に対応した録画も可能

本機は、ワンセグ放送をSDカード/マイクロSDカードに録画することが可能です※11。また予約録画も可能なのでリアルタイムで楽しむことが出来ない時も、移動中や外出先など好きな場所で楽しむことが可能です。また、番組表から予約録画した場合にスポーツ番組などの番組延長で、予約後に放送時間が変わっても、延長時間分を自動的に変更する番組追従機能もあります。

※10 番組表予約に対応。番組情報(番組表の放送時間)が変更されると番組追従機能が働きます。予約録画の開始(終了)前までに開始(終了)時刻変更の情報がない場合は対応できません。
※11 ワンセグ放送には、番組の著作権保護のためにコピー制御信号(「録画不可(コピーネバー)」、「1回だけ録画可能(コピーワンス)」、「録画制限なし(コピーフリー)」を制御する信号)が組み込まれています。本機はコピー制御信号に対応しています。本機で録画した番組をパソコンなどへエクスプローラで直接転送して見ることはできません。また、パソコンにコピーしたファイルをエクスプローラで本機に再度転送しても、再生することはできません。

7.見やすい画質、聴き取りやすい音質の調節可能

明るさ「-5」〜「+5」までの範囲で明るさが調節でき、「テレビを見る」モードの場合には、スタンダード、シネマ、ダイナミックと内容にあわせて画質モードが切り替えられます。また、同じく「テレビを見る」モードの場合に、スタンダード、ミュージック、ニュース、トレイン※12と音質の切り替えも可能です。また、「小声を大きくする」※13という使用場所にあわせて聴き取りやすい音質を実現する音場設定機能も搭載しています。

※12 インサイドホン使用時のみ設定可能です。
※13 スピーカー使用時となります。

8.パソコン音楽録音ソフト「SD-Jukebox Ver.6.95 LE」を付属

パソコン音楽録音ソフト「SD-Jukebox Ver.6.95 LE」は、音楽CDの曲を録音し、音楽ファイルをインポート(取り込み)してパソコン上で曲を管理するソフトウェアです。
SD-Jukeboxを使用して、パソコンに録音またはインポート(取り込み)した曲を、SDカード/マイクロSDカードに書き込むことでビエラ・ワンセグで楽しむことができます。多彩な音楽ファイルに対応し、MP3/WMA/WAVの形式ファイルを取り込め、Windows Vista®にも対応しています。

9.2GB SDメモリーカードを付属

ワンセグ放送を約10時間51分録画可能、またSDオーディオを999曲録音可能です※14

※14 ワンセグ録画は、放送局から送信されるビットレート(単位あたりの情報量)が412kbpsの場合です。。SDオーディオは、長時間モード(64kbps)、1曲あたり4分の場合です。SDオーディオの規格上、曲数最大999曲、プレイリスト数最大99、1プレイリストあたりの曲数は最大99となります。

10.その他

●AAC※15/WMA※16/MP3※17マルチフォーマット再生対応※18

※15 AAC(Advanced Audio Coding)国際標準規格MPEG-2/MPEG-4のオーディオ圧縮方式の一方式。
※16 WMA(Windows Media Audio)とは米国Microsoft Corporationで開発された圧縮フォーマット。これによりMP3より小さいファイルサイズで同等の音質が実現できます。Windows Media、Windowsロゴは米国その他の国で米国Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
※17 MP3(MPEG-1/MPEG-2 Audio Layer3)ISOのワーキンググループであるMPEGが制定した国際規格。
MPEG Layer-3 audio decoding technology licensed from Fraunhofer IIS and Thomson multimedia
※18 SD-Jukeboxを介さず記録されたAAC/WMA/MP3の音楽データは再生できません。

●電池持続時間※19

  明るさ「-5」 明るさ「±0」 明るさ「+5」
テレビを見る 約5時間30分 約4時間30分 約3時間30分
テレビを録画する 約5時間30分 約4時間30分 約3時間30分
ビデオを見る 約6時間 約5時間 約4時間
写真を見る 約6時間 約5時間 約4時間
音楽を聴く 約7時間 約7時間 約7時間

※19【電池持続時間測定条件】 ●電池持続時間は使用条件によって短くなる場合があります。

テレビを見る 放送波受信、本体アンテナ受信感度:高感度、付属ステレオインサイドホン使用
テレビを録画する 視聴録画時、本体アンテナ受信感度:高感度、当社製SDカード使用、付属ステレオインサイドホン使用
ビデオを見る 当社製SDカード使用、付属ステレオインサイドホン使用
共通の設定 常時画面オン、画質モード:ダイナミック、音量:13、サウンド:スタンダード、明るさ調整:マニュアル、コントラスト自動調整:オフ
写真を見る BGM:オフ、画質モード:ダイナミック、内蔵メモリー使用
音楽を聴く 再生ファイル:ビットレート96kbpsのAAC、当社製SDカード使用、付属ステレオインサイドホン使用、省電力設定:オン、音量:13、サウンド:フラット

●録画可能時間の目安(ビットレート412kbpsで算出)

SDカード容量 録画可能時間※20

※20 放送局から送信されるビットレート(単位時間当たりの情報量)は、放送局や番組により異なります。本機ではビットレートの大きい番組(412kbps)を想定して録画可能時間の目安を表示しています。そのため、情報量の少ない番組を録画する場合は、録画可能時間よりも長く録画できます。

例: 録画可能時間の表示が45分の場合でも、1時間録画できるなど
(時間の差録画した番組の情報量によって変わります)

 

128MB 約41分
256MB 約1時間20分
512MB 約2時間39分
1GB 約5時間20分
2GB 約10時間51分
4GB 約21時間19分
6GB 約32時間25分
8GB 約43時間24分
12GB 約65時間28分
16GB 約87時間20分
32GB 約175時間12分

●写真の保存可能枚数の目安

機種品番 メモリー
容量
12M(4000×3000) 3M(2048×1536)
ファイン※21 スタンダード※22 ファイン※23 スタンダード※24
SV-MC55 4GB 約540枚 約1100枚 約2280枚 約4640枚
※21 1ファイルあたり約6.9MBで計算
※23 1ファイルあたり約1.65MBで計算
※22 1ファイルあたり約3.4MBで計算
※24 1ファイルあたり約0.8MBで計算

【 アクセサリーオプション品】

品名 品番 希望小売価格(税込) 内容
ソフトケース RP-SB450-W オープン SV-MC55用
ストラップ2本付属

【仕様一覧】

充電時間
(周囲温度25℃で
充電時)
通常充電:約4時間30分
エコ充電:約3時間
●充電は周囲温度5℃〜35℃で行って下さい。
推奨動作温度 0℃〜40℃
液晶ディスプレイ
(アスペクト比16:9)
4.3V型※25
画素数:横480×縦272
画面寸法 幅95.0mm、縦53.9mm、対角109.2mm
スピーカー 200mW(8Ω)モノラル
ヘッドホン端子 φ3.5mmステレオミニジャック
2.5mW+2.5mW(付属ステレオインサイドホン:32Ω時)
USB端子 USB2.0(High Speed)
本体寸法 幅136.0mm×高さ74.5mm×奥行き14.5mm(突起部除く)
最大外形寸法 幅136.6mm×高さ75.5mm×奥行き16.3mm(JEITA)
幅136.6mm×高さ73.2mm×奥行き53.3mm(本体スタンド使用時)
質量 約187g
対応記録メディア SDメモリーカード(8MB〜2GB)
SDHCメモリーカード(4GB〜32GB)
microSDカード(64MB〜2GB)
microSDHCカード(4GB〜16GB)
内蔵メモリー:4GB
付属品※26 ACアダプター、USB接続ケーブル、ステレオインサイドホン、外付けスタンド、CD-ROM(SD-Jukebox Ver6.95LE)、ハンドストラップ、SDメモリーカード 2GB
※25 V型は有効画面の対角寸法を基準とした大きさの目安です。
※26 本機はリチウムイオン充電式電池を内蔵しています。

●テレビ

受信チャンネル 地上デジタルテレビ放送1セグメント部分受信サービス(ワンセグ):
UHF13ch〜62ch(データ放送、緊急警報放送受信非対応)
連続録画時間 最大8時間(ACアダプター使用時)
録画番組数 SDカード容量にかかわらず1枚あたり最大99番組
予約録画番組数 最大12番組

●写真

再生可能ファイル形式 JPEGベースライン方式、DCF準拠、Exif2.2準拠、マルチピクチャーフォーマット(HDサムネイル)対応
画素数 64×64〜5120×3840
最大ファイルサイズ 10MB
最大フォルダ数 1000
最大ファイル数 40000

●音楽

サンプリング周波数※28 32kHz、44.1kHz、48kHz、
再生の圧縮/伸長方式 AAC方式、MP3方式、WMA方式
チャンネル数 2chステレオ
※28 対応データ形式についての詳しい説明は、SD-Jukeboxの通常モード編の取扱説明書(PDFファイル)をお読みください。

以上


RSS