プレスリリース

2008年7月28日

業界初!※1使いやすい中間容量タイプ登場

SDHCメモリーカード 6GB・12GB を発売

スピードクラス『CLASS4』対応の書けるカード


(データ容量:78KB)

品名 SDスピードクラス CLASS4対応 SDHCメモリーカード
品番 RP-SDM06GL1K RP-SDM12GL1K
容量 6 GB 12 GB
希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 8月15日 9月15日
月産枚数 20,000枚 10,000枚

パナソニックマーケティング本部は、『スピードクラス・CLASS4』に対応した業界初※1の容量、6GBのSDHCメモリーカードを8月15日より、12GBのSDHCメモリーカードを、9月15日より発売します。

SDHCメモリーカードの大容量化に伴い、4GB・8GB・16GB・32GBと倍々の容量でラインアップしてきましたが、高容量になるほどその差は大きくなり、もう少しだけ大きな容量が欲しいと思うユーザーには使用用途にマッチしない状況も発生するようになってきました。そこで、当社は業界で初めて中間容量の6GBと12GBの2タイプを発売し、よりきめ細かくユーザーニーズに応えられるモデルの充実と使いやすさをご提案します。記録時間の目安としてはSDハイビジョンムービーのHGモード※2で6GBなら約1時間、12GBなら約2時間の録画が可能です。今までなら容量が足りなかったようなコンテンツも収めて保存ができ、もちろん書けるカードなのでメモスペースにタイトルなどを書き込んで、簡単に分類することも可能です。

今後もますます普及するSDカードムービーなどの高画質動画対応機器の増加に合わせ、さらにラインアップを強化し、幅広いユーザーへ訴求してまいります。

特長

  • (1)業界初※1中間容量タイプ6GB/12GB SDHCメモリーカード
    12GBならSDムービーのHGモードでも約120分の録画が可能、6GBでも約60分録画できます。※2
  • (2)動画記録対応の『スピードクラス・CLASS4』で安定した高画質映像の記録を実現
  • (3)収めたコンテンツも簡単に分類できる『書けるカード』
  • (4)高い耐久性能(使用可能温度範囲 -25℃〜+85℃)と品質の日本製カード
※1: 2008年8月15日、9月15日発売予定。SDHCメモリーカードとして。
※2: メーカー・機器の種類・撮影状況・被写体等により異なります。
SDHCカードはSDHC対応ホスト機器でのみ使用可能です。

【お問い合わせ先】

お客様:お客様ご相談センター
        フリーダイヤル  0120-878-365(受付 9時〜20時)
                        06-6907-1187(受付 9時〜20時)
ホームページURL:http://panasonic.jp/

【仕様一覧】

品名 SDスピードクラスCLASS4対応SDHCメモリーカード
品番 RP-SDM06GL1K RP-SDM12GL1K
容量 6GB 12GB
動画録画
時間
AVCHD
高画質モード (約13 Mbps)
(1920×1080画素)
約60分 約120分
静止画像
記録枚数
(JPEG)
画像サイズ3072×2304
700万画素
ファインモード記録
約 1,660枚 約 3,360枚
データ転送速度※3 最大 10MB/秒
本体寸法 縦32×横24×厚さ2.1mm
本体質量 約 2 g
記録可能な製品については、当社HP http://panasonic.jp/support/sd_w/connect/sd_card.html をご確認ください。
記録可能な枚数・時間については、おおよその目安です。各商品の記録枚数・時間については、各々の定格をご確認ください。
静止画記録枚数、動画記録時間は機器、撮影状況、被写体により変わる場合があります。
※2: メーカー・機器の種類・撮影状況・被写体等により異なります。
※3: データ転送速度は理論値であり、性能を保証するものではありません。また使用条件・使用機器により速度は変わります。これらの値は、当社規定条件での速度です。
SDHCカードはSDHC対応ホスト機器でのみ使用可能です。

以上