Panasonic Newsroom トッププレスリリースデジタルカメラ LUMIX DMC-L10K/L10 を発売

プレスリリース

2007年9月25日

世界初※1・デジタル一眼レフでフリーアングル液晶搭載

デジタルカメラ LUMIX DMC-L10K/L10 を発売

フリーアングル液晶&ライブビューがデジタル一眼を変える


DMC-L10K(DMC-L10K データ容量:97KB) DMC-L10(DMC-L10 データ容量:89KB)

品名 デジタル一眼レフカメラ
レンズキット ボディ
品番 DMC-L10K DMC-L10
名称 L10K L10
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 10月26日 11月22日
-K(ブラック)
月産台数 5,000台 2,000台

パナソニックマーケティング本部は、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ・レンズキット「DMC-L10K」とボディ「DMC-L10」をそれぞれ10月26日、11月22日より発売します。

本製品は、デジタル一眼レフカメラとして世界で初めて※1左右180度、上下270度に回転する「フリーアングル液晶」を搭載しました。今までのデジタル一眼レフでは難しかった地表に近い位置からのローアングルや手を伸ばした高い位置からのハイアングルなど、自由なアングルで撮影が可能です。また、「DMC-L1K」に搭載して高い評価を得た「ライブビュー」を進化させ、デジタル一眼レフカメラとして世界で初めて※2「顔認識AF/AE」を実現しました。
撮像部には新開発の4/3型1010万画素「Live MOS センサー」を搭載し、高画質・低消費電力を実現。また、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラの大きな課題であったセンサーに付着するゴミやホコリの問題を超音波で自動除去して解決する「ノンダストシステム」を搭載しています。
なお、L10は、デジタル一眼レフカメラ専用レンズとして開発された光学式手ブレ補正搭載「LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm / F3.8-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S」とキット販売します。同時発表の「LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S」のレンズを合わせるとライカDレンズは4本となり、ライカDレンズの味わい深い描写力を撮影用途に合わせて自由に組み合わせて楽しめます。
当社は、デジタルにこだわり、従来のデジタル一眼レフカメラにはなかった「フリーアングル液晶」や「顔認識AF/AE」などの特長を有す本製品で、新たなデジタル一眼レフ市場を創造していきます。

特長

  1. 世界初※1上下左右に回転する「フリーアングル液晶」&「ライブビュー」
  2. 世界初※2「顔認識AF/AE」&「コントラストAF」搭載
  3. 「ノンダストシステム」により超音波振動でホコリを自動除去
※1 2007.9.25現在。デジタル一眼レフカメラとして。
※2 2007.9.25現在。デジタル一眼レフカメラとして。「LEICA D VARIO - ELMAR 14-50mm/F3.8-F5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」「LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」使用時のみ

【お問い合わせ先】

お客様:お客様ご相談センター  フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
                                             06-6907-1187(受付9時〜20時)
ホームページURL:http://lumix.jp/L10

【開発の背景】

銀塩カメラに代わる次世代カメラとして、デジタル臭さのない自然な描写力と、豊かな表現力、写真画質の追求をテーマに、当社は高画質でクリエイティブな写真撮影を実現するデジタルカメラの開発を進めてきました。本製品は、ユーザーの撮影スタイルの多様化やコンパクト機からのステップアップユーザーの増加を受け、06年7月発売の「L1」にて高い評価を得た「ライブビュー」「高画質技術」をさらに向上させるとともに、デジタルの良さ、デジタルだからできることに徹底的にこだわり、デジタル一眼レフ初の「フリーアングル液晶&ライブビュー」「顔認識AF/AE」を搭載した新しいタイプの一眼レフとして開発しました。

【特長】

1.世界初※1上下左右に回転する「フリーアングル液晶」&「ライブビュー」

高画質・低消費電力が特徴のLive MOS センサーを搭載したことにより、ファインダーを覗くこれまでの撮影方法に加えて、2.5型の大画面液晶で構図を決められる「ライブビュー」機能をフルタイムで搭載。「ライブビュー」は、Live MOS センサーのフルタイム画像出力機能により、時間制限なしにセンサーからの信号を直接液晶画面に映し出すことで実現しており、オートフォーカス、マニュアルフォーカスともに選択可能です。また、2.5型の大画面液晶は可動式で、左右180度、上下270度で自由に動かすことができ、撮影スタイルの幅が広がります。
なお、「ライブビュー」時は、視野率100%で、隅々までフレーミングを確認しながら撮影できます。
以下は、「L10」の「ライブビュー」で楽しめる機能の一例です。

<ライブビューならではの撮影>

  • フリーアングル液晶での自由度の高い撮影
  • 顔認識で液晶を見ながら手軽にポートレート撮影
  • フィルムモードで液晶を見ながらフィルムを決めて撮影
  • WB微調整で液晶をみながら撮影前に仕上がりの色をイメージして撮影
  • 液晶を見ながら多重露出撮影

2.世界初※2「顔認識AF/AE」&「コントラストAF」搭載

本製品は、一眼レフでは世界で初めて「顔認識」機能を実現し、人物撮影時の最適なピント合わせや露出の設定をカメラが自動で行います。また、ライブビュー時には従来の位相差AFに加えてコントラストAFのいずれかが選択可能なAFを実現し、コントラストAF時には最大9点の多点AFや11点の枠の中からエリア枠を選択できるマルチAFを採用しています。
なお、ライブビュー時にMFを選択すると、ピントを合わせたい場所を任意に選択して拡大(約8倍)することができ、2.5型20.7万画素の大画面液晶を用いて容易にフォーカスの確認を行うことができます。なお、「顔認識AF/AE」、「コントラストAF」対応レンズは「LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm / F3.8-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S」(L10キットレンズ)と「LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S」(2007年11月22日発売予定)です。

3.「ノンダストシステム」により超音波振動でホコリを自動除去

レンズ交換式デジタル一眼レフカメラを使用する上で問題となるのが、レンズ交換時にセンサー付着したゴミやホコリが写真に写りこむことです。本機は、「スーパーソニックウェーブフィルター」を搭載し、3万回/秒の超音波振動により、画像に悪影響を与えるゴミやホコリを自動的に瞬時に取り払い、この問題を解決しています。撮像センサー部は、ゴミやホコリが入りにくい密閉型構造であり、ゴミやホコリに対して、注意を払うことなく、4本のライカDレンズと他のフォーサーズレンズを自由に組み合わせて撮影することができます。

4.4/3型 1010万画素「Live MOS センサー」搭載で高画質・低消費電力実現

「Live MOS センサー」は、広いダイナミックレンジと豊かな階調性という特徴を有するCCDの特性と、CMOSの低消費電力性能を併せ持っています。また、新低ノイズプロセスの開発により、暗い撮影条件下でのノイズ低減を実現するノイズ低減回路を新しく導入し、フォトダイオードをシリコン深部に埋め込むことで、基盤表面に発生するノイズの影響を受けにくい構造を実現しています。暗い場所での撮影時に生じやすい白点状の画素欠陥や画像のザラつきを抑制した、鮮明でクリアな写真を撮影できる撮像センサーです。なお、「L1」の750万画素センサーと同等の受光部面積を実現し、集光レンズと受光部の距離を見直すことで、集光率の向上も図っています。

5.「ヴィーナスエンジンIII」搭載で表現力豊かな高画質・低消費電力を実現

「ヴィーナスエンジンIII」は、「ライカ D レンズ」と「Live MOS センサー」の性能を最大限に引き出す画像処理LSIです。高い解像力、豊かな色再現性に加え、色ノイズ、輝度ノイズを別々に検知し、画質上特に問題となる色ノイズを選択的に減少させることで、一眼レフにふさわしい「写真表現の優れた描写力」を実現しています。また、レスポンス面では、起動時間0.8秒を実現、さらに連写やシャッター間隔の高速化に大きく寄与しています。さらに、「ヴィーナスエンジンII」に比べて20%減の低消費電力化を実現しており、「Live MOS センサー」の低消費電力性能と合わせて、約450枚(CIPA規格)の撮影が可能です。

6.その他の撮影機能

(1)フィルムモード搭載で、銀塩カメラのようにフィルム選択が可能
銀塩カメラではフィルムの種類によって発色、階調、彩度など、画質に個性があり、撮りたい写真のイメージに合わせてフィルムを使いわけることができました。本製品は、「L1」と同様に、カラーフィルム4種類(スタンダード・ダイナミック・ネイチャー・スムーズ)、白黒フィルム3種類(スタンダード・ダイナミック・スムーズ)の合計7種類のフィルムモードを搭載し、また、ユーザーが好みに応じてコントラストやシャープネスなどを設定・登録しておけるマイフィルムを2つまで登録できます。今回新たに、カラーフィルムにバイブラント、ノスタルジックを追加しています。これら合計9種類の中から撮影時にモードを選択するだけで、シーンに合ったフィルムの入れ替えを楽しめます。なお、ライブビュー時にフィルムテイストを確認しながら撮影することができるので、よりイメージに合った写真撮影を実現します。

(2)ホワイトバランス調整機能の搭載
従来のホワイトバランス設定に加え、より微調整可能な2軸ホワイトバランス設定を搭載しています。横軸のアンバーからブルーに加え、縦軸のグリーンからマゼンタでの補正が可能であり、より幅広い補正が行えます。ライブビュー撮影時は、実際にホワイトバランスを液晶で確認しながら調節ができるため、より、精度の高い補正が可能です。なお、撮影場所のいろいろな光に合わせて自然な色合いに設定できるよう2500〜10000K(ケルビン)の間で手動の色温度設定も可能です。

(3)アドバンスシーンモードとシーンモードでシーンに合わせた撮影が可能
本製品は、モードダイアル上に人物モードやスポーツモードなど5つのアドバンスシーンモードを備えています。人物モードの場合、人物(標準)と屋外人物、屋内人物、絞りやシャッタースピードを任意に設定できるクリエイティブ人物の4つから選択可能です。また、モードダイアル上のSCN(シーンモード)を選択すると、「夕焼け」「料理」「赤ちゃん1・2」「ペット」から撮影シーンに合わせて設定でき、露出や、色調をカメラ任せで撮影できます。また、「赤ちゃん」「ペット」では、それぞれ誕生日設定を行うことができ、月齢/年齢を表示することができます。

(4)最大3回の多重露出機能
多重露出機能を使用すると1枚の画像に2回または3回の露出を行ったような効果を得ることができます。ライブビュー機能を使用すると、写真全体の構図も見ながら撮影できるため、仕上がりをイメージして撮影することができます。

(5)動き認識機能搭載
本製品は、ライブビュー時に、カメラが被写体の動きを検知し、シャッタースピードとISO感度を自動設定する「インテリジェントISO感度コントロール機能」を搭載しました。この機能により、ISO感度は最大800までの間で自動で設定され、被写体ブレ写真を防ぐと共に、「光学式手ブレ補正ジャイロ」搭載のレンズとの組み合わせで撮影状況(明るさ、被写体の動き)に応じて画質を優先させながらカメラが自動で手ブレや被写体ブレを補正します※3。被写体の動きが大きく被写体ブレの可能性がある場合は、ISO感度を高め、シャッタースピードを速く設定します。逆に被写体の動きが小さい場合は、カメラが自動的にISO感度を低め、シャッタースピードを遅く設定することでノイズを抑えます。

※3 手ブレ補正機能および、高感度によるブレ防止は、撮影条件によっては写真のブレを除けない場合があります。全ての環境下での効果を保証するものではありません。極端に遅いシャッタースピードでの撮影、手ブレを誘発する振動が特に大きい場合など、条件によっては写真の手ブレを除けない場合があります。

(6)握りやすいグリップとフロント・リアダイアルによる機動的な操作
本機は、ユーザーの手に自然となじむエルゴノミックグリップを採用し、ローアングルやハイアングル、さらには縦・横位置の撮影での片手撮りなど、ライブビューを用いた自由な撮影スタイルをサポートします。なお、多くの機能を簡単に使用できるよう、グリップ部前後にフロント・リアの二つのダイアルを備えています。これにより、撮影状況に応じたすばやい露出やシャッター速度、絞り設定を操作可能になりました。
また、二つのダイアルは入れ替え可能で、撮影者の撮影スタイルに合わせて設定可能です。

(7)その他

  • 「ライカ D レンズ」使用時EX光学ズーム搭載で1010万画素「Live MOS センサー」の使用領域を変えることにより、焦点距離を望遠側にシフトし、ズームの最大倍率をアップ
  • 構図決めが簡単にできるガイドライン位置設定可能
  • シャッタースピードBULB搭載(最大約8分)
  • TTL調光採用(対応外部フラッシュ DMW-FL500 / DMW-FL360)
  • ±1/3〜2EVステップで3枚の撮影が可能なオートブラケット撮影
  • SD/SDHCメモリーカード対応
  • RAW撮影対応
  • 自分の許容上限感度を予め設定できる感度上限設定機能
  • マグニファイヤーアイカップ(1.2×)同梱

7.「ライカ D レンズ」

ライカの名を冠したデジタル一眼専用「ライカ Dレンズ」は、ライカカメラ社と当社が両社の高い光学技術における協業のもとで新たに「Leica D Lens」の品質基準を設けて開発したデジタル専用レンズです。
「LEICA D VARIO - ELMAR 14-50mm / F3.8-F5.6 ASPH . / MEGA O.I.S.」は、フォーサーズマウント準拠で、ガラスモールド非球面レンズを2枚採用した11群15枚で構成し、35mmフィルム換算で広角28mmから中望遠100mmまでをカバーし、スナップ撮影から風景、ポートレート撮影まで幅広い用途に適しています。最短撮影距離はズーム全域で29cmで、ライブビューを通じたマクロ撮影などにも適した活用範囲の広いズームレンズです。レンズは、高い光学性能とボディとのベストマッチングにより、クリアで立体感のある描写力を実現しています。
また、レンズ本体には、4,000回/秒の高速処理出力が可能な光学式手ブレ補正ジャイロセンサーと専用のヴィーナスエンジンを搭載しており、マクロ撮影や室内撮影、夜景ポートレートなどブレやすいシーンでも手ブレを抑えた※4撮影が可能です。また、常時手ブレ補正機能を動作させてフレーミング時の手ブレも抑えるMODE1と、露光中のみ動作させることで、より高精度な手ブレ補正効果が得られるMODE2※5、流し撮りに対応し上下方向のブレのみを補正するMODE3※5を搭載し、使い方に応じてモードを選択できます。
なお、レンズマウント方式は、オープン規格であるフォーサーズシステム※6に準拠しています。フォーサーズシステムは、デジタルカメラの新しい標準規格として提唱された規格です。4/3型のイメージセンサーを使い、レンズマウントの標準化を行うことにより、異なるメーカーのボディやレンズを組み合わせて使用することが可能です。イメージサークルに比べ大口径で、光がイメージセンサーにまっすぐに当たるようにレンズ設計をすることができるなど、デジタル時代に最適なデジタル専用レンズを、35mmフルサイズ用レンズよりコンパクトなサイズで実現することが出来ます。

※4 手ブレ補正機能を使用しても、極端に遅いシャッタースピードでの撮影、手ぶれを誘発する振動が特に大きい場合など、条件によっては写真の手ブレを防げない場合があります。
※5 手ブレ補正のmode2、mode3は、「L1」、「L10」との組み合わせ時のみ設定できます。
※6 フォーサーズTMは商標です。

なお、本製品は松下ネットワークマーケティング(株)が運営するショッピングサイト「PanaSense パナセンス(http://www.sense.panasonic.co.jp/)で10台限定のモニター販売を2007年9月25日から10月15日まで行います。

【デジタルカメラ需要動向】

(当社予測)
年度 2005年度実績 2006年度実績 2007年度見込み
デジタルカメラ総需要 870万台 989万台 1100万台
一眼レフ総需要 55万台 80万台 100万台

【アクセサリーオプション品】

品名 品番 希望小売価格
(税込)
内容
本革バッグ DMW-BAL1 オープン価格 ストラップ付属
既発売
ショルダーストラップ DMW-SSTL1 オープン価格 既発売
バッテリーパック DMW-BLA13 オープン価格 7.2V 1320mAh
本体同時発売
シャッターリモコン DMW-RSL1 オープン価格 既発売
MCプロテクター DMW-LMCH67 オープン価格 本体同時発売
PLフィルター DMW-LPL67 オープン価格 本体同時発売
DCケーブル DMW-DCC1 オープン価格 本体同時発売
フラッシュライト DMW-FL500 オープン価格 既発売
フラッシュライト DMW-FL360 オープン価格 既発売

【仕様一覧】
DMC-L10K/L10(デジタルカメラレンズキット/ボディ)

【デジタルカメラ本体】
品番 DMC-L10K/L10
ボディ名称 L10
カラー -K:ブラック
カメラ有効画素数 1010万画素
レンズマウント フォーサーズマウント
撮像素子 4/3型 総画素数 1176万画素 Live MOS センサー
防塵対応 スーパーソニックウェーブフィルター(超音波防塵フィルター)
フォーカス AFS / AFC / MF
TTL位相差検出AF方式: 3点(自動、任意選択可能)
コントラスト検出AF方式: 顔認識 / マルチ/ 9点/ 3点 / 1点 / スポット
EX光学ズーム(EZ) 最大1.8x
(ライブビュー時のみ、最大記録画素数撮影時以外、倍率は記録画素数による)
デジタルズーム 2倍 / 4倍
(ライブビュー時のみ)
ISO感度 オート / i.ISO / 100 / 200 / 400 / 800 / 1600
P/A/S/Mモード時には最大ISO感度設定可能
i.ISO時には800までで自動設定
シャッタースピード 60〜1/4000, B(バルブ 最長約8分)
ホワイトバランス オート/ 晴天 / 曇り / 日陰 / 白熱灯 / フラッシュ / セットモード1,2
/色温度設定(2500K-10000Kの間で100K単位)
/ホワイトバランス微調整
露出 プログラムAE (P) / 絞り優先AE(A) / シャッター優先AE(S) / マニュアル露出(M)
プログラムシフト(Pモード時)
露出補正 1/3 EVステップ、-2〜+2EV
オートブラケット 1/3〜2EVステップ、3枚
測光方式 インテリジェント評価測光/中央重点測光/スポット測光
液晶モニター 2.5型 20.7万画素 低温ポリシリコンTFT液晶
視野率約100%
ファインダー 方式 視度調節付きペンタミラー使用アイレベル一眼方式
視野率/倍率 約95%/約0.92倍(-1m-1 50mm 無限遠)
アイポイント 約18mm(-1m-1時)
視度調整範囲 -3.0〜+1m-1(dpt)
フラッシュ 内蔵フラッシュ TTL調光内蔵フラッシュ GN 11 (ISO100,m)相当、ポップアップ方式
発光モード オート / 赤目軽減オート / 強制発光 / 赤目軽減強制発光
/ スローシンクロ / 赤目軽減スローシンクロ / 発光禁止
フラッシュ同調スピード 1/160 秒以下
調光補正 1/3EVステップ 最大±2EV
発光タイミング 先幕、後幕シンクロ(設定可能)
外部フラッシュ対応 ホットシュー、TTL調光対応
記録メディア SDHCメモリーカード / SDメモリーカード / マルチメディアカード
記録画素数(静止画) 4:3:3648×2736 / 2816×2112 / 2048×1536
3:2:3648×2432 / 2816×1880 / 2048×1360
16:9:3648×2056 / 2816×1584 / 1920×1080
画質モード ファイン / スタンダード / RAW / RAW+スタンダード / RAW+ファイン
(RAWはJPEGと同時記録可能)
画質調整 コントラスト / シャープネス/ 彩度 / ノイズリダクション
(各フィルムモードとセットで切替え)
フィルムモード カラー:スタンダード・ダイナミック・ネイチャー・スムーズ・バイブラント・ノスタルジック
白黒:スタンダード・ダイナミック・スムーズ
マイフィルム:MY FILM 1・MY FILM 2
連写 連続撮影速度 高速(H)3コマ/秒、低速(L)2コマ/秒
最大撮影コマ数 RAW:3枚 JPEGのみ:カードの空き容量に依存
画像
フォーマット
静止画 JPEG(DCF/Exif 2.21準拠)
その他機能 撮影モード時 リアルタイムヒストグラム表示、撮影ガイドライン表示、
ハイライト表示(レビュー時)
オートレビュー(レビュー1秒,2秒,3秒 / ズーム1秒,2秒,3秒)
縦位置検出機能(「LEICA D VARIO - ELMAR 14-50mm / F3.8-F5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」「LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」使用時のみ可能)
再生モード時 25/9画面再生、カレンダー再生、ズーム再生(最大16倍)
画像回転表示、スライドショー、再生画像ヒストグラム表示、お気に入り設定
撮影情報表示、DPOFプリント設定、プロテクト設定、リサイズ、
トリミング、アスペクト変換、
プリンター連携 PictBridge (プリントサイズ・レイアウト・日付印刷指定対応)
信号 デジタル USB 2.0 FULL SPEED (マスストレージ / PTP)
アナログビデオ NTSC/PAL コンポジット(メニュー切替え)
電源 リチウムイオンバッテリーパック(付属 7.2V、1320mAh)
バッテリーチャージャー / ACアダプター (付属、100〜240 V対応)
電池寿命(CIPA規格 約450枚
寸法(W x H x D) 134.5 x 95.5 x 77.5mm(突起部を除く)
重量 約480g(本体)、約973g(同梱レンズ、バッテリー、メモリーカード含む)
付属品 バッテリーチャージャー/ACアダプター、ACケーブル、バッテリーパック、ビデオケーブル、USB接続ケーブル、CD-ROM、ストラップ、アイピースキャップ、ボディキャップ、マグニファイヤーアイカップ、交換レンズ(L10Kのみ)、レンズフード(L10Kのみ)、レンズキャップ(L10Kのみ)、レンズリヤキャップ(L10Kのみ)、レンズ収納袋(L10Kのみ)
付属ソフト ドライバー(Windows 98用のみ) / Lumix SimpeViewer(Windows、日本語) / PHOTO fun STUDIO〜viewer〜(Windows、日本語)/ 市川ソフト SiLKYPIX DEVELOPER STUDIO / Adobe Reader(Windows/Mac・日本語)
【付属レンズ】(L10Kのみ)
レンズ名称 LEICA D VARIO ELMAR 14-50mm /F3.8-F5.6 ASPH./ MEGA O.I.S.
レンズ構成 11群15枚(非球面 2枚)
マウント フォーサーズ
O.I.S ○(ON、OFF可)
MODE1 / MODE2 / MODE3 切替えは「DMC-L1」「DMC-L10」本体で可能
他のボディではMODE1のみ
焦点距離 14mm〜50mm(35mmフィルムカメラ換算 28mm〜100mm)
絞り形式 7枚羽根 円形虹彩絞り
開放絞り F3.8(W端)〜F5.6(T端)
最小絞り F22
最短撮影距離 0.29m
フィルター径 67mm
寸法(最大径×全長) 74mm × 93mm
(先端よりバヨネット基準面まで)
重量 約434g
  • LEICA/ライカはライカマイクロシステムIR Gmbhの登録商標です。
  • ELMAR/エルマーはライカカメラ社の登録商標です。
  • LEICA D ELMAR レンズはライカカメラ社の品質基準に基づき、ライカカメラ社が認定した測定機器と品質保証システムによって生産されます。
  • Adobeは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • CIPA規格は、カメラ映像機器工業会(Camera&Imaging Products Association)が定める電池寿命測定方法についての統一規格です。
  • フォーサーズTMは商標です。

以上


RSS